« 映画『BIG RIVER』 | Main | 物は壊れる、人は死ぬ »

Tuesday, June 06, 2006

泣いた映画(as of Jun.2006)

【6月6日特記】 先日「泣いた映画」というタイトルの一文をHPのほうに再掲したのだが、その後少し増えて生涯で7本になった。

  1. 『ソルジャー・ブルー』(ラルフ・ネルソン監督、1970年)
  2. 『あゝ野麦峠』(山本薩夫監督、1979年)
  3. 『クール・ランニング』(ジョン・タートルトーブ監督、1993年)
  4. 『フォレスト・ガンプ 一期一会』(ロバート・ゼメキス監督、1994年)
  5. 『トニー滝谷』(市川準監督、2005年)
  6. 『タッチ』(犬童一心監督、2005年)
  7. 『嫌われ松子の一生』(中島哲也監督、2006年)

上記の年号は製作年/公開年ではなく僕の鑑賞年である。TVやDVDで観たものは含めていない(もっとも、TVやDVDで泣いたことはないが)。

また、ここで「泣いた」と言うのは「涙が溢れて頬を伝って流れた」という意味に定義している。目がウルウルしても、睫毛が多少湿っても、表面張力が破れて涙が零れなければ「泣いた映画」には含めていない。

こうやって並べてみて改めて気づくのは、80年代は1回も泣いていないということだ。我ながら強い青年期であったようだ。それでも人生トータルでは映画館で観た映画の1%以上で涙を流している。

HPのほうの記事にも書いたことだが、「泣いた映画=良い映画」ではない。世の中にはそういう基準で映画の出来を測っている人もいるが、僕の場合は全く当てはまらない。

他人が泣きそうもない映画や泣きそうもないシーンで泣きそうになったり泣いたりしたことも少なくない。

きっかけがあれば人は泣けるのである。

それは映画の中の1シーンかもしれない。たった一言の台詞かもしれない。あるいは終盤のストーリーの行方かもしれない。だが、それはあくまできっかけに過ぎない。本当に人を泣かせる要素は映画の中にだけあるのではなく、むしろ自分の中にある場合が多いのではないだろうか? 僕はそんな風に思う。

そして、その要素が自分の内部のものであればあるほど、泣くことによって自分が浄化されるような気がする。とても不思議だ。

世の中には、本であれ映画であれ、ともかく泣けるものばかりを好む人がいるが、僕には全く当てはまらない。

他人が泣くはずのない映画や泣くはずのないシーンで不意に流れ出した涙の温かさで僕は何かに気づくのである。その何かが何なのかは明確には言えないのだが、もしかしたらそれは他ならぬ「自分」に気づくということなのかもしれない。

|

« 映画『BIG RIVER』 | Main | 物は壊れる、人は死ぬ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 泣いた映画(as of Jun.2006):

» 映画・涙・文章について思ったこと [「朱雀門」という方法・第2章]
先日、yama_eighさん(trivialities & realities)の記事「泣いた映画(... [Read More]

Tracked on Saturday, June 17, 2006 01:57

« 映画『BIG RIVER』 | Main | 物は壊れる、人は死ぬ »