« 『イチローUSA語録』デイヴィッド・シールズ編(書評) | Main | 『学問のすヽめ』福沢諭吉(書評) »

Saturday, February 16, 2002

『ミスター・ヴァーティゴ』ポール・オースター(書評)

【2月16日特記】 確かにいつもの柴田元幸の翻訳によるいつものポール・オースターではある。しかし、オースターがこれほどメルヘンであったことがあるだろうか?

オースターにはデビュー以来一貫しておとぎ話的なところはある。しかし、決してメルヘン的ではなかった。たとえオースター・ファンであっても、「メルヘンはちょっと、敵わないな」という人はお読みにならないほうが良いかもしれない。

もちろん「メルヘン的」とは言っても、白馬に乗った王子様が眠れる森の美女を救うような話ではない。いつものオースターらしく、一人の男をめぐる有為転変の物語である。ただし、彼の作品独特の「辛さ」が、今回は「純真」に置き換えられているような気がする。そのあたりをどう評価するか?

|

« 『イチローUSA語録』デイヴィッド・シールズ編(書評) | Main | 『学問のすヽめ』福沢諭吉(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/54742789

Listed below are links to weblogs that reference 『ミスター・ヴァーティゴ』ポール・オースター(書評):

« 『イチローUSA語録』デイヴィッド・シールズ編(書評) | Main | 『学問のすヽめ』福沢諭吉(書評) »