« November 2002 | Main | January 2003 »

Saturday, December 21, 2002

『木曜組曲』恩田陸 

【12月21日特記】 いやはやまったく、恩田さん、あなたは本当に頭の良い方だ。よくまあこんなもの書きますね。全ての謎が解き明かされて話が終わったかと思いきや、そこからボールはまだ3バウンドくらい跳ね続ける。

他の恩田作品の書評にも書いたけれど、ひとつ間違うと「私はこんなに頭が良いんだ」と言わんばかりの嫌味な作品になりかねないところを、いつも通りスマートに切り抜けている。それはひとえにこの人の人物構築力の豊かさによるもので、単なる推理ゲームに陥らずあくまで人間を描くという作業に集中できているからではないかと思う。

Continue reading "『木曜組曲』恩田陸 "

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, December 18, 2002

『ネットワークはなぜつながるのか』戸根勤(書評)

【12月18日特記】 日経BP社の「なぜ」シリーズもこんなに増えてくるとさすがに全部は読めない。前に読んだ『プログラムはなぜ動くのか』は非常に良かったが、だからと言ってこの本も良いとは限らない。なにせ著者は1冊ずつ全て異なるのだから…。

どれ、もう1冊だけ読んでおこうか、と取り寄せたのがこの本である。

で、結論から言うとこれまた大変解りやすい解説書だった。有り体に言うと、それはこの本が僕のレベルに合っていたということでしかないのかもしれないが…。

Continue reading "『ネットワークはなぜつながるのか』戸根勤(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, December 12, 2002

『だからアメリカは嫌われる』マーク・ハーツガード(書評)

【12月12日特記】 まず、読み始めてすぐに思ったのは邦題の不適切さである。

訳者があとがきで述べているように、9.11以降アメリカのマス・メディアは「なぜわれわれは嫌われるのか」という表現をたびたび使ってきた。訳者はこれを踏まえて邦題をつけたのだろう。しかし、原題は THE EAGLE'S SHADOW: Why America Fascinates and Infuriates the World である。メインタイトルの EAGLE はアメリカのことであるが、問題は副題のほうで、これは訳せば「なぜアメリカは世界を魅了し(同時に)世界を激怒させるのか」となる。

まさにこのタイトルの両面性こそがこの本のミソなのであって、決して著者はアメリカの醜い面だけを抉り出そうとしているのではない。彼本人がアメリカ人であり、アメリカを愛しアメリカを誇りに思っている姿がはっきりと見て取れる。彼自身が文中でも「誤解のないように」とそのことを明言している箇所がある。そして、そのことがあるからこそ、彼が指摘するアメリカの欠陥についての表現が生き生きとしてくるのである。

Continue reading "『だからアメリカは嫌われる』マーク・ハーツガード(書評)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2002 | Main | January 2003 »