« 『半島を出よ』村上龍(書評) | Main | パッケージ・デザイン »

Thursday, June 02, 2005

裸のライオンキング

【6月2日更新】  昨夜の『トリビアの泉』で「劇団四季の“ライオンキング”では地方に合せて台詞を方言に変えている」というのがあって、東京・名古屋・大阪・福岡公演の模様を再現していた。勿論これは多くの人にとって「へぇ」である。

しかし、それは“ライオンキング”を観ていない人にとっては「へぇ」であっても、名古屋・大阪・福岡の公演を観た人は自ずと「なるほど、地方ごとに演出を変えるのか」と気づいたはずである。

気づかないのは東京の客だけ──そういう訳で東京人は、「東京が日本である」と勘違いしてしまうのである。

|

« 『半島を出よ』村上龍(書評) | Main | パッケージ・デザイン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/4383237

Listed below are links to weblogs that reference 裸のライオンキング:

« 『半島を出よ』村上龍(書評) | Main | パッケージ・デザイン »