« January 2003 | Main | March 2003 »

Saturday, February 22, 2003

『ジャパニーズ・ベースボール』W・P・キンセラ(書評)

【2月22日特記】 W・P・キンセラと言えば判で押したように映画『フィールド・オブ・ドリームス』の原作となった『シューレス・ジョー』の作者という紹介文がついているが、そろそろそういう受けとめ方は卒業しても良いのではないか。彼は単なる一発屋ではなく、また決して寡作な作家でもない。

近作で言えば、愛情たっぷりにイチローを描いたスポーツ・ルポ「マイ・フィールド・オブ・ドリームス」があるし、野球を離れれば「ダンス・ミー・アウトサイド」を始めとするインディアンもの(ただし国はカナダ)のシリーズがある。そして、彼の本領発揮の分野である野球小説の最新短編集がこれである。

野球小説と言っても必ずしも野球のゲームを描いている訳ではなく、訳者あとがきにもあるように、「俳句の季語のように、何らかの形で野球に関わっていさえすれば必要条件がみたされる」「非常なヴァラエティに富んでいる」作品群である。

登場人物がプロ野球関係者であるというだけで、凡そ野球とは関係ない作品もある。ただ、全ての作品の背後に、野球に対する、野球というものの持つマジックに対する愛と畏敬の念が埋め込まれているのが解る。

現代の短編小説の中には、何がなんだか解らないまま、バサッと切られたみたいに終わっているものがある。今ひとつ釈然としないまま、「さあ、余韻を楽しめ」と言われているようで、読み終わって困惑してしまうことがある。

Continue reading "『ジャパニーズ・ベースボール』W・P・キンセラ(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, February 09, 2003

『二進法の犬』花村萬月(書評)

【2月9日特記】 花村萬月という人はセックスの描写にかけては追随を許さないすごさがある。この作家を最も際立たせるのはセックスの場面ではないだろうか?──そんなことを書くと、「花村萬月の実力を矮小化している」という批判を頂くのかもしれないが、いや、この際ほかの場面なんてどうでもよくなるくらいセックスがすごいのである。

女性の目から見れば「都合が良すぎる」という声も聞こえそうだが、もうめちゃくちゃに気持ち良さそうなセックスなのである。読んでいて劣情を催すこと間違いなしなのである。

Continue reading "『二進法の犬』花村萬月(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2003 | Main | March 2003 »