« 『マドンナ』奥田英朗(書評) | Main | 進化するスタイルシート »

Saturday, January 07, 2006

映画『Strange Circus』

【1月7日特記】 映画『Strange Circus 奇妙なサーカス』を観てきた。今年1本目の映画。

園子温──ずっと気になっていた監督だったが、今日初めて見てみて僕好みの人ではないということが判った。

意図的にエログロをやっている。僕はエロは平気だが、グロはちょっと・・・。

という訳で、この記事はそういう僕との相性を割り引いて読んでほしい。

で、本題に入る前に、何これ? 新宿で土曜日の12時の回だというのに客は9人しかいない! しかも客層が変! あまり映画館で会わない中年~初老の薄汚い男性が多い!

長い長いCM&予告が終わって映画が始まったら、制作会社はセディック&中映貿──ふ~ん(何が「ふ~ん」か解らんでしょうが・・・)。

父親に犯されている小6の少女。そのことを知った母親は逆に娘に対抗意識を燃やし、一方で夫とのさらに猟奇的で激しいセックスにのめりこみ、他方では娘に虐待の限りを尽くす。

その母親役が復帰した宮崎ますみである。そして、父親役が大口広司──この名前を見てピンと来た人は少ないと思うけど、僕は来たね──元テンプターズのドラマーですよ!

でだ、僕との相性の悪さは割り引くとしてもだ、なんかチープなんだよね、この映画。まるで大学の映研みたい。

なんでだ? やっぱり金か?
確かに莫大な制作費があればこんな嘘臭いセットは作らなかっただろう。もちろん監督が意図してそういうデザインにしていることも想像はつくのだが、それにしても一面血塗れの廊下の天井や壁は安物細工が貼ってあるのが丸判りだし、サーカスの背景は真っ暗で良かったのか?

カメラワークも非常に地味、と言うか凡庸──これも監督の意図によるものだとパンフ読んで分かったけど・・・。

演技が芝居がかりすぎ。これまた意図的なのだろうけれど、あまり芝居がかってくると客が遠のくんじゃないかなあ・・・。

で、台詞回しが決定的にまずい、と僕は感じた。その状況でその人物がその台詞を吐くのは不自然だろう!と思った箇所がいくつかあった。観客に説明するために台詞を言わせてはいけない。

HPのほうに書いたのだが、僕は「設定のリアリズム」と「進行のリアリズム」に分けて考えている。その「進行のリアリズム」を乱す台詞が多いのだ。

一方、設定はかなりよくできている。この二転三転する展開をよく考えたなあと感心した。終わり方も良かった。

これなら犯罪を絡ませてミステリ&サスペンスにしたほうが良かったのでは? もっともそうしないのがこの監督なんだろうね。

あるいはこれを映画ではなく芝居で見たらもっとしっくり来ただろう。芝居なら背景は観客の想像力に負うところが大きいから粗が隠せたはずだ。とても演劇的なカタルシスに富んだ作品だもの。

いずれにしても意図的にエロとグロを見せつけてくれるので、そういうの苦手な人は要注意。

時々、どちらが夢でどちらが現実なのか判らなくなるという設定が出てきたが、「なんだ、荘子の『胡蝶の夢』かよ」と少し違和感。でも、よく練ったストーリーではあった。

|

« 『マドンナ』奥田英朗(書評) | Main | 進化するスタイルシート »

Comments

こんにちは
興味深く読ませて頂きました。
確かに、わざとらしいと思われるセリフ・演技は多かったですね。私はそれもこの映画の持ち味かな、と思って見ていたのですが(江戸川乱歩的な胡散臭さが嫌いじゃないので)。リアリズムを追求されると違和感が残ってしまうでしょうね。
ご指摘のように、舞台で芝居として見たら面白いかも。

Posted by: 朱雀門 | Monday, January 09, 2006 18:42

> 朱雀門さん

コメントありがとうございます。ブログも興味深く拝見しました。

「ゴダールのトイレ」には笑いました。帰省したら1回行ってみなくては(笑)。

あと「以下のブログにTBさせていただきました」っていう書き方良いですね。今後真似させてもらおうっと。

Posted by: yama_eigh | Monday, January 09, 2006 22:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『Strange Circus』:

» [ 奇妙なサーカス ]園子温ワールド炸裂 [アロハ坊主の日がな一日]
[ 奇妙なサーカス ]@新宿トーアで鑑賞。 この劇場で観ると、なぜか女優の初脱ぎ作品に出会って しまう。前回は[ さよならみどりちゃん ]で星野真理 の初ヌードだった。そういや彼女はこの作品で第27回ナ ント三大陸映画祭で主演女優賞を受賞したのだった。ヌ ードだけじゃなくて、好きな人が振り向いてくれないけ ど尽くしちゃう微妙なオンナ心をこの作品で演じていた と思う。 今回の園子温監督の[ 奇妙なサーカス ]。この作品で 宮崎ますみが大胆ヌードを披露。彼女はこの作品撮影後、 ... [Read More]

Tracked on Sunday, January 08, 2006 12:43

» 奇妙なサーカス:これは高等なマジックの手法だ! [「朱雀門」という方法]
★監督:園子温(2005年 日本作品)京極弥生座(地階)にて鑑賞。近親セックスがテーマになっていてかなりエロい作品だとの前評判。エロが前評判になる映画というと、昨年観た松坂慶子主演の「桃色」を思い出してしまう。あれは駄作だった。エロに惑わされて見に....... [Read More]

Tracked on Monday, January 09, 2006 18:33

« 『マドンナ』奥田英朗(書評) | Main | 進化するスタイルシート »