« 『半落ち』横山秀夫(書評) | Main | "THE CATCHER IN THE RYE"J.D.SALINGER(書評) »

Monday, March 03, 2003

『阿修羅ガール』舞城王太郎(書評)

【3月3日特記】 んなもん感動するわきゃねーだろーがと思いながらとりあえず読み始めたらちゃんと感動した。驚異の冒険小説。

って、この bk1 の内容紹介もそうだけど、結構みんながこの文体を真似したくなる。おもしれーと思って真似してるかっつーと、プリティ・ファッキン・ファー・フロム・イット。ただ感染るんだよね、このリズム。読んでるとノッてくる。

ラップだね、これは。そう、ラップのリズム。

「ざけんじゃねーよ」みたいな言葉遣いするバカ女子高生が主人公だし、俺みてーな、普段からまともな小説とか読んでるまともな読書家なんかが、こんな浮ついた文章読んでも「うぜーっ」て思うだけじゃねーのって思ったけど、やべー、引き込まれるよ、これ、マジで。

軽そうに見えて超深いし、スジ凝ってるっぽいし、ちゃんと纏まってて、ちゃんとした力量のある作家のちゃんとしたメッセージのある、ちゃんとした、まいっか、なんかすげーっ! つーか、これ今年の直木賞でいーんじゃないの? 速攻買って読みなよ。

|

« 『半落ち』横山秀夫(書評) | Main | "THE CATCHER IN THE RYE"J.D.SALINGER(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/55199293

Listed below are links to weblogs that reference 『阿修羅ガール』舞城王太郎(書評):

« 『半落ち』横山秀夫(書評) | Main | "THE CATCHER IN THE RYE"J.D.SALINGER(書評) »