Monday, October 14, 2019

映画『惡の華』

【10月14日 記】 映画『惡の華』を観てきた。井口昇監督。そして、脚本が岡田麿里という、ちょっと考えられなかった組合せだ。ほんとは公開日に観たかったのだが、旅行中だったので果たせず今日になった。

唸るような出来だった。井口昇の映画世界がここに至って完成した気がする。今まで撮ってきた特撮ヒーロー物、エログロ、青春恋愛ドマラのどれもこれもが今ここに向かって収束した気がする。もう次の作品は撮れないのではないかと心配になるほどである。

この映画には連載開始直後から大評判になった原作漫画がある。

井口は押見修造による同名の漫画を読んで、これほど「酸素のように体に染み渡って理解できて感動した作品は初めて」と言い、いつか映画化したいと企画書を書き、8年の時を経てようやく映画化にこぎつけた。

一方、押見は19歳のときに井口監督の『クルシメさん』を観て、抜け出せなかった閉塞感を吹っ切れた感じがしたらしい。「漫画家になれたのは井口監督のおかげ」とまで言っており、井口監督による映画化を切望していた。

そんな具合だから、これは井口昇の、井口昇による、井口昇のための映画であると言って良いだろう。

Continue reading "映画『惡の華』"

| | Comments (0)

Thursday, October 10, 2019

映画『左様なら』

【10月10日 記】 映画『左様なら』を観てきた。

ああ、青春って、ほんとにめんどくさーい!って叫びたくなるような映画。でも、確かにあんなこと、こんなことあった。

由紀(芋生遥)は綾(祷キララ)と仲が良い。でも、その綾が突然死んでしまう。クラスの中ではちょっと孤高の存在っぽくて、とっつきの悪かった綾に、いろんな噂が立つ。

そして、死んでしまった綾を露骨にこき下ろしていたクラスのボスっぽい女子・結花(日高七海)に腹を立てた由紀は、彼女に頭から花瓶の水を浴びせてしまう。それで、その日から由紀はみんなにハブられ始める。

──って、あらすじを書いても仕方がない。この映画はそこじゃないんだ。そんなストーリーを追っても仕方がない。

大勢の男女高校生が登場するのだけれど、役の軽重はあっても、一人ひとりがほんとうにくっきりと描かれている。

ああ、青春ってめんどくさい。傷ついて、傷つけて、その傷つき方、傷つけ方が一人ひとり違う。あんな奴もいた、こんな奴もいた。それは自然なことなんだが、それがとてもめんどくさい。

Continue reading "映画『左様なら』"

| | Comments (0)

Tuesday, October 08, 2019

映画『蜜蜂と遠雷』

【10月8日 記】 映画『蜜蜂と遠雷』を観てきた。監督は『愚行録』の石川慶である。脚本と編集も手掛けている。

冒頭、7年ぶりに舞台に立った往年の天才少女ピアニスト・栄伝亜夜が、控室の鏡の前で、練習するように微笑む。一度、そしてもう一度。この笑顔がとても良い。単純に明るい笑顔なのではなく、複雑ないろんなものを飲み込んだ笑顔なのである。

幕が開きピアノの前まで歩いてきて座るシーン。見るとカメラが微妙に揺れているのである。これも亜夜の心の動きを写している。こういうところから期待感を持たせてくれる。そして、指が鍵盤に触れる直前で入ってくるのはピアノの音ではなくベースの音──そこでタイトル。こういう外し方も僕は好きだ。

音楽を扱った小説の映画化というのは難しい。『羊と鋼の森』もそうなのだが、文章で書いてあるからこそ読者の頭の中で音が響き渡るのである。それが、映画にしてしまうと、実際に耳から音が飛び込んできてしまうのだ。

この映画は、そこのところを逃げずに、ちゃんと音で勝負してきた感があって嬉しいくらいだ。音の途中から台詞をかぶせたりしてうまく逃げたところもあるにはあるのだけれど、それは飽きさせないためでもある。コンパクトにまとまって、話もすっと入ってくる。

恩田陸の作品はかなり読んでいるほうだと思うのだが、僕は『蜜蜂と遠雷』は彼女の最高傑作の部類だと思う。原作と同じく、ここではコンクールに出場する4人のピアニストを中心にストーリーが展開する。

ただ、2時間の映画にするためにどこかを削ったり省いたりするのは仕方のないことで、ここでは風間塵の描き方が一番浅い。その分、蜜蜂への触れ方が薄い、と言うか、ほとんどない。でも、そんな中で、この物語において彼が果たす不思議な触媒の働きはくっきりと描いている。

4人のうち高島明石が僕のイメージと一番遠かった。僕はもっと長身の、どちらかと言うとヌボーっとした人物を思い描いていた。ところが、彼を演じた松坂桃李が思いの外良かった。長い独白にメリハリをつけて、非常に巧い台詞回しだった。

他の男性ピアニスト2人を演じた俳優は僕にとっては知らない人だったが、新人の鈴鹿央士はもう風間塵そのもので、よくこんな人を見つけてきたと思う。

マサルを演じた森崎ウィンも原作通り爽やかな感じが良く出ていた。ジュリアード音楽院の在校生だけに、ちゃんと英語を喋れる人を起用したのも良かった。

そして、栄伝亜夜を演じた松岡茉優である。僕はこの人は 20代の女優としては飛び抜けた存在だと思っている。演技に幅があるし、いろんなインタビューを読んでも、いかに彼女が勉強を怠らないしっかりした存在であるかが伝わってくる。

この映画でも、自分が主人公だと聞いて、他の3人のピアニストもしっかり描いてほしいとリクエストしたと言う。大したものである。割合カメラを据えて長い台詞のやり取りをするシーンが多いのだが、それに見事に耐え、ちょっとした感情の動きの変化をとても上手に表していたと思う。

そして、ピアノを弾く姿のなんと凛々しいこと!

Continue reading "映画『蜜蜂と遠雷』"

| | Comments (0)

Monday, September 23, 2019

映画『HELLO WORLD』のラストシーンについて

【9月23日 記】 試写会で先に観た映画『HELLO WORLD』が公開されたので、少し書いてみる。ネタバレは書かないつもりなので、これからご覧になる方が先にお読みになるのも良いし、見終わってからお読みいただくのでも良いと思う。

あの映画のキャッチフレーズは“この物語(セカイ)は、ラスト1秒でひっくり返る”である。

確かにあのラストシーンの最後のカットで「えっ?」となることは間違いない。「えっ?」で済んだら良いのだが、ま、中には「えっ、えっ、えー???」という人もいるだろう。

いろんな解釈が出てくる。そして、観た者が集まって話をしていると、「あ、なるほど、そういうことか」という線に大体落ち着いてくる(それが何か、まではここでは書かないけど)。

で、みんなで話していて驚くのは、「あのラストシーンはないほうが良かった」と言う人が少なからずいることである(僕の周りではそういう人たちのほうが多数派かもしれない)。彼らは言う。「あれで訳が分からなくなる。あれがなくても話は完結している」と。

Continue reading "映画『HELLO WORLD』のラストシーンについて"

| | Comments (0)

Sunday, September 22, 2019

映画『葬式の達人』

【9月22日 記】 映画『葬式の達人』を観てきた。

僕は大阪人ではあるが、大阪府立茨木高校の卒業生ではない。そして、「イバ高」卒の文豪・川端康成の愛読者でもない(多分、1作か2作しか読んでいない)。目当てはひたすら前田敦子である。でも、一方で、大阪人として仄かな親近感を覚えたのも確かである。

監督は樋口尚文。僕はあまり知らなかったのだが、映画評論家としては夙に有名で、長編映画の監督もこれが2作目、そもそもは電通のクリエイティブ・ディレクターとしてたくさん CM を作ってきた人だそうだ。

舞台は茨木高校。卒業生で、今は母校の野球部の監督をしている豊川(高良健吾)の前に、かつてバッテリーを組んでいた吉田(白洲迅)が現れる。

吉田は当時のエースで、高校野球の予選大会では決勝まで進んだが、試合中に怪我をして退場。そのまま腕が動かなくなり、野球をやめ、どこかに行ってしまった。海外に行ったという噂だが、もう何年も消息がなかった。

その彼が現れたと思ったら、突然交通事故で死んでしまう。その知らせを聞いてかつての同級生が集まってくる。

進学校ということもあって、今ではみんなエリート・サラリーマンだったり、弁護士だったり、府会議員だったり。そんな中で雪子(前田敦子)は木造アパートで息子と暮らす、工場務めのシングルマザーである。

多分ここまでは書いて良いと思うのだが(ネタバレ絶対御免と言う人はこの先は読まないで)、実は雪子の子供の父親は吉田である。

葬儀場が混んでいて却々手配がつかない中、吉田の最大の理解者だと自負する、大変おせっかいな豊川の提案で、吉田の遺体をみんなで母校に運んだり、そこに坊主を呼んだり、その後葬儀屋と喧嘩して追い返してしまったり、ハチャメチャになってくるのだが、みんな結構当時の思い出に浸って楽しんでいる。

Continue reading "映画『葬式の達人』"

| | Comments (0)

Friday, September 20, 2019

HTB『チャンネルはそのまま!』

【9月19日 記】 『全裸監督』の記事を書いて思い出した。『チャンネルはそのまま!』の記事を書くのを忘れていた。

北海道テレビ(HTB)が開局50周年を記念して作ったドラマである。1Hもの×5話。北海道ローカルでは深夜枠で5夜連続で放送したが、全国ネットではたとえ深夜といえどもそんな枠は取れるはずもない。それで HTB は Netflix と組んだ。そのことによって恐らく少なからぬ額の制作費が調達できたはずだ。

いざ放送してみると非常に評判が良くて、所謂「番販」(番組販売)の形で各独立局やローカル局に広がり、僕は tvk が我が家では映らないので Tokyo MX での放送開始を待って漸く観た。

いやあ、面白かった、と思っていたら、今日民間放送連盟賞の最優秀賞を獲ったとのニュース。むべなるかな。

そもそもは佐々木倫子による漫画である。で、舞台となっている北海道☆テレビ(ほっかいどうほしてれび、HHTV)は HTB をモデルにしている。佐々木倫子は札幌在住で、何度も取材のために HTB を訪れたらしい。

地方局はあまりドラマというものを作りなれていないが、北海道局ぐらいになると、一般的に言って「ドラマを作ったことがない」ということはない。で、HTB には有名な藤村忠寿という人がいる。大ヒット番組『水曜どうでしょう』のプロデューサーであるのみならず、自ら舞台に立って演劇をする人で、映画にも出ている。

今回は5話のうち何話かを監督しているだけではなく、小倉部長の役で全話出ずっぱりである。公には語られていないが、どうやらこの小倉部長はそもそも藤村忠寿をモデルに作られた人物らしく、言ってみれば自分で自分を演じたわけである。

そして、総監督はこの番組のプロデューサーと親交のあった本広克行が務めている。「制作 Production I.G」というクレジットが出る。「なんでアニメ制作会社が?」と思う人もいるかもしれないが、本広は現在そこの所属なのである。ちなみに脚本は森ハヤシである。

Continue reading "HTB『チャンネルはそのまま!』"

| | Comments (0)

Thursday, September 19, 2019

Netflix 『全裸監督』

【9月19日 記】 『全裸監督』全8話を見終わった。これを見るために一旦は退会した Netflix に再入会した。

面白かった。よくできていた。ただ、周りのみんながあまりに「すごい、すごい」と騒ぐのでどんなにすごいのかと思ったが、別に度肝を抜かれるようなものではなかった。

日本人をモデルにして、日本を舞台に、日本の脚本家が脚本を書き、日本の俳優が出演し、それを日本の監督が演出したわけだから、基本的には他の日本のドラマと根本的に違うというようなものにはならない。

総監督や監督はそれなりに実績のある、名の通った人たちだが、名前を聞いてびっくりするような人ではない。

例えばもしもこれを是枝裕和が監督したと言うのであれば、それを聞いただけでびっくりするし、多分もっとびっくりするものができたと思う。ま、是枝監督は撮らないだろうから、例えば廣木隆一とか園子温とか冨永昌敬とかが撮ったらもっともっと面白かったかな、とは思う。

いや、だからといって、この作品を貶す気は全くない。最初に書いたように、面白かったし、よくできていた。お金がかかっているのも判った。こと性行為に関しては地上波テレビではできない表現をしていたのも確かだ。そして、全てを性産業の立場に立って、性産業の側から描いているのが小気味よかったし心地よかった。

新宿歌舞伎町の入り口で、当時全盛を極めたテレクラの勧誘音声「入会金無料!1時間はっぴゃくえん!」というのが聞こえてきて、おお、そうだったとめちゃくちゃ懐かしくなった。時代考証やセットの作りなどで、そういう細かな気配りが随所に見えた(おかしい点もないではなかったが)。

Continue reading "Netflix 『全裸監督』"

| | Comments (0)

Monday, September 16, 2019

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』

【9月16日 記】 映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』を観てきた。

僕にとって蜷川実花は鮮やかな色彩の、とにかく綺麗な画を撮る人、である。『ヘルタースケルター』みたいな秀作もあるが、どっちかと言うと綺麗な画を撮ることに寄りすぎた監督だと思っている。だから、今年の作品で言えば『Diner ダイナー』はパスした。

その一方でこの映画を観たのは、何と言ってもキャスティングに惹かれたからだ。

この映画は太宰治そのものを描くと言うよりも、副題にあるように、彼の正妻を含む3人の女たちを描いた映画だと言える。

妻の美知子に宮沢りえ、自らも文章を物し『斜陽』にヒントを与えた静子に沢尻エリカ、太宰と心中を果たした最後の女にして職業婦人の富栄に二階堂ふみ。こんな飛びっきりいい女を3人も揃えられては観ないわけには行かない。

それぞれが嵌り役で、とても魅力的な女性として描かれている。他にもちょい役で壇蜜が出ていたりして、いい女には事欠かない。

一方、それを取り巻く男優陣はと言えば、太宰担当の編集者・佐倉に成田凌、太宰とともに無頼派と呼ばれた坂口安吾に藤原竜也、若き三島由紀夫に高良健吾、太宰の親友の脚本家・伊馬に瀬戸康史、静子の弟に千葉雄大、と、こちらもイケメン大集合である。

つまり、この映画には美男美女しか出てこないのである。演じるとしたらどうしても脂ぎっていたり、あるいは逆に貧相だったりする中年をキャストするしかない志賀直哉や川端康成は、話には出ても画面には登場しないのである。

これはそういう映画である。カッコいい男と綺麗な女のグラビア写真を繋いで動かしたような綺麗な映画。僕は別にそれがいけないとか嫌だとか言う気はないが、もしそういうのに抵抗感があるなら観ないほうが良いかもしれない。

Continue reading "映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』"

| | Comments (0)

Sunday, September 15, 2019

映画『ある船頭の話』

【9月15日 記】 映画『ある船頭の話』を観てきた。オダギリジョーにとっては長編としては初めての監督/脚本作品ということになるが、撮影監督は『恋する惑星』『天使の涙』『ブエノスアイレス』『花様年華』などの監督として知られるクリストファー・ドイルである。

テレビも含めて僕が見たドイル作品は上記のうち『ブエノスアイレス』を除く3本と、撮影監督を務めた『ラビット・ホラー3D』と『UNDERWATER LOVE-おんなの河童-』。こうやって並べると、とても不思議な人だ。

最初のシーンは川岸に立つ船頭・トイチ(柄本明)のクロースアップだが、これはカメラが柄本に寄ったのではなく、明らかに対岸から望遠で捉えた映像である。

そう、この映画には遠景が多い。もちろん全部が遠景のわけはないが、とても美しい遠景や、力強い遠景、淋しい遠景など、遠景が多くを物語っている。それは自然の大きさを示すのか、人間の小ささを思い知らせるのか、それとも孤独を表しているのか、それは映画を観た人それぞれだろう。

舞台となっているのは、どこだか分からない川。時代も、現代ではないと思われるが、明治なのか大正なのか、詳しいところは分からない。田舎、と言うより、むしろ深山幽谷である。

そこに水墨画のような山々や木々、そして雲や霧、岩だらけの川岸とトイチが住むボロボロの黒い掘っ立て小屋──そんなものが層をなして浮かび上がる。場面によってはその中にほんとうに小さく人間がポツンといる。

Continue reading "映画『ある船頭の話』"

| | Comments (0)

Sunday, September 01, 2019

瀧内公美

【9月1日 記】 昨日見た映画『火口のふたり』の主演女優、瀧内公美──どこかで見たような顔なのだが名前については全く記憶がない。でも、調べてみると何本か観ている。

しかし、『さよなら渓谷』(2013年、大森立嗣監督)は本当の端役だから憶えていなくても仕方がないが、『ブルーハーツが聴こえる』(2017年、4人の監督によるオムニバス)も『ここは退屈迎えに来て』(2018年、廣木隆一監督)も全く印象に残っていない。

『彼女の人生は間違いじゃない』(2017年、廣木隆一監督)はさすがに主演だから憶えていても不思議はないのだが残念ながら記憶にない。自分の書いた映画評を読むと、映画自体は褒めているが瀧内公美については(一応名前は挙げているが)演技には一言も触れていない。

でも、昨日の『火口のふたり』で漸く憶えた。多分演技的にもかなり巧くなったのではないかと思うのだが、廣木隆一監督に2度にわたって使われているということは、廣木監督は早くから彼女の魅力を見抜いていたのかもしれない。

そして、この映画の主演ということは廣木監督以外にも(それが荒井晴彦監督なのかプロデューサーなのか知らないが)慧眼の持ち主がいたということなのだろう。

それが花開いた。『火口のふたり』の瀧内公美は相当に良かった。脱いだとか脱がないとか、そんなことと全く関係なく。すごく良かった。さすがに僕も名前をしっかり記憶した。

Continue reading "瀧内公美"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧