« 光合堀菌 | Main | 『語源ブログ』湯元俊紀(書評) »

Sunday, July 24, 2005

映画『リンダ リンダ リンダ』

【7月24日特記】 映画『リンダ リンダ リンダ』を観てきた。そんなにすごくないけど却々悪くない。

冒頭など一部のシーンを除いてカメラがほとんど動かないんだよねー。カット、カットで繋いで行く。カメラを固定しての中くらいの長回しを多用──それがとても印象に残っている。

韓国からの留学生を演じたペ・ドゥナが良いねえ。ひとつひとつの表情がとても良い。体育館にひとりで忍び込むシーンなんて何でもないシーンなのに、ちょっとウルウルしてしまう。

出演者たちの”間”の取り方も良い。間の悪い関係、間の悪い言葉・・・。人間と人間の関係というものが見事に映し出されている。

女子高生がバンドを組んでブルーハーツを演るっていう、それだけの映画。その中にひとりだけ韓国人がいるというのが唯一のひねり。それ以外にはひねりなし。でも、結構悪くない。

しかしまた、なんでこんな地味な映画にこれだけ多くの客が入ってるのか、とてもびっくり。

|

« 光合堀菌 | Main | 『語源ブログ』湯元俊紀(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/5129687

Listed below are links to weblogs that reference 映画『リンダ リンダ リンダ』:

« 光合堀菌 | Main | 『語源ブログ』湯元俊紀(書評) »