« April 2005 | Main | June 2005 »

Monday, May 30, 2005

『半島を出よ』村上龍(書評)

【5月30日特記】 (上下巻通じての書評です)僕は常々村上龍は当たり外れの多い作家だと思っているが、この作品は当たりだ。なんと達者な小説家だろう。ドラッグ、暴力、音楽、セックス、スポーツ、経済、政治・・・。この作家の扱う題材には限界というものがない。

読者の興味を削がないために極力あらすじについては触れないが、要は北朝鮮のコマンドが福岡を占領する話である。現実離れしているようでもあり、明日にでも起こりそうな胸騒ぎのする話でもある。

最初に思ったのは、この小説はきっと、憲法第9条を破棄して日本の再軍備を進めようとしている人たちに利用されるだろうなということだ。

「ほら見ろ、今に日本はこんなことになるぞ」と彼らは言うだろう。それに対して「いや、この小説に書いてあるこの部分は事実とは異なる。この点は現実離れしている。だからこんなものは当てにできない」と論陣を張る人たちも出てくるだろう。しかし、これはあくまで小説なのである。

この作品が小説として素晴らしいのは、現実を見事にシミュレートしているからではなく、とりもなおさず小説としてよくできているからである。シミュレーションとしての出来不出来で評価されてしまうことを、僕は一番恐れる。

Continue reading "『半島を出よ』村上龍(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, May 29, 2005

中村さんはいずこ?

旧日本兵発見か、というニュースで、いつも引き合いに出されるのはなぜ横井さんと小野田さんばかりなのだろう?

とても不思議なのである。あの中村さんはどこへ行った?

僕の記憶では、小野田さんには(こんなことを書くと語弊があるが)「さすが帝国軍人の将校とはこんなに立派なものか」と感嘆させられたし、横井さんには「そこらへんにいそうなひょうきんなおっさんがこんな可哀想な目に遭って…」と同情させられた。そして、中村さんには悪いが、彼の記者会見場でのインタビューには正直言ってがっかりした。

話の内容にも話しっぷりにも品がなかったし、妻が再婚していたことに怒ったのも悪かった。兵隊の位としては中村さんが一番低かったわけで、僕は当時この差を位の差だと捉えていた。

そんなわけで中村さんは今に至っても引用されないのだろうか? 否、それは多分、中村さんが台湾の高砂族だからだ。

台湾人ということは日本の占領下にあったということだ。中村さんという苗字も日本式にあてがわれたものだ。そして兵役に駆り出されたのである。

その日本人の悪行に目を瞑りたいから、ニュースで中村さんのことに触れないのだろうか? 否、日本人ジャーナリストにはあまりそういうメンタリティはないはずだ。日本のジャーナリストがしばしば右方面から「亡国史観だ」と糾弾されるのはむしろ日本人の悪行を暴くことが多いからだ。

僕の想像ではこうだ。

「中村さん? あ、台湾人だし、過去の旧日本兵の例としては別に触れる必要ないんじゃない?」──それが今の日本のジャーナリストのメンタリティなのではないか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, May 25, 2005

桃太郎のお供

【5月25日更新】 桃太郎のお供はなぜ犬と猿と雉なのだろう?
犬は「往ぬ」に、猿は「去る」に、雉は「来じ」(動詞の未然形+打消し推量の助動詞「じ」だから本来は「こじ」なのだがそれを無理やり「きじ」と読んでみた)に繋がるので、行ってしまう奴と去ってゆく奴と来ないだろう奴がお供ではかなり心許なくないか?
そうか、それでキビダンゴで釣ったんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, May 24, 2005

で、ちゃんとした挨拶

「なんじゃ、このブログは?」とお思いの方もあるかもしれませんが、実はこのブログ、自分のHPの1コーナーをコピーしてるだけなんですね。

んで、HPのURLはこっちです。

「なんでまたそんな2度手間を?」と訝しがられるかもしれませんが、あっち(HP)のコーナーのほうは約2ヶ月で消去してるもんですから、永久保存の場を持っておこうかなっと。そういう口実で今はやりのブログなるものにも手を染めてみようかなっと…。

ま、永久保存ったって自己満足ですから、果たしてこのブログを読みに来られる方がどれくらいいらっしゃるかは疑問なんですけどね。

そういう訳で、時々はHPのほうには記載されない文章も載っけてみようかなと思ってます。

よろしく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, May 22, 2005

挨拶代わり/携帯音楽プレーヤー

ま、挨拶代わりに、開設前に書いた雑文をいくつか(HP上で公開したものですが)、これ以下に移設しておきます。

【5月22日更新】 携帯音楽プレーヤーに収めた曲の数が467に達した。

どんな好きなアルバムにも「この曲はちょっと」という作品が収められているものである。そういうものが全く含まれていない巨大なアルバムを作って古くは1960年代から新しくは今年まで、数々のヒット曲/幻の名曲をシャッフル・モードで聴いている。とても満足。

でも、これを丸ごと誰かに聴かせたら、きっとその人は「この曲はちょっと」と思うだろう。それが不思議でもあり面白くもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, May 12, 2005

ヤミ専従問題

【5月12日更新】 制度の不備を運用で乗り切るのが良きにつけ悪しきにつけ日本人の伝統ではないだろうか?

決めたルールに不都合が生じてもルールを改訂しようとはせずに「じゃあ、我々の間ではこういうことにしましょう」とやっちゃう。これが相乗効果を産むこともあるのだが、厚顔無恥な違反行為であることも確かだ。

大阪市職員のヤミ専従問題なんかその最たるものではないだろうか? あれは賃金闘争・待遇改善闘争の成れの果てではないのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, May 05, 2005

百均ショップ

【5月5日更新】  単身生活を始めてから久しぶりに煮物を作るようになった。

先日百均ショップで落し蓋を見つけた。落し蓋は持ってきてなかったので早速買って帰ったら、鍋と同じ直径だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »