« 『深呼吸の必要』 | Main | 舞台『ダブリンの鐘つきカビ人間』 »

Monday, November 07, 2005

イソジンの効用

【11月7日特記】 昨年重い風邪を引いて以来、帰宅したらイソジンでうがいをする習慣を身に付けた。

イソジンは明治製菓の薬品部門を代表する商品である。パッケージには正しいうがいの仕方がイラスト入りで説明してあるので、それに従うとよろしい。

うがいには「しないよりもしたほうがまし」程度の効果しかないという話をよく聞くが、僕にはなんかすごく効き目があるような気がする。あれ以降風邪らしい風邪をひいていないこともあるし・・・。

ところで、イソジンを愛用していて発見したことがある。

喉の奥のほうまで入念にうがいをした直後に煙草を吸うと、普通の煙草がメンソールになるのである。

それがどうしたと言われればそれまでのことだし、折角うがいしても煙草なんか吸ったら台無しだと責められたら返答に困るのであるが、ただ、発見したことは発表したかった。ごめん、それだけのことである。

|

« 『深呼吸の必要』 | Main | 舞台『ダブリンの鐘つきカビ人間』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イソジンの効用:

« 『深呼吸の必要』 | Main | 舞台『ダブリンの鐘つきカビ人間』 »