« 裸のライオンキング | Main | 『古道具 中野商店』川上弘美(書評) »

Sunday, June 05, 2005

パッケージ・デザイン

【6月5日更新】  煙草のパッケージに印刷してある警告文がデカくなった。その結果、何が達成されたかといえば、パッケージのデザインが損なわれたというだけ。書いてある面積やフォントサイズが大きくなれば文章が及ぼす効果も大きくなると本気で信じているのだろうか?

煙草が有害であると言うのであれば、警告文を大きくするのではなく、煙草の発売と喫煙を禁止を目指すべきである。もちろん、政府の税収の問題があるからそれはできない。ならば、もう少し効果のある何か別のキャンペーンを考えるべきである。

僕が喫煙者だから言うわけではない。煙草会社に面積を譲らせて警告文を目立たせるという方策は単なる自己満足ではないか? 何よりもデザインの破壊が悲しい。

|

« 裸のライオンキング | Main | 『古道具 中野商店』川上弘美(書評) »

Comments

自己レスです。

今日煙草を買ったらあの無粋な巨大警告文が書かれていないではないか。今日買ったのはソフト・パッケージである。

これは、(1)ソフト・パッケージは出荷数が少ないので見逃されている、(2)ソフト・パッケージは在庫が残っていてまだ新しいバージョンが自販機に入っていない、のどちらだろうか?

多分後者でしょうね。

僕はソフト・パッケージ派である。少数派である。

「煙草が中でクシャクシャにならないから」という理由でハードを好む人が多いようだが、時々僕と同じソフト愛好家にも会う。

ある人は「ソフトのほうがカッコイイ」と言っていたが、僕はそういうイメージ論者ではなく機能重視である。

(1)ハードは箱の角がポケットの服地を痛める。
(2)それに対してソフトのほうは、本数が少なくなるとパッケージが潰れやすく、従って容積も減ってポケットを膨らませずに済む。
(3)ソフトのほうはフタを開ける必要がなく煙草を取り出しやすい(もちろん逆さにすると煙草が飛び出てしまうが…)。

さて、ではソフト・パッケージの封を切る時、どちら側を切るだろう?

僕は封緘に印刷してある銘柄名が上下正しく表示されている状態にして、封緘の右側の銀紙を切る。逆に、銘柄名を上下逆にして右側(銘柄名が上下正しい状態にして封緘の左側)を切る人もいる。

そういう人の1人が言うには「『人』を斬らずに『入』を斬る」。──銀紙の合わせ目が右側は「人」、左側が「入」に見えるからである。

彼に向かって僕は言った。

「たまには人を斬らなきゃならん時もあるよ」

Posted by: yama_eigh | Tuesday, June 14, 2005 at 21:02

たばこに関する警告表示等各国別比較
http://www.health-net.or.jp/tobacco/oversea/ov951000.html

外国のタバコパッケージ警告表示
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/ten250/biyou/eu.html

たばこ 変わる警告表示 写真や絵でわかりやすく
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/life/li391001.htm

禁煙教育用フォトアルバム
http://photos.yahoo.co.jp/phnetwork

食の安全とタバコ
http://www.pierre-matsuo.com/foundation.html

タバコの弊害と敵の正体
http://media.excite.co.jp/News/weekly/040113/topics_p03.html

Posted by: 参考資料 | Saturday, June 25, 2005 at 09:48

> 参考資料さん

ホントに参考資料さん、で良いのかな?

なんか一杯参考資料をくっつけて下さったんですが、コメントなんにも書いてくれませんでした。

内容からすると喫煙には反対のようです。下手に刺激してコメント消されるよりは何も書かずにリンクだけ張っておこうということなんですかね?
ま、こういうのも1つの活動なんでしょうね。

Posted by: yama_eigh | Saturday, June 25, 2005 at 19:50

私は参考資料の投稿を行った者です。
おっしゃる通り、もう一度書きにまいりました。
ただ、これはお詫びの書き込みです。
少なくとも私はいわゆる嫌煙ではありません。
話題の件につき検索をしておりましたところ、
自分自身が参考になった資料を、皆様にお知らせしたいという気持ちになりました。
近年ブログが増加したため検索すると多くのブログにヒットします。
個人が気軽に情報発信できるのは利点ですが、
残念ながらウラを取らずに感情だけで書かれたものも多く、
結果的にネット上には間違った情報も氾濫してます。
以前はニュース記事にリンクして書かれたものが多かったのですが、
今回の件で言えば[健康増進法による]といった、
間違った思い込みによる記事も散見されました。
(本当はWHO策定の条約に起因するもの)

Posted by: 申し訳ございませんでした。1/2 | Monday, July 04, 2005 at 20:49

世界禁煙デーのキャンペーンとかで期間限定のもの・
タバコ会社の自主規制か?・嫌煙団体の圧力か?・啓発の広告か?
といった感じの記事もありました。私のような者が言うのも何ですが、
ブログは公開日記のような面がありますから、
役所や企業のサイトのように情報発信者に
[情報の正確さ]を求める必要は無いものの、
ブログでも、信頼できる筋へのリンクがあったほうが有益かと。
コメント欄に意見ではなくリンクのデータのみを貼り付けることにより、
余計な先入観を排除して、純粋に共有データのような感覚で誰でも活用できるのではないかと。
でも使い方が誤っており深く反省いたしております。
この度の件心よりお詫び申し上げます。

Posted by: 申し訳ございませんでした。2/2 | Monday, July 04, 2005 at 20:49

1/2の投稿内容を間違えました。
訂正用のPSが入力できないのでどうにもなりませんが、
基本的に内容は合ってるので、このままにしておいて下さい。
賛成・反対といった先入観無しに見ていただきたかったとの思いが、
空回りして誠にお恥ずかしい限りです。

Posted by: 重ねてお詫び | Monday, July 04, 2005 at 20:56

> 重ねてお詫び?さん
(なんかテキトーに名前書いてほしかったなあ)

ま、なんであれ、コメント書いてくれてよかったです。

僕が書きたかったのは、警告メッセージがデザインを破壊しているということだけです。どんな「ウラ」があってこのようなメッセージ表記方法が採られるようになったのかについては別に考察していませんし、する気もありません。

ただ、こんな無粋な方法ではなく、他の方法で喫煙に反対すれば良いのに、ということだけです。

ま、なんであれ、思い直してコメント書いてくださってありがとう。

Posted by: yama_eigh | Monday, July 04, 2005 at 21:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/4426939

Listed below are links to weblogs that reference パッケージ・デザイン:

« 裸のライオンキング | Main | 『古道具 中野商店』川上弘美(書評) »