« 映画『チャーリーとチョコレート工場』 | Main | 右顧左眄 »

Sunday, September 11, 2005

自民党圧勝の意味

【9月11日更新】 総選挙は自民党が記録的な圧勝の勢いである。

郵政民営化に反対して自民党を追われた人たちの最大の失敗は、「流れを読めなかった」ということである。これは政治家として致命的な失敗である。しかも、新しいタイプの政治家に求められる資質ではなく、旧いタイプの政治家に最も重要とされた資質が欠如していたという非常に皮肉な結末である。

小泉純一郎は昔っから郵政民営化のことしか言っていなかった。彼がとことん本気でやることは火を見るよりも明らかであったではないか。小泉が総理に選ばれた瞬間から、自民党として郵政民営化は必至であったはずだ。それをあの人たちは「なんとかなる」と思い過ごしてきたのだ。

選挙に臨んで彼らは「小泉の手法が強引だ」とか「なんでもアリなのか」という批判を口にしたが、では、郵政民営化反対の議員たちが今までそんなにご清潔で高徳な政治手法を採って来たかと言うと必ずしもそうではない。彼らも今まで裏でかなり強引なことや姑息なこともやってきたはずだ。

最初はあくまで論理的に政策に問題があるような主張をしていたのに、突然「弱い者いじめだ」と情に訴えようったって、そう上手くは行くまい。

今回の選挙結果は日本一分かりやすい政治家・小泉純一郎と選挙史上最も分かりやすい選挙方法=小選挙区制の相乗効果である。

民主党にも実は郵政民営化賛成の議員もいたのである。ただ、郵政労組との関係で民主党は分かりやすい形を打ち出せなかった。

ともかく、手をつけようよ、郵政民営化から──これが今回の国民の声ではないだろうか?

|

« 映画『チャーリーとチョコレート工場』 | Main | 右顧左眄 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自民党圧勝の意味:

« 映画『チャーリーとチョコレート工場』 | Main | 右顧左眄 »