« 『ジェイン・オースティンの読書会』カレン・ジョイ・ファウラー(書評) | Main | システムの不備を運用で乗り切る »

Thursday, March 23, 2006

追悼:宮川泰さん(このタイトルは紋切り型だけど)

【3月23日特記】 一昨日、作曲家の宮川泰(みやがわひろし)氏が亡くなった。

僕にとっての宮川氏はザ・ピーナッツでもクレイジー・キャッツでも『宇宙戦艦ヤマト』でもなく、“コーセー化粧品歌謡ベストテン”だった。

FMラジオ番組のMCをしていた宮川氏は、その週のヒット曲を本当に分かりやすく解説してくれた。難しい音楽用語を振り回したりせず、かと言って単なる印象論には終わらず、「普通ならこの音を持ってくるところ、彼はこの音を持ってくるんですよ。いやあ、天才ですねえ」みたいな語り口で、僕らにポップスの奥義を教えてくれた。

彼が語った大江千里論(ったってほんのワン・フレーズだったけど)がいまだに僕の記憶に残っているくらいだ。作曲家だからこそ、そして“和製ポップス”の先駆者であったからこそ、あんなに説得力のある解説を聞かせられたのだ。

「ご冥福をお祈りする」みたいな常套句は書きたくない。ただ、僕は訃報に接して改めて彼に感謝するのみである。宮川氏のような存在こそが日本のポップスを育てて来たのである。

僕の一番の favorite song は沢田研二のソロ・デビュー曲『君をのせて』。ヒットしなかったけど、昭和歌謡史に残る名曲であると思う。

ありがとう、宮川さん。

|

« 『ジェイン・オースティンの読書会』カレン・ジョイ・ファウラー(書評) | Main | システムの不備を運用で乗り切る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/9231463

Listed below are links to weblogs that reference 追悼:宮川泰さん(このタイトルは紋切り型だけど):

« 『ジェイン・オースティンの読書会』カレン・ジョイ・ファウラー(書評) | Main | システムの不備を運用で乗り切る »