Friday, March 24, 2017

映画『ひるね姫』

【3月24日特記】 映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』を観てきた。

予告編を見ても全く観る気はなかった映画なのだが、たまたま昨日 SENSORS IGNITION で神山健治監督の話を聞いたら俄然観たくなった。

このイベントのたくさんあるトーク・セッションのうちのひとつに登壇していたのが神山監督で、実は僕はその対談相手である、「現代の魔法使い」と言われる落合陽一筑波大助教の話が目当てで聴きに行ったのである。

ところが、その落合助教が実は『攻殻機動隊』以来の神山監督のファンで、封切り間もないのに既に『ねむり姫』を2回観ており、2人の会話が見事に噛み合ってめちゃくちゃ面白かったのである。そして、それを聞いているうちに観ずにいられなくなったのである。

で、観てみて最初に思ったのは、日本のアニメはなんと優秀なのだろう!ということだった。圧倒的な動画の表現力がある。

僕はアニメはまず動画の表現力を評価すべきであると思っていて、そういう意味で去年『君の名は。』よりも『この世界の片隅で』のほうが持てはやされたことに不満を覚えたのである。

動画的表現力という意味では圧倒的に前者が後者を凌駕していると思うのである。

「そんなことを言い出すとたくさんお金をかけられた映画が有利ではないか?」と言う人もいるかもしれない。そうかもしれない。でも、それは背景でしかない。僕らは出来上がった作品の表現に触れるだけのことだ。お金をかけられないのであれば、それなりに別の表現を創り出すしかない。

そういう意味で、この映画の作画、動画の表現力は超一流だった。前半は光と影を強く意識させ、後半は風と火を巻き起こした。

手書きと CG、2D と 3D を見事に組み合わせて、大きな動きで速さを伝え、巧みな構図で高さを強調した。ほんとうに見事な動画だった。

Continue reading "映画『ひるね姫』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, March 20, 2017

『3月のライオン 前編』

【3月20日特記】 映画『3月のライオン 前編』を観てきた。

僕は大友啓史監督の NHK時代のドラマをほとんど観たことがなくて、それゆえ近年の『るろうに剣心』3部作と『秘密』のイメージが強かったのだが、この映画はアクションも SF もまるでなくて、なんと地味な将棋がテーマだ。

いや、羽海野チカの原作漫画のほうはどうなのか知らないが、少なくとも映画の中で将棋は中心には据えられていない。僕みたいな小学校卒業以来将棋を指したことがない人間が見ていても全然困らない展開だ。

日本将棋連盟が協力しているくらいだから、恐らく映画の中でプロの将棋としての辻褄は合っているのだろうけれど、将棋好きが「おっ、次の手はそう来たか!」と膝を打つような作りにはなっていない。

盤面が映るのはほとんど短いカットだ。しかも、全体が映るカットは少ない。将棋の駒のアップであることも多い。逆に、使い込まれた盤面のざらついた質感がこんなに伝わってくる画も珍しいと思った。

それよりも棋士の顔をアップで撮る。そして、劇中いろんな棋士によって何度も何度も繰り返される「負けました」の台詞。これがとても印象的だった。将棋は負けを認めた棋士のこのひと言で終わるのである。

Continue reading "『3月のライオン 前編』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, March 18, 2017

映画『きょうのキラ君』

【3月18日特記】 映画『きょうのキラ君』を観てきた。館内はほとんどが JC、JK という中におっさんが一人だけ勇気を持って突入したのは、ひとえに飯豊まりえを観たかったからだ。

すでに月9への出演も果たしてブレイクし始めているが、僕が見初めたのは去年の2月の  NHK Eテレ『岩井俊二の MOVIEラボ シーズン2』のアシスタント役。

単にめちゃくちゃ可愛いというだけではなく、スタジオでの受け答えを見て「この娘は来る!」と確信した。この後もすでに主演級の映画が控えている。

で、最初に言っておくと、この映画ではみきもと凜の原作漫画に合わせて前髪を下ろしているが、これは彼女が一番可愛く映える髪型ではない。それはちょっぴり残念だった。

主人公の岡本ニノン(飯豊まりえ)は、過去にいじめにあった経験から人を避け、目が完全に隠れるまで前髪を伸ばし、いつも俯いて猫背で歩いている。部屋ではインコの「先生」に話しかけ、動物園に週イチで通っている。

同級生に話しかけようとしてもろくに文章にならない。後にちゃんと話せるようになった後の設定では常に「ですます」調。──つまりちょっと変な子なわけだ。クラスでは当然浮いている。

そのニノがクラスメイトで、時々自分のことを構ってくれたり庇ってくれたりするイケメンの吉良くん(中川大志)に恋をする。ところが、キラくんは心臓の病気で余命1年である。

Continue reading "映画『きょうのキラ君』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, March 12, 2017

映画『一週間フレンズ。』

【3月12日特記】 映画『一週間フレンズ。』を観てきた。

『ラ・ラ・ランド』を先延ばしにして、とりあえず『きょうのキラ君』の飯豊まりえを見に行こうと思ったのに、ネットでチケット取る際に勘違いして第3候補だったこの映画を予約してしまった。年は取りたくないものだ(笑)

日曜日の晩に、前の週にあったことのうち友だち関係のことだけをすっかり忘れてしまい、月曜日の朝にはクラスメイトの名前も分からなくなる記憶障害──という、いくらなんでもそんな病気はないだろうという設定である。

しかも、そんな病気を抱えながら、それをひた隠しにして高校に通っている。本人だけが気づいているならともかく、両親も知っていて医師の診断も受けているのにそれはないだろう──という、あまりにドラマ作りのためのご都合主義である。

さすがにちょっと茶番だなと思って見始めたのだが、しかし、見ているうちに意外に悪くないな、と思えてきた。

Continue reading "映画『一週間フレンズ。』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, March 05, 2017

映画『ハルチカ』

【3月5日特記】 映画『ハルチカ』を観てきた。今年2本目の市井昌秀監督作品。原作は「人気青春ノベル」だそうな。タイトルのハルチカは主人公の名前ーー春太と千夏。

高校に入ったら吹奏楽をやろうと思っていた千夏(橋本環奈)。勇んで入部申し込みに行ったら、吹奏楽部は既に廃部が決まっていた。

そこから千夏は、ヘタレだけれどホルンが吹ける幼馴染の春太(佐藤勝利)を巻き込んで、吹奏楽部継続の条件である最小限9人の部員集めにかかる。

ありがちな話である。クラスには超高校級の演奏者もいる。力になってくれる先生は指揮者のコンテストで2位になったことがある。

ますますありがちな設定だ。底が浅く、先が見えてしまう。

9人のエピソードを描くにはそれなりの時間がかかるが、ドラマは9人集めて終わりではなく、吹奏楽のコンクールまでたどり着かなければならないので、時間をかけている余裕がない。

だから、必然的に描写が薄くなる。展開がたどたどしく見える。この辺が一番残念なところだ。

Continue reading "映画『ハルチカ』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, February 24, 2017

映画『愚行録』

【2月24日特記】 映画『愚行録』を観てきた。既に観た何人かから激賞と酷評の両方を見聞きした。そういう映画を観るのはワクワクする。

最初に書いておくと、(あまりあからさまにする気はないのだが)この映画を論ずるにはどうしてもある程度結末に触れる必要がある。全くの先入観なくこれから観に行きたいという方は読まないでほしい。

全般に画作りの巧みな映画だと思った。雨の日のバスの窓外から乗客を映し、前方から後方にパンして行くと主人公の田中武志(妻夫木聡)が座っているという冒頭の撮り方からして面白い。

そして、ミステリものにおける記者=社会正義の担い手、であり、往々にして自分の一方的すぎた正義感に気づいて主人公が落ち込む、という図式から外れて、週刊誌記者である田中がバスの中で転んで足を引きずってみせるという最初の展開が秀逸である。

これからこの物語はどちらに転がって行くのだろうとハラハラさせる。そして、5拍子の BGM が不安感を高める。こういう変拍子の使い方は巧いなと思った。

Continue reading "映画『愚行録』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, February 12, 2017

映画『サバイバルファミリー』

【2月12日特記】 映画『サバイバルファミリー』を観てきた。

大体において邦画の予告編というものは最後のカットでスタッフを10人か20人一覧で出して終わりである。

ポスターなども用紙の下の方にぐちゃっと小さい字で書いてあるだけのことが多く、作品を監督で選んでいる僕としては大変困るのである。せめて監督名だけでもフォントを大きくするか色を付けてくれないかといつも思う。

ところが、この映画の予告編は珍しく冒頭で「あの『ウオーターボーイズ』や『スウィングガールズ』を撮った矢口史靖」という打ち出し方をしており、僕はその瞬間にこれは観ようと決めていた。

矢口監督は『スウィングガールズ』のあと『ハッピーフライト』『ロボジー』『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』と3本の長編を撮っている。僕はいずれも観ており、決して駄作だったとは思わないのだが、評判という意味ではここんとこパッとしなかった感がある。

その監督をこういう風に打ち出す宣伝ができ上がって来るということは、やはりこの業界にたくさんファンがいるということなのだろうと思う。

さて、矢口監督の作品ではタイトルが英単語2つでできていることが多く、その英単語の切れ目に中黒「・」を入れない主義なので切れ目は分かりにくいが、でも、映画の内容をいつもストレートに表している。

Continue reading "映画『サバイバルファミリー』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, February 10, 2017

映画『咲 saki』

【2月10日特記】 映画『咲』を観てきた。

女子高生の麻雀ドラマ。漫画の原作があって、それがドラマ化されて、その続編が映画化されたもの。実写化が発表されたときには原作のファンからブーイングの声が上がったらしいが、いざでき上がってみると結構好意的に迎えられているとのこと。

例によって僕は原作漫画の存在さえ知らなかったしテレビ版も見ていない。さらに最後に麻雀をしたのが何年前だったかさえ思い出せない。

この映画をこれから見ようかと考えている人は基本的にしょっちゅう麻雀をしている人で、恐らく大半が原作のファンだろうから、僕のこの文章は参考にも何にもならないとは思うが、まあ、麻雀やってなくて原作知らない人が見た意見として一応書いてみることにする。

映画は女子高生の麻雀の県大会から始まる。

それまでに登場人物たちのいろんな出会いがあり、いろんな設定の説明があったのでだろうと思うのだが、その辺りはすでに観客は知っているものとしてすっ飛ばされる。時々回想シーンが入るのだが、ごくごく短いシーンなので、この映画で初めて見る人には何のこっちゃ分からない。

でも、これが面白いのである。まるでマンガだ。いや、マンガなんだから当たり前なんだが(笑)

ほんとに馬鹿馬鹿しい。昔の漫画に例えると、『ドカベン』での岩鬼の悪球打ちや殿馬の秘打「白鳥の湖」と同じくらい馬鹿馬鹿しい。で、同じくらい楽しめる(笑)

Continue reading "映画『咲 saki』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, January 28, 2017

映画『本能寺ホテル』

【1月28日特記】 映画『本能寺ホテル』を観てきた。予告編を見てなんだか『プリンセス・トヨトミ』に似てるなと思ったら、まさに同じスタッフが作った映画だと言う。いずれも監督は鈴木雅之、脚本は相沢友子。

『プリンセス・トヨトミ』は僕の周りでは甚だ不評を買っていたが、僕は割合好きな映画だった。

今回の『本能寺ホテル』は、都内の映画館に関しては、今日から軒並み1日2回上映になっているので入りが悪いのだろうと想像したのだが、でも、僕が見た回はほぼ満員だった。

結構面白いではないか。まず、カメラワークが面白い。あざとくよく動く。ぐるぐる回る。そして、人物を縦に並べる。ワンショットであっても、カメラのこちら側に人が相対しているのが感じられる。そして引いた画で横の動きを捉える。

結婚相手の親に会うために京都にやってきた娘・繭子(綾瀬はるか)が、宿泊した本能寺ホテルのエレベータの中で本能寺の変の前日の本能寺にタイムスリップする話である。

ポイントは、繭子がタイムスリップしていつまでも現代に戻れず、ついに観念してこの時代の人間と生きて行くというような設定ではなく、割合短時間で現代に戻ってきて、また、何度も繰り返しタイムスリップするという点である。

しかも、タイムスリップのやり方を掴んで行ったり来たりするのでなく、自分でもどうやったら行けるのか分からないまま行ってしまうところが面白い。これが今までのタイムスリップものと違うところだ。ストーリーは2日で終わる。

Continue reading "映画『本能寺ホテル』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, January 21, 2017

映画『牝猫たち』

【1月21日特記】 映画『牝猫たち』を観てきた。ロマンポルノのリブートと銘打たれたシリーズである。

僕は決してロマンポルノを低く見たりしていない。日活ロマンポルノが始まったときはまだ見られない年齢だったが、後期は何本か見ているし、気に入った作品もあった。

日活ロマンポルノが数々の名監督を輩出していることも承知しているし、今回のリブートにも名だたる監督が参加していることも知っている。

それでも今まで1本も見なかったのは、今さらロマンポルノでもあるまい、という気持ちからである。

あの当時のロマンポルノは、紛れもなく男が性欲を満たすために見るものであった(あるいはむしろ性欲を紛らすため、あるいは逆に性欲を掻き立てるために見る人もいたかもしれない)。

今やそんな目的のために映画館に足を運ぶ必要はない。もっと簡便にもっと強烈なものをネットから仕入れることができる。当時あの程度の表現で男たちの妄想を掻き立てられたのは、つまりはそういう時代であったということである。

小さな館とは言え、上映30分前から満席売り止めというのにも驚いたが、もっと驚いたのは女性客が多いこと。僕らがションベン臭い小屋でロマンポルノを観ていた時代には女性客なんて一人たりともいなかった。

つまり時代が違うのである。その違う時代にもう一度ロマンポルノをと言われてても見る気にはならなかったのである。

Continue reading "映画『牝猫たち』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)