Sunday, January 14, 2018

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』

【1月14日記】 映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』を観てきた。

山崎貴は好きな監督ではない。いや、観た結果として面白くないとか出来が悪いとか言うのではなく、僕にとっては却々観る気が起こらない監督なのだ。堺雅人も好きな俳優ではない。いや、こちらは正確に言うと好きでない俳優だ。

加えて、良い映画だという評判があまり聞こえてこなかった。逆に原作漫画のファンが「西岸良平の世界観をズタズタにしやがって」と怒っている声は耳に入った(僕は原作を知らないので、その点にコメントすることは何もない)。

ただ、高畑充希は好きな役者だ。それで観に行ったようなものだ。

で、実際行ってみると、お客さんはよく入っているし、結構面白かった。高畑充希が演じた亜紀子の天真爛漫が可愛らしく、彼女のコメディエンヌとしての才能も十全に発揮されていた。

鎌倉に居を構えるミステリー作家・一色正和(堺雅人)に嫁いできた亜紀子の話。鎌倉というのは妖怪と幽霊と人が仲良く住んでいる町だという設定になっている。

時代設定は正確には分からないが、今と同じく江ノ島が見える海岸なのに、走る車がえらくクラシックなので、まあ、『三丁目の夕日』みたいな時代なのかなと思う。亜希子の洋服もどことなく野暮ったく、それがいじらしい感じに見える。

Continue reading "映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, January 08, 2018

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』

【1月8日記】 映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』を観てきた。前作は映画館で見逃して、WOWOW で観た。こういうの好きなのである。

例えば何が好きかと言えば、今作にも登場するが、銃弾を弾く傘(笑) これ、理論的には作れるのかもしれないが、機関銃の弾丸を弾くほどの強度の合成繊維(?)だとすれば、かなり厚くて重くて持ち運びに難儀するだろうし、差したり畳んだりするのも並大抵ではないだろう。

つまりはマンガなのである。でも、マンガ的なものをカンカンになって作っているところが良い。しかも、出来上がった作品はほんとに楽しい超娯楽大作になっている。

今作でも始まったかと思ったらいきなりの車内での格闘とカーチェイス。スタントも SFX もタダモノではない。

筋の運びに少し荒っぽいところがあり、ご都合主義な展開もある。きれいに収まりきっていない設定を説明のないまま放置したようなところもある。でも、そんなもの関係ないぐらい、息をもつかせぬ面白さだ。

Continue reading "映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

iPhone | おすすめサイト | ことば | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サイト更新情報 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | プレイログ | ペット | 今日のBGM | 仕事 | 住まい・インテリア | 学問・資格 | 心と体 | 心に移りゆくよしなし事 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 文学・歴史 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ考 | 映画・テレビ評(05) | 映画・テレビ評(06) | 映画・テレビ評(07) | 映画・テレビ評(08) | 映画・テレビ評(09) | 映画・テレビ評(10) | 映画・テレビ評(11) | 映画・テレビ評(12) | 映画・テレビ評(13) | 映画・テレビ評(14) | 映画・テレビ評(15) | 映画・テレビ評(16) | 映画・テレビ評(17) | 映画・テレビ評(18) | 書籍・雑誌 | 書評 | 書評(02) | 書評(03) | 書評(04) | 書評(05) | 書評(06) | 書評(07) | 書評(08) | 書評(09) | 書評(10) | 書評(11) | 書評(12) | 書評(13) | 書評(14) | 書評(15) | 書評(16) | 書評(17) | 経済・政治・国際 | 美容・コスメ | 育児 | 舞台 | 芸能・アイドル | 趣味 | 関西・関西人 | 音楽