« 映画『乱歩地獄』 | Main | abusers? »

Sunday, November 27, 2005

an ambivalent scene

【11月27日特記】ところで昨日の映画『乱歩地獄』は大阪・梅田で見た。前の日が名古屋出張で、当日の朝、新幹線に飛び乗って新大阪駅から直行したのだった。

closedopen 写真はその映画館、テアトル梅田の入り口(B1)からホテル阪急インターナショナルを見上げた構図なのだが、僕はこの風景が大好きなのだ。

狭い敷地、目の前に煉瓦の壁がせせこましく迫る。そして、その背後には、抜けるような青空(でもないか?)に向かって遥かに聳え立つ摩天楼。この「閉鎖=開放的」とでも言うべきアンビヴァレントな感じがなんとも言えないんだなあ。

解ります?

|

« 映画『乱歩地獄』 | Main | abusers? »

Comments

おっ!わかります。

でも、そこで上をそのように見上げたことなかったなぁ~
今度見てみますね。

Posted by: YOU | Monday, November 28, 2005 at 10:50

> YOU

おっ、YOUちゃん久しぶり。

知ってる人がコメントつけてくれるの初めてです。なんか嬉しい(*^。^*)

見上げてみてね。

Posted by: yama_eigh | Monday, November 28, 2005 at 14:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/7346524

Listed below are links to weblogs that reference an ambivalent scene:

« 映画『乱歩地獄』 | Main | abusers? »