« 『ノー・セカンド・チャンス』ハーラン・コーベン(書評) | Main | Xmas Tree »

Saturday, November 19, 2005

アーヴィング追記

【11月19日追記】昨日の記事で書き忘れたことがある。

ジョン・アーヴィングの『ガープの世界』を読んで一番驚いたのは、『ベンセンヘイパーの世界』である。

これは小説の中で主人公ガープが書いた処女小説で、それが大ヒットして彼は一躍人気作家になるのである。

で、その『ベンセンヘイパーの世界』の全文が『ガープの世界』の作中作として掲載されているのであるが、それが面白いのなんのって! 「確かにこれなら大ヒットして大作家の仲間入りするわなあ」と思わしめる小説なのである。

並の作家なら、怖くてそんな作中作書けないでしょ?

|

« 『ノー・セカンド・チャンス』ハーラン・コーベン(書評) | Main | Xmas Tree »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/7202971

Listed below are links to weblogs that reference アーヴィング追記:

« 『ノー・セカンド・チャンス』ハーラン・コーベン(書評) | Main | Xmas Tree »