Tuesday, April 09, 2019

映画『岬の兄妹』

【4月9日 記】 映画『岬の兄妹』を観てきた。多くの著名人が激賞している。東京でさえ3館のみ、しかも、1日1回か2回の上映である。一応全国上映とはいえ、こういう映画は東京にいないと観る機会を逸してしまうことが多いだろう。

絶望的にひどい話である。岬の狭苦しい家に兄と妹が住んでいる。トタンと木のボロボロの家だが、中も散らかり放題。外からの光を遮断するためか、中の光を漏らさないためか、窓ガラスには全面ダンボールが貼ってある。

兄は足に障碍があって、引きずって歩く。妹は知的障碍者である(パンフレットには「自閉症」とあるが…)。妹は兄の留守にしょっちゅういなくなる。兄は毎回必死になって探す。いなくならないようにドアに南京錠を掛けたり足を鎖で繋いだりさえする。

兄は勤め先の造船所をクビになって、ポケット・ティッシュにチラシを入れる内職をしているが、1個作って1円では兄妹2人が食べて行けるわけがない。家賃も電気代も払えず、友だちから思ったほどのお金も借りられず、やがて電気も止められて、あまりのひもじさに妹はティッシュを食べる始末。

ついに兄は妹に売春させることを思いつく。いや、映画の冒頭で描かれていたように、妹は知らない男に体を自由にさせて、1万円をもらったことがある。兄はそのことを思い出して、妹を連れて夜の街に出る。妹は元々気持ち良くなることは好きで、抵抗感はない。

だが、そんなに簡単に客は捕まらない。気のありそうな男に必死でしがみつき、やけっぱちのディスカウントをする。ヤクザに捕まって殴られる。親友の警察官にもバレてしまう。しかし、次第に客はつくようになる。そのうちのひとりもまた身体障碍者である。

このどうしようもなく胸塞ぐ設定というかテーマに愕然として物も言えずに見入ってしまうわけだが、それは何よりも映画の完成度が圧倒的に高いからである。この完成度の高さには本当にびっくりしてしまった。

Continue reading "映画『岬の兄妹』"

| | Comments (0)

Sunday, April 07, 2019

映画『麻雀放浪記2020』

【4月7日 記】 映画『麻雀放浪記2020』を観てきた。コカイン使用で逮捕されたピエール瀧が出演していながら東映が公開を決めたことで有名になってしまった。

パンフレットは売り切れだった。まだ上映3日目だし、客の入りもそれほどでもないことを考えると、普段買わない人が買っただけとは思えない。映画を観ることなく転売目当てに買い占めた奴がいるんだろう。常にパンフレットを買う身からしたら甚だ迷惑な事態である。

しかし、これ、ピエール瀧騒動に関係なく、往年の阿佐田哲也の小説や1984年の和田誠監督・真田広之主演の映画のファンが見たら怒る人が出てくると思う。これ、阿佐田哲也に対する冒涜だと言われたら、却々反論できまい(笑)

僕もてっきり 1984年版のリメイクだと思って観に行った。いや、確かに坊や哲(斎藤工)もドサ健(的場浩司)も女衒の達(堀内正美)も出目徳(小松政夫)も出てくる。84年版ではそれぞれ真田広之、鹿賀丈史、加藤健一、高品格が演じた雀士だ。

だが、なんと、これがタイムスリップもので、坊や哲が九蓮宝燈を和がった瞬間に落雷に遭って2020年の浅草に飛ばされるという話。それだけではなくて、日本は東京オリンピックを直前に控えて戦争に突入しあっさり敗戦してオリンピックも中止が決まった直後という想定である。

それにしても、この時代には国民全員の額にマイナンバーのチップが埋め込まれているとか、みんながグーグル・グラスみたいなものを掛けていたり、セグウェイみたいなものに乗っていたりと、いくらなんでも飛びすぎの設定である。だって、来年でしょ?

Continue reading "映画『麻雀放浪記2020』"

| | Comments (0)

Saturday, March 30, 2019

映画『美人が婚活してみたら』

【3月30日 記】 映画『美人が婚活してみたら』を観てきた。贔屓にしている大九明子監督。そもそもは『恋するマドリ』(2007年)という素敵な映画を見つけてそれ以来応援しているのだが、一昨年の『勝手にふるえてろ』でブレイクした感がある。

ここのところはずっと女性目線で物語を作ってきた人だと思うのだが、この映画もそうだ。

小さい劇場だが1席も余らず満席の7~8割が女性客だ。田中圭と中村倫也という、このところ人気沸騰中の 30代イケメン俳優が出ており、その2人目当ての客が多いのだろうと思うが、僕は黒川芽以と臼田あさ美狙いである。

僕が“平成3大切ない男子青春映画”だと思っている『グミ・チョコレート・パイン』(2008年)、『ボーイズ オン・ザ・ラン』(2010年)、『色即ぜねれいしょん』(2009年)において、迷える男子の妄想をこっぴどく叩き壊して奈落の底に突き落とすマドンナを演じたのが、前2者では黒川芽以であり、後者では臼田あさ美だったのだ。

この2人が婚活を巡るドラマの主演と共演というのは、めちゃくちゃ趣向に富んだ組合せではないか。

Continue reading "映画『美人が婚活してみたら』"

| | Comments (0)

Monday, March 25, 2019

『空母いぶき』マスコミ試写会

【3月25日 記】 映画『空母いぶき』のマスコミ試写会に行ってきた。今ちょっと興奮が醒めやらない。

えらいもんを観てしまった。と言うか、えらいもんを作ったもんだと。

タイトルから判るように自衛隊の話だ。原作はかわぐちかいじの同名のコミックだ。時代は近い未来と想定されている。

サヨクの人は嫌悪感を覚えるかもしれない。いや、ウヨクの人の中にも不満を感じる人もいるのだろう。でも、これはサヨクにもウヨクにもノンポリにも観てほしい。観て感じて考えてほしい。いや、否が応でも考えてしまう。考えさせられてしまう。

そういう映画だ。

「東亜連邦」という新興国家の戦闘機に自衛隊の偵察機が攻撃され、日本固有の領土・初島が占領されてしまう。

戦後初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》を旗艦とする第5護衛隊群が現地に派遣される。

どこまでも敵対的で強硬な態度で攻めてくる東亜連邦に対して、ついに「防衛出動」命令が下される。

Continue reading "『空母いぶき』マスコミ試写会"

| | Comments (0)

Sunday, March 24, 2019

映画『まく子』

【3月24日 記】 映画『まく子』を観てきた。どんな映画か全く知らなかったのだけれど、良い評判をちらほら目にしたので。

冒頭から「どこだ、これは?」と思う風景が出てくる。いや、珍しい風景ではない。日本のあちこちにある温泉町の風景だ。

でも、都会に住んでいると忘れている風景。旅行に行って思い出す風景。そして、そこで描かれているのは僕らの旅のハレの風景ではなく、そこで暮らしている人たちのケの風景──そこに僕はハッとしたのかもしれない。

「四万温泉」という文字が見える。そして、それが実在する地名だとエンドロールで知る。

サトシ(山﨑光)の家は温泉宿を経営している。母親(須藤理彩)が旅館を取り仕切り、父親(草彅剛)は板前だ。女好きの父親は始終女の尻を追いかけていて、今も隣町の女と浮気中である。

そこに転校生のコズエ(新音、ニノンと読む)がやって来る。サトシと同じクラスであるだけではなく、コズエの母(つみきみほ)は住み込みの仲居としてサトシの旅館で働くことになり、サトシと同じ敷地内の別棟に暮らすことになる。

コズエの母もコズエもどこかおかしい。サトシに初めて出会った時に、コズエはサトシに「子供?」と問いかける。サトシは「こ、子供ですけど」と答えるしかない。すると無表情に「年齢は?」と畳み掛けられる。どこか上の空に見えるのに、サトシには興味津々でつきまとう。

そして、挙げ句の果てに、「私たちは土星の近くの星から来た」と言う。

サトシと同様、観ている僕も半信半疑になる。これは宇宙人が出てくる映画なのか? はたまた単に変なことを言う小学生の話なのか?

これが西加奈子の原作だと知っていたら、素直に宇宙人を受け入れて観ただろうが、僕が原作者名を知ったのはエンド・ロールである。

Continue reading "映画『まく子』"

| | Comments (0)

Sunday, March 17, 2019

映画『君は月夜に光り輝く』

【3月17日 記】 映画『君は月夜に光り輝く』を観てきた。

僕は難病ものは大っ嫌いである。また、永野芽郁も好きではない、と言うか、別に嫌いでもないのだがどこが良いのかまるでピンと来ない。それが何で観に行ったかと言うと、月川翔監督だからだ。

僕は最初、この監督のことを見くびっていて、ずっと観ずに来たのだが、『君の膵臓をたべたい』以降、これで5本連続観ている。

で、映画を見終わってみて、永野芽郁の良さも解った。とても良い表情をする。これは良い役をもらったなあと思う。彼女にピッタリの役柄だ。そして映画の側から見ても、永野芽郁をキャスティングしたのは大成功だったと思う。

映画は渡良瀬まみず(永野芽郁)の葬式から始まる。これは潔いと思った。難病ものだから、どの道ヒロインが死んでしまうことは目に見えている。その目に見えているものに見えない振りをしながらそこにピークを持って行く作りをしていないのである。

それだけではない、まみずとつきあっていた岡田卓也(北村匠海)は姉の鳴子(松本穂香)を亡くしている。交通事故だが、自殺だったのではないかという見方もある。そんな風に思われるのは、その少し前に鳴子の彼氏も病死しているからである。

もう冒頭から死の匂いが芬々と漂っている。そう、これはお涙頂戴の難病ものと言うよりはむしろ死生観を描いたラブ・ストーリーなのである。

Continue reading "映画『君は月夜に光り輝く』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, March 15, 2019

『賭ケグルイ』マスコミ試写会

【3月15日 記】 映画『賭ケグルイ』のマスコミ試写会に行ってきた。原作の漫画があって、それがテレビアニメになって、その後実写版のテレビドラマになって、それが映画化された。

僕が知ってるのはテレビドラマ以降。最初の3話か4話を楽しく見て、実はちょっと飽きてしまった部分もあり(笑)、忙しくなって見る暇がなくなったこともあってそこで脱落してしまったが、それは別にこの映画を観る上での支障にはならない。

しかし、独特の世界観ではあるので、原作もアニメもドラマも知らずにいきなり観るとちょっとしんどいかもしれない。

ドラマと同じく浜辺美波の主演で、英勉の演出。高杉真宙、森川葵、三戸なつめ、松田るか、岡本夏美、矢本悠馬ら、ドラマ版と同じ出演者も数多い。

全く知らない人のために書いておくと、学校ぐるみでギャンブルに狂っている高校の話である。生徒会がすべてのギャンブルを公式に仕切っており、生徒の評価は勉強の成績でもスポーツの成果でもなく、ギャンブルの勝ち負けで決まる。

金持ちの子女が多いこともあって、高校生のくせに掛け金は何千万、何億という桁になる。負けると単に莫大な借金を背負うだけではなく、男子はポチ、女子はミケと呼ばれる「家畜」になってしまう。

その絶大な権力を持つ生徒会にギャンブルの能力で真っ向から勝負に出るのが転校生の蛇喰夢子(じゃばみゆめこ、浜辺美波)。で、その周りにいるのが(それぞれのエピソードはテレビドラマのほうで充分に描かれた後なのだが)、鈴井涼太(高杉真宙)や早乙女芽亜里(森川葵)、皇伊月(松田るか)、木渡潤(矢本悠馬)らである。

今回は生徒会会長の桃喰綺羅莉(ももばみきらり)役で池田エライザが起用され、ギャンブルをやらない主義の第3勢力“ヴィレッジ”のメンバーとして宮沢氷魚や福原遥がキャスティングされている。

Continue reading "『賭ケグルイ』マスコミ試写会"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, March 09, 2019

映画『アリータ バトル・エンジェル』

【3月9日 記】 映画『アリータ バトル・エンジェル』を観てきた。

まあ、ざっくり言ってしまうとサイボーグ・アドベンチャーもの。

木城ゆきとの漫画『銃夢』を読んだギレルモ・デル・トロが「これ、おもしろいよ」とジェームズ・キャメロンに紹介し、それに惚れ込んだキャメロンはあくまで自分で監督するつもりで一旦脚本を完成するところまで行ったが、『アバター』が当たってしまって続編を作ることになったために全く時間が取れず、結局自分はプロデューサーに退いてロバート・ロドリゲスに託したということらしい。

原作のことは全く知らないので、あくまで映画単体として書くが、設定や進行にそれほど斬新なものはない(ま、面白いのは面白いのだが)。出だしとしては天馬博士が死んだ息子のトビオに似せて鉄腕アトムを作ったのに似ている。

そう考えると、手塚治虫という人が、如何に時代に先駆けた卓越した発想の持ち主であったかということが窺える。

話が逸れついでにもう少し書くと、多分僕らが記憶のあるギリギリ最後の世代だと思うのだが、鉄腕アトムがアニメになる前に実写版のアトムがテレビで放送されていた。ロボットと言っても当時の番組のこと、人間が四角い箱から手足と顔を出してアトムに扮していたのをよく憶えている。

CGも含めて「特撮」という言葉で括ってしまうと、あれから約60年でついに特撮がこの『アリータ』のレベルにまで到達したかと思うとまことに感慨深い。

そう、この映画の一番の売りは、やはりストーリーではなく造形のすごさにある。

Continue reading "映画『アリータ バトル・エンジェル』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, March 03, 2019

映画『九月の恋と出会うまで』

【3月3日 記】 映画『九月の恋と出会うまで』を観てきた。

元々はテレビ制作会社を経てフリーの助監督として長年働いてきた人だからかもしれないが、山本透という人は監督と助監督を行ったり来たりしている。

今作は監督だがその前の『億男』では助監督。その前の『私に××しなさい』は監督だが、その前の3作『曇天に笑う』『プリンシパル』『亜人』では助監督。その前の『猫なんかよんでもこない』では監督、『アンフェア』では監督補、『夫婦フーフー日記』や『永遠の0』では助監督だった。で、僕が最初に観た彼の監督作は、そのさらに前の『グッモーエビアン!』(2012年)だった。

この映画は「物語は…その恋を見つけた日から始まる」という、なんだかヤワで少女趣味な一節で始まる。ちょっと嫌な予感がした。でも、見終わるとこの冒頭がうまく繋がってくる。

最初に書いておくとこの映画は、分類としてはタイム・リープやタイム・パラドックスを扱った SFものではない。これはラブ・ストーリーである。100%ラブ・ストーリーで塗り固められたベースにタイム・リープという設定が、ストーリーを転がすための道具として投げ込まれたに過ぎない。

Continue reading "映画『九月の恋と出会うまで』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, March 02, 2019

映画『洗骨』

【3月2日 記】 映画『洗骨』を観てきた。監督・脚本は沖縄出身の照屋年之──ガレッジセールのゴリである。

と言っても、お笑いタレントが突然メガホンを執ったわけではない。中退とは言え、日芸の映画学科(演技コースらしいが)だし、芸人になった後も短編映画を何本か撮って、受賞歴もある。

沖縄の離島に残る「洗骨」という風習を扱っている。それが何なのか、知っていても映画を見る妨げにはならないが、今回はただ、死者を弔う特殊な儀式とだけ書いておこう(ま、漢字を見れば想像もつくだろうし)。

死者は新城恵美子(筒井真理子)。遺されたのは夫の信綱(奥田瑛二)と息子の剛(筒井道隆)、娘の優子(水崎綾女)、そして信綱の姉の信子(大島蓉子)である。

信綱は妻の死からいつまで経っても立ち直れない酒浸りの毎日。剛は東京の大手企業に勤める「島の出世頭」だが、葬儀に同行した妻は居心地が悪そうだ。そして、棺桶にへばりつくようにして、途方に暮れて亡き母の髪を触っているのが美容師の優子だ。

この子どもたちが4年後に「洗骨」のためにまたここに戻ってくる。それぞれ、この4年間に新たな悩みを抱え込んで。

Continue reading "映画『洗骨』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)