« ストレス | Main | 『泣かない女はいない』長嶋有(書評) »

Tuesday, June 28, 2005

夏炉冬扇

【6月28日更新】アイロンをかけていると汗が吹き出すシーズンの到来だ。

1人暮らしで否応なく季節を感じさせられるのは夏のアイロンと冬の米研ぎ。

古い言葉に「夏炉冬扇」というのがあって、これは季節外れで役に立たないものの例え。
炉や扇なら使わなければそれで済むが、アイロンや米研ぎは汗が出ようが手が凍りつこうが、やらない訳には行かない。辛い。

季節の風物詩──そういう風に思うようにはしているのだが・・・。

|

« ストレス | Main | 『泣かない女はいない』長嶋有(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夏炉冬扇:

« ストレス | Main | 『泣かない女はいない』長嶋有(書評) »