« 『ルート225』藤野千夜(書評) | Main | 『若者はなぜ「繋がり」たがるのか』武田徹(書評) »

Sunday, March 10, 2002

『25時』デイヴィッド・ベニオフ(書評)

【3月10日特記】 シブいのである。そしてカッコイイ。しかし、これは24時間後に刑務所に入る白人男性の物語なのである。普通は渋くも格好良くもあるはずがない。実は彼の心は絶望と栄光の記憶の間を行き来しているのである。

主人公モンティの揺れる胸のうちと、取り繕って微動だにせぬ外観、そして冬のニューヨークの風景。抑制の効いた文章によって、時間はきわめてゆっくりと流れて行く。

「こういうものが書ける作者は一体何者なのか?」と思って「訳者あとがき」を読むと、ナイトクラブの用心棒、教師、ラジオ局のDJ、雑誌記者など、若くして職を転々としていたことが判る。こういう経歴がなければ、きっとこういう小説は書けないのだろう。

古い価値観なのかもしれないが、男性的な魅力にあふれる長編小説である。

|

« 『ルート225』藤野千夜(書評) | Main | 『若者はなぜ「繋がり」たがるのか』武田徹(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/54755223

Listed below are links to weblogs that reference 『25時』デイヴィッド・ベニオフ(書評):

« 『ルート225』藤野千夜(書評) | Main | 『若者はなぜ「繋がり」たがるのか』武田徹(書評) »