« ネット世界の変貌 | Main | 映画『さよならみどりちゃん』 »

Saturday, September 17, 2005

映画『SHINOBI 』

【9月17日特記】 映画『SHINOBI 』を観てきた。想像した通りの映画だった。

徳川家康の命を受けて、敵対する伊賀と甲賀の忍者同士が戦う話(選抜メンバー5人×5人、原作では10人ずつらしいが)。非常に単純な筋。

だからあとはアクションと VFX の出来がポイント。それ以外の余計なことを期待して観に行ってはいけない。

描かれる忍術は(山田風太郎の原作からしてそうらしいのだが)忍術っぽくなくて、そこがなかなか面白い。忍術と言うより妖術という感じ。と言うか、忍術っぽい使い手は早くにバタバタ死んで行って、妖術っぽい使い手が生き残って行く。

ところどころで次の台詞が完璧に読めてしまうのだが、まあこれは時代劇ならではと割り切って楽しむのが良いだろう。

追加の設定としては、伊賀と甲賀の頭領がそれぞれ仲間由紀恵とオダギリジョーなのだが、その2人が恋人同士であるということ。なんと古典的な悲恋のステレオタイプ!

──ここから「愛し合う運命 殺し合う宿命」というキャッチフレーズが生まれてくる訳だが、このキャッチの前半部分に期待してはいけない。恋愛物語はあくまでアクションにふりかけるスパイスなのだから・・・。

ワイヤーアクションもCGもとても巧妙で面白い映画である。エンタテインメントとしてはこれで充分である。

加えてこの映画には非常に美しい映像というオマケがある。

しかし、それにしても出てくるのは旧き良き大和の国の山紫水明・花鳥風月のオンパレード。──明け方の山際、満月、夕焼け、流れる雲、砂丘、紅葉、雪景色と、よくもまあこれだけステレオタイプを並べ立てたものだ。ここまで果敢にマンネリズムに自ら嵌り込んで行く勇気は、僕にはない。オー、エキゾチック・ジャパン!

おまけに「さあ、ここでカメラが人物の周りを回るぞ」と思ったら案の定その通りの映像を見せてくれる。

まあ、でも、アクションも VFX もよく出来てたし、実写の映像も綺麗だったし、ストーリーも最後はあんな壮絶なことになっちゃうとは予想できなかったし、ええんちゃうかな?

「愛」と「生」がテーマだと思って観に行った人は落胆するでしょう。これは活劇です。
僕は『RED SHADOW 赤影』や『陰陽師』を観に行った時と同じ期待感を持って劇場に足を運んだのだが、それで正解だったと思う。

ところで、ポスターやパンフに使われている写真が映画の映像の倍くらい美しい。これはスチール・カメラ担当の鈴木さゆりさんの手腕である。彼女の名前を憶えておいてほしい。

|

« ネット世界の変貌 | Main | 映画『さよならみどりちゃん』 »

Comments

初めまして。
SHINOBI好きの緋炎と申します。
TBさせて頂き、ありがとうございました!
SHINOBI、本当に綺麗ですよね^^
ラブストーリーとしては物足りないですが、アクションなど面白かったです。

Posted by: 緋炎 | Sunday, September 18, 2005 at 16:42

>緋炎さま。

ひえ~、筋金入りの SHINOBI ファンの方からTB&コメントが・・・。

どうも、失礼しました。

そーですか、舞台挨拶見ましたか。良かったっすね。ほんでハリウッドがリメイクですか。こりゃ大金が動くぞ。

Posted by: yama_eigh | Sunday, September 18, 2005 at 18:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/5989124

Listed below are links to weblogs that reference 映画『SHINOBI 』:

» 『SHINOBI』 初日舞台挨拶レポート!! [Antique]
本日、丸の内プラゼールにて行われた、SHINOBI初日舞台挨拶の12:00〜の回に行ってきました。 つたない文ですが、レポートいきますっ{/hikari_pink/} {/ichigo/}『SHINOBI』 初日舞台挨拶レポート{/ichigo/} プラゼールに着くと、エレベーターに乗るのに並んでいました{/namida/} 指定席だったのでゆっくり行ったのですが、舞台挨拶は準備のため少し遅れて始まりました。... [Read More]

Tracked on Sunday, September 18, 2005 at 16:43

« ネット世界の変貌 | Main | 映画『さよならみどりちゃん』 »