« 『ためらいの倫理学』内田樹(書評) | Main | 『行儀よくしろ。』清水義範(書評) »

Thursday, March 11, 2004

『王国 その2 痛み、失われたものの影、そして魔法』よしもとばなな(書評)

【3月11日特記】 前作『アンドロメダ・ハイツ』を読んでしまったので、行きがかり上読まざるを得なかったのだが、結構しんどかった。

読み始めてすぐに思ったのは、「こういうコミュニケーション形態というのは非常に危ういな」ということだった。感覚的で、神秘主義で、詩のようでもあり、信仰にも似ている。頭で解るよりも肌で感じることのほうが大切だ、なんてまとめ方もできるかもしれないが、これでは「わからない人にはわからない」コミュニケーションなのである。

「伝わらない者には伝わらない」というのはある意味コミュニケーションの本質ではある。しかし、一方「伝わらない相手に対していかに伝えて行くか」というのがコミュニケーション本来の使命なのである。

そのラインを超えて行くためには、この表現ではいかにも心許ない気がした。感覚的で、神秘主義で、詩のようでもあり、信仰にも似ている。こういうの、「癒し」って言うんだろうか? しかし、僕は「癒し」っていうの、割と苦手としてるんですよね。

とはいえ、主人公がとてもひたむきに、かつ前向きに生きようとしている点は、僕のようなオジサンにも充分伝わってきた。それだけでもマシなのかな。

前作の書評にも書いたのだが、若い人は読みなさい。オジサンは、はて、どうするか。

|

« 『ためらいの倫理学』内田樹(書評) | Main | 『行儀よくしろ。』清水義範(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/56239256

Listed below are links to weblogs that reference 『王国 その2 痛み、失われたものの影、そして魔法』よしもとばなな(書評):

« 『ためらいの倫理学』内田樹(書評) | Main | 『行儀よくしろ。』清水義範(書評) »