Sunday, September 16, 2018

映画『愛しのアイリーン』

【9月16日 記】 映画『愛しのアイリーン』を観てきた。吉田恵輔監督。

いやはや、ひどい映画である。パンフの冒頭に企画・製作の河村光庸の言葉として「凡庸な『愛』の概念を打ち砕くこと」というフレーズが書かれているが、まさにその通りである。僕らの凡庸で希望的な愛の幻想は完膚なきまでに叩き壊される。

実際に金で女を買うような感覚でフィリピンに嫁探しに行く日本人男性もいるのだろう。その下心を承知の上で、ひたすら金欲しさからそれに応じるフィリピン人女性だっているんだろう。

そして、いろんな人がいる一方で、自分たちの価値観から外れたものを許容しない、狭量で固陋な日本人も山ほどいる。

宍戸岩男(安田顕)は42歳、独身。パチンコ店勤務。女性経験はほとんどない。とにかくセックスがしたくてしたくてたまらない。──これほどまでにおまんこという言葉が台詞になった映画が他にあっただろうか? わざとらしくモザイクを施す胡散臭さがたまらない。

岩男は両親と一緒に暮らしている。父親・源造(品田徹)はボケ始めている。母親のツル(木野花)は息子に嫁を取らせることに血眼になっている。そして、それが息子のためだと思ったら、どんなに息子が嫌がることでもやる。ヤクザも怖くないし、人殺しだってやりかねない。

岩男はいろいろあって(その部分はここには書かないので映画の序盤を観てほしい)このまま日本にいたって女にモテることもないしセックスもできないと一大決心をして、フィリピンのお見合いツアーに行く。

しかし、いっぺんに30人の花嫁候補と話すとなると、それは生涯で喋ったことのある女性の数よりも多くて、途中で疲れて根気が尽き、そのとき傍にいたアイリーン(ナッツ・シトイ)に「この子にする」と決めてしまう。

アイリーンはまだ10代。素直で明るく、岩男に好意を抱いているようにも見えるが、実は家族の貧困を救うための金づるとして岩男との国際結婚を選んだ。可愛いけれどしたたかな女だ。

そして、彼女は初めての経験は好きになった人としたいという意志が固く、徹底的に岩男を拒否する。岩男はあれだけやりたかったセックスができず、もはや何のために結婚したかも分からない。

おまけに、アイリーンを連れて帰国したら父親の葬儀が執り行われており、黙っていなくなったかと思えばフィリピン人の脳天気な花嫁を連れ帰った息子に怒り狂った母親は、2人を家にも入れてくれないどころか、今にも撃ち殺しそうな勢いである。

Continue reading "映画『愛しのアイリーン』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, September 15, 2018

内田けんじと上田慎一郎

(『カメラを止めるな!』と『運命じゃない人』をご覧になっていなくて、これから観ようかと思っておられる方には、少しネタバレがあるのでお勧めしない記事です)

【9月15日 記】 上田慎一郎監督の次回作は『カメラを止めるな!』と同じ手を使って同工異曲を奏でるわけにはいかないだろうな、と思っていたら、内田けんじ監督の『運命じゃない人』(2005年)を思い出した。

あの映画は PFFスカラシップの資金で作られ、いきなりその年のキネ旬5位に輝いた。脇役として売れてくる前の中村靖日が主演だった。

今みたいに映画館の上映スケジュールの編成が柔軟でもなく、シネコンも少なかったから「200館に拡大」みたいなことにはならなかったけれど、僕が観た渋谷のユーロスペースは大入り満員で、国内で8つの映画賞を受賞して、カンヌでも上映された。

あの映画は3人の視点で3回繰り返して描かれた。2人目の視点で描かれた時には、1人目の人物が見ていなかったことや、そもそも1人目の人物がいなかったシーンが描かれていて、「なるほど!そういうことだったのか」と観客は膝を打つ。

その辺の構造は『カメラを止めるな!』と同じだ。そして、『運命じゃない人』がすごいのは、観客が充分楽しんだあとで今度は3人目の視点が出てくるところだった。

Continue reading "内田けんじと上田慎一郎"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, September 02, 2018

映画『寝ても覚めても』

【9月2日 記】 映画『寝ても覚めても』を観てきた。

twitter でこの映画の原作小説の著者である柴崎友香さんと少し絡んだのが最初だった。プロファイルを見て、作家だと知った。どんな作品を書いている人だろうと、ちょっと調べてみたら、保坂和志に似ているという記述があり、にわかに惹かれた。

そして、昔観た行定勲監督の『きょうのできごと』も彼女の小説が原作であったこと、さらに、映画観で予告編を見て気になっていた『寝ても覚めても』も彼女の筆によるものだと知った。

こんな風にいろんなものが繋がって、僕は彼女の芥川賞受賞作である『春の庭』を読んだ。面白かった。そして、確かに“保坂和志の線”だった。

『寝ても覚めても』については映画を観るのが先になったのだが、『春の庭』を読んだ後でこの映画の予告編を観ると、これはどう見ても“『春の庭』の線”ではない気がした。

あれはもっと淡々とした書きっぷりの小説だ。一方、この映画は別れた男と同じ顔をした男を好きになるという、かなりドロドロした話だ。

単に別れた男であれば、それほどドロドロはしないのかもしれない。しかし、この映画(小説)の鳥居麦はある日「靴を買いに行く」と言って出かけたままぷつりといなくなる。それだけに主人公の朝子は納得の行かないまま宙ぶらりんである。

映画では朝子を唐田えりかが、そして、朝子が一瞬にして恋に落ちた麦と、麦の失踪後に出会い、時間をかけて恋に落ちる丸子亮平の二役を東出昌大が演じる。麦との別れ方が別れ方であったから、亮平と出会ったときの深い困惑が上手に描かれていた。

この2人、顔は同じ(小説では「似ている」ということらしいが)だが、一方は若き日の『あまちゃん』に片思いする大吉みたいな好人物、他方はテレビ版の『散歩する侵略者』みたいな得体の知れない男である(この喩えを、僕は映画を見ながら思いついたのだが、帰ってきてパンフを読んだら、あながち的外れではなかったということが分かった)。

出会う順番が逆であれば、こんなことにはならなかったろう。最初に亮平に会い、亮平がいなくなってから麦に出会っても朝子の心はそれほど揺れなかったろう。だが、謎に満ちているが故に惹かれてしまった麦を一瞬にして失った後で、朝子は優しい亮平を知ったのである。

Continue reading "映画『寝ても覚めても』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 31, 2018

映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』

【8月31日 記】 映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』を観てきた。

映画の副題と主題歌が小沢健二の往年の名曲で監督が大根仁──この映画を観るのにそれ以外の動機は何も必要なかった。

韓国映画の翻案であることも知らなかったし、当時のコギャルは渋谷系のオザケンなんか聴いてなかったということも、ああ、確かにそう言われればそうだ、という感じだった。

韓国映画の存在については、宣伝上あまり前面に出す気はないのか、パンフレットにも詳しく書いていない(監督/キャストへのインタビューの中で断片的に触れられているだけ)。40歳を過ぎた女性が高校時代の仲間を探すというストーリーと、そこに当時のヒット曲を絡ませるという設定を借りてきたようだ。

大根監督は70~80年代の韓国をコギャル文化満開の90年代の日本に置き換えた。冒頭からそのコギャルのエネルギーの横溢を見事に表現した怒涛のダンス・シーンである。

オザケンについては、ダンスのコンテストで他のグループが trf ばかりになっている中、あえて目立つためにこの曲を選んだという設定にしている。

『モテキ』の例を引くまでもなく、大根仁は非常に J-POP に造詣の深い監督である。この映画も選曲がほんとに素晴らしい。ここで選ばれた曲は、実は90年代という長いレンジから採られており、高校在学中の3年という期間をはみ出しているが、そんな嘘は全然気にならない。

もう1曲めの安室奈美恵で心を鷲掴みにされ、2曲めの久保田利伸で早くもうるうるしてしまう。

『SWEET 19 BLUES』は安室奈美恵の作品の中でも『a walk in the park』と並んで特に好きな曲だ。出だしのコード進行が解らなくて遂に楽譜を買ったのだが、楽譜を見てもなお、この進行を理論的にはどう解釈すべきなのか分からない。小室哲哉の真骨頂だと思う(なお、この映画では小室哲哉が「音楽全般」を担当している)。

PUFFY の『これが私の生きる道』が入ってくるのも見事なアクセントになっているし、Chara の『やさしい気持ち』が選ばれているのも心躍る。しかも、映画の中でのあの粋な鳴らし方!

そして、ここに『僕たちの失敗』を持ってくる感覚もすごい。これは元々は70年代の曲だが、コギャル世代にはテレビドラマ『高校教師』の主題歌とという認識だろう。

Continue reading "映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, August 18, 2018

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』

【8月18日 記】 映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』を観てきた。福田雄一監督。前作に続いて笑った笑った。で、これ、感想書いたら前作と全く一緒になるなあ(笑)

全然知らない人のために書いておくと、設定は幕末の江戸だが、そこは天人(あまんと)というエイリアンに支配された、我々が知っている江戸とは全く違う場所。髷を結った侍がいて幕府や新選組もあるが、高層ビルもヘリコプターもキャバクラもあるし、歴史上の人物と一字違いの人物ばかり出てくる。

何が坂田銀時じゃ? 徳川茂茂(しげしげ)じゃ? 松平片栗虎(かたくりこ)じゃ? 平賀源外じゃ? 土方十四郎(とうしろう)じゃ?(笑)

もう、むちゃくちゃである。バカバカしいにもほどがある。でも、バカバカしいものを楽しめなくなったら世の中は終わりである。その徹底的な悪ふざけに、スタッフ/キャストが一丸となって臨んでいる。

こんなアホみたいな話にこの超豪華キャストは何だ? 小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、三浦春馬、窪田正孝、吉沢亮、勝地涼、夏菜、戸塚純貴、長澤まさみ、岡田将生、ムロツヨシ、キムラ緑子、佐藤二朗、中村勘九郎、堂本剛、堤真一、…。

Continue reading "映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 15, 2018

映画『青夏 きみに恋した30日』

【8月15日 記】 映画『青夏 きみに恋した30日』を観てきた。古澤健監督作品。あまり期待しないで行ったのだが、意外に良かった。

公開後、半月が過ぎたところでの中押しの舞台挨拶、という珍しい企画があったこともあるが、場内はほぼ満員である。

最後に司会が、「この映画を今日はじめて観た方…、2回目の方…」などと順に質問して行くと、2回目3回めが少なからずいたのにも驚いたが、なんと今日で4回目という客もいた。

こういう恋の物語に嵌ってしまうと、何度も観てしまう人が出るのも想像に難くない。あとはこれにどれだけ普遍性を持たせられるかである。

物語は、これまた少女漫画が原作で、高校1年生の理緒(葵わかな)が夏休みに祖母の住む田舎に行き、そこで近所の酒屋の息子で2学年上の吟蔵(佐野勇斗)に恋をする30日間の話である。

理緒のほうは完全な一目惚れ。奥手そうに見えながら、結構頑張って自分からアプローチする。吟蔵のほうは、東京に行ってデザインの勉強をしたいという思いを殺してでも酒屋を継がなければならないという思いがあって、素直に理緒を受け入れられない。

一方で、吟蔵には近所の大人たちから「未来のお嫁さん」と冷やかされる万里香(古畑星夏)という雑貨屋の娘の存在があり、理緒のほうにも、理緒の親友のあや(久間田琳加)にくっついて理緒を追っかけてきて猛烈にアタックする祐真(岐洲匠)がいる。

「キュンキュンする」というのが売りの作品のようで、確かにキュンキュンする台詞がたくさんある。いや、汚れちまった大人たちにはむしろげっそりする台詞かもしれないが(笑)、微妙にわざとらしいところまで勇気を持って踏み込んだ良い本だと僕は思った。脚本は持地佑季子。

Continue reading "映画『青夏 きみに恋した30日』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 12, 2018

『ドリーム』(と邦題)

【8月12日 記】 会社の同僚が貸してくれた DVD で『ドリーム』(セオドア・メルフィ監督、2016年、アメリカ合衆国)を観た。

とても面白い良い映画だった。下世話に言うと、黒人差別版「細うで繁盛記」なのだが、これをひとりの物語にせずに互いに友人である3人のストーリーに編み込んだのが正解だと思った。

すでに公開が終わってから長く、いくつか賞も獲って評価の固まった作品なので、こういう場合僕はあまりくだくだと映画評めいたものは書かないのだが、ひとつだけ、タイトルについて書いておきたい。

以前自分のホームページをやっていたときにも、「考えられなかった邦題を考える」「アバウト・ザ・タイトルズ・オブ・ムービーズ」などと題して、近年の邦題の無策とレベルの低さを嘆いたことがあったが、この『ドリーム』がそのとき例に挙げた映画と同じぐらいひどいと言うのではない。

『ドリーム』というタイトルは、原題をカタカナにしただけの芸のないものではなく、フンイキだけでテキトーな日本語を持ってきたものでもなく、ちゃんと映画の中の台詞から拾っているからだ。

だが、原題を知ると少し残念な気分になる。

Continue reading "『ドリーム』(と邦題)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 05, 2018

映画『センセイ君主』

【8月5日 記】 映画『センセイ君主』を観てきた。『キミスイ』『となりの怪物くん』など、このところ出来の良い青春モノを連発している月川翔監督。

映画館に入ってちょっと驚いたのは女性客の年齢層の高さ、いや広さと言うべきかな。中高生もパラパラいるにはいるけど、30代、40代がかなりのボリュームで、下手すると50代かと思われる女性客まで来ている。普段、青春学園モノの映画にはこの辺の層はあまりいない。

なるほど、これが竹内涼真のファン層なのか、と納得。

僕は予告編で浜辺美波の演技を観てめちゃくちゃ楽しみにしていたのだが、期待に違わぬ吹っ切れた演技で、いやぁ、ほんとに面白かった。ガチで笑い転げた。で、こういう映画はハッピーエンドに決まっていると言えばその通りなのだが、後口の良い終わり方だった。

原作となっている大ヒット漫画をどれくらいアレンジしているのかは知らない。浜辺美波の長髪のカツラと川栄李奈の前髪下ろした髪型は多分原作通りなのだろうが、原作の主人公もこんな変顔でこんなに感情爆発した喋り方をしてたんだろうか? 何と言っても浜辺美波の振れ幅がハンパないのである。僕はすぐによしもと新喜劇の島田珠代を思い出した。

よしもと新喜劇を観たことない人に島田珠代の説明をするのは難しいが、書割のセットが壊れるぐらい壁に激突し、男優の股間に指を当てて「チーン!」と言うのががギャグだったりする喜劇女優である。で、今回の浜辺美波は(「チーン!」みたいなことはやらないものの)それくらいのぶっ飛んだ演技なのである。

しかし、言うまでもないが、浜辺美波は島田珠代の、控えめに言って 1024倍は可愛いので、このギャップがまたたまらんのである。そして、彼女の親友役で出てきた川栄李奈がこれまた浜辺美波に負けず劣らずの弾け方で、「ムネボンババぼん」で(笑)、ものすごく良いのである。

劇場の大半を埋めていた竹内涼真のファンと思しき女性たちだけに見せるのは惜しい気がする。これは是非とも浜辺美波や川栄李奈のファンの男の子たちにも観てほしい。間違いなくキュンキュン来る。

Continue reading "映画『センセイ君主』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 03, 2018

『覚悟はいいかそこの女子。』マスコミ試写会

【8月3日 記】 映画『覚悟はいいかそこの女子。』のマスコミ試写会に行ってきた(以下、何箇所かネタバレがあります)。

原作は大ヒットした少女漫画。同じキャストで撮られた5回シリーズのテレビ版では、一見脇役の律(伊藤健太郎)が実は進行上の主役となり、彼の恋のエピソードを中心に話が運められてきた。で、映画版で初めて主役の斗和(中川大志)の話になる。

テレビ版の時から「ヘタレ男子」というキャッチフレーズがつきながら、全くそんな印象もない、ただのモテ男子だった斗和が、漸くヘタレ男子の本領発揮となるわけだ(笑)

映画版でも冒頭からモテモテではあるのだが、同級生から「観賞用男子」と言われ、「だって、お前今まで一度も彼女いたことないじゃん」ととどめを刺されて、それをきっかけに学年一番のクール・ビューティである美苑(唐田えりか)への猛アタックを開始するが、敢えなく撃沈の繰り返し。

序盤はそういうコメディである。で、恋の密度が高まるに連れて、話は少しシリアスな方向に振られる。

Continue reading "『覚悟はいいかそこの女子。』マスコミ試写会"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 01, 2018

映画『カメラを止めるな!』

【7月31日 記】 映画『カメラを止めるな!』を観てきた。

僕はワンシーン・ワンカットの長回しが好きで、映画の中で見つけるとこのブログでもよく取り上げている。

ただ、映画の初めから終わりまでワン・カットとなると話は別だ。そこまでやろうとすると単なる表現の手段が目的になってしまう。

初めからワン・カットで撮れることを前提に全体を作らなければならなくなる。「それから3年後」とか「ちょうどその頃 500km 離れた大阪では」みたいな表現は、何か記号的な処理を挟まないと描けないことになってしまう。それはどうだろう、と思う。

この映画がそんな手法を採っていると聞いた時に一度は見るのをやめようと思った。特に監督が「三谷幸喜の影響を受けた」と言っているらしいと知ってなおさら観る気が失せた。僕はとりわけ三谷幸喜のワンシーン・ワンカットを評価していない。

あれは単に台詞を言っている役者を追っているだけのカメラだと思う。台詞を言っていないほうの役者をアップで捉えたり、俳優の表情が見えないくらいカメラが思いっきり引いたりするのも撮影の妙なのであって、喋っている役者を取っ替え引っ替え追っかけるのは単なる野暮ではないか。

それに気づいてから三谷が監督の映画はほとんど観ていない。脚本家としてはとても好きなのだけれど。

とは言いながら、ともかくこれだけ熱狂的に褒めている人がいるのは如何なる理由なのか、それを見届けたくて結局この映画を観に行くことにした。

で、観てみると全然違うのである。これは見事にやられた。

Continue reading "映画『カメラを止めるな!』"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

iPhone | おすすめサイト | ことば | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サイト更新情報 | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | プレイログ | ペット | 今日のBGM | 仕事 | 住まい・インテリア | 学問・資格 | 心と体 | 心に移りゆくよしなし事 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 文学・歴史 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ考 | 映画・テレビ評(05) | 映画・テレビ評(06) | 映画・テレビ評(07) | 映画・テレビ評(08) | 映画・テレビ評(09) | 映画・テレビ評(10) | 映画・テレビ評(11) | 映画・テレビ評(12) | 映画・テレビ評(13) | 映画・テレビ評(14) | 映画・テレビ評(15) | 映画・テレビ評(16) | 映画・テレビ評(17) | 映画・テレビ評(18) | 書籍・雑誌 | 書評 | 書評(02) | 書評(03) | 書評(04) | 書評(05) | 書評(06) | 書評(07) | 書評(08) | 書評(09) | 書評(10) | 書評(11) | 書評(12) | 書評(13) | 書評(14) | 書評(15) | 書評(16) | 書評(17) | 書評(18) | 経済・政治・国際 | 美容・コスメ | 育児 | 舞台 | 芸能・アイドル | 趣味 | 関西・関西人 | 音楽