« 宮城で震度6弱に思う | Main | 地方の代表? »

Thursday, August 18, 2005

炎天下の散歩

【8月18日特記】 仕事で外出中に空き時間ができてしまって炎天下を散歩した。

車の多い通りから公園の森に入った。灰皿のあるベンチで煙草を吸っているじいさんがいた。こちらを見ようともしなかった。

公園を抜けてコンクリートの階段を上がった。樹木が途切れて再び太陽の熱に晒された。北風とお日様の腕比べの童話を思い出しながら背広を脱いだ。汗にぬれた腕がなかなか袖から抜けなかった。ちょっと頭がクラクラしてきた。

ふと気がつくと自分が結婚披露宴を開いたホテルの前にいた。ホテルに入って、旧館から新館へと続く渡り廊下を歩いた。ホテルの中はひんやりしていた。なのに汗が一気に吹き出してきた。すでに湿り気を帯びたハンカチでこめかみを拭いながら、僕は再び外に出た。

さっき通ってきた道に戻ったのだ。

車が走っている。
夏の厳しい陽射しが照りつけている。
肌が焼かれ、洋服に包まれれた身体が蒸されて行く。
太陽を感じ、肉体を感じる。

「暑さにやられたんじゃないの?」と言われるかもしれないけれど、僕は思う。
夏の散歩もいいもんだ、と。

|

« 宮城で震度6弱に思う | Main | 地方の代表? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 炎天下の散歩:

« 宮城で震度6弱に思う | Main | 地方の代表? »