« 『贋作「坊ちゃん」殺人事件』柳広司(書評) | Main | 『ジーンリッチの復讐』山川健一(書評) »

Saturday, April 27, 2002

『Y』佐藤正午(書評)

【4月27日特記】 『永遠の1/2』以来すっかり忘れていた作家だったが『ジャンプ』で再会し、その読後感が文庫になった『Y』にも手を伸ばさせた。

巧い作家である。筋運びが巧い。それは筋を転ばせてゆくための道具立てのよさでもある。一貫して「喪失感」がテーマであり、寂寞とした小説ではあるが、それを表現するためにミステリという手法を採っているところが、この作家の独自性であろう。

読んでいるととにかく面白くて、早く先が知りたくてどんどん読み進んでしまうタイプの小説である。

だからこの本を評する場合にあまりストーリーを語るのは適当ではない。あまり事前の情報なく読み始めてもどんどん引き込まれる小説だと思う。読んで損はない。

ちなみに裏表紙に「時間を超えた究極のラブ・ストーリー」とあるが、私はこのキャッチは適切ではないと思う。

|

« 『贋作「坊ちゃん」殺人事件』柳広司(書評) | Main | 『ジーンリッチの復讐』山川健一(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/54758571

Listed below are links to weblogs that reference 『Y』佐藤正午(書評):

« 『贋作「坊ちゃん」殺人事件』柳広司(書評) | Main | 『ジーンリッチの復讐』山川健一(書評) »