Thursday, November 23, 2017

映画『火花』

【11月23日特記】 映画『火花』を観てきた。

原作は読んでいる。Netflix でドラマ化された時には、再入会してまで観る気にはならなかった。それが今度の劇場版では板尾創路が監督をすると聞いて、期待感が一気に高まった。『板尾創路の脱獄王』も『月光ノ仮面』も大好きな映画だ。

知らなかったのだが、板尾は Netflix 版でも脚本協力を務めていたらしい。

結論から言うと、すごく出来が良い。僕は読んだ小説も観た映画もすぐに忘れてしまうので、この映画が細部に渡ってどれほど原作に忠実なのかは分からない。ただ、原作の中核をなす精神は見事に復元されていたのではないだろうか。

芥川賞受賞以来あちこちで紹介されているので、いまさら筋を書くまでもないと思うが、売れない若手漫才師スパークスの徳永(菅田将暉)が熱海での“営業”でスパークスより少しは売れている大阪のコンビあほんだらの神谷(桐谷健太)と出会ってからの10年間の話だ。

徳永は神谷の天才的なお笑いのセンスに心酔し、弟子にしてもらう。やがて神谷は上京し、真樹(木村文乃)のアパートに居候して、毎日のように徳永と吉祥寺の街を飲み歩くようになる。

うだうだしているだけの日常を描いているのだが、それは漫才師としての日常であり、そこには芸人の世界へのとんでもなく深い洞察がある。

Continue reading "映画『火花』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, November 19, 2017

映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

【11月19日特記】 映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』を観てきた。この邦題はひどいと思うが、言わずと知れたスティーヴン・キングの名作である。読んでないけど(笑)

いや、スティーヴン・キングは何十年も前に初めて読んだ『ペット・セマタリー』があまりに怖くて、その後1冊も読めないでいるのである。

映画を見終わって考えた。単なるホラー映画とそうでない映画との違いは那辺にあるんだろうか?と。

もちろんそれは原作に負うところが大きいのだろう。でも、この原作であっても2流の監督が撮ったら単なる B級ホラーで終わることだってあるだろう。この映画がそうなっていないのはどこに違いがあってのことなのだろう?

監督はアンディ・ムスキエティ。僕の全然知らない監督だ(もっとも、僕は外国人の監督をほとんど知らないのだ)が、ギレルモ・デル・トロが製作総指揮を務めた『MAMA』で長編デビューした、アルゼンチン生まれの人だとか。

そう言われるとそういう流れを感じる。そして、ムスキエティ自身が子供の頃からスティーヴン・キングの大ファンなのだそうで、そういう流れも感じる。

Continue reading "映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, November 16, 2017

『伊藤くん A to E』マスコミ試写会

【11月16日特記】 映画『伊藤くん A to E』のマスコミ試写会に行ってきた。同じタイトルでやっていた深夜ドラマの続編ではない。再編集でもスピンオフでもない。基本的に同じ話なのだが、描き方が違うのである。

例えばテレビドラマのほうでは伊藤くんが一体どんな顔をしているのかをほとんど最後まで隠して引っ張って行ったが、映画のほうでは冒頭のシーンから岡田将生扮する伊藤くんが痛男ぶり全開で登場する。

同じ台詞を言っているシーンでも、テレビのときとは明らかにアングルが違う。多分台詞も微妙に違うのだと思う。使い回しのシーンも少しあるのかもしれないが、新撮が相当の割合を占めている。

かつて『東京ドールハウス』という番組で一躍名を売ったがここのところ全然書けないでいる脚本家・矢崎莉桜(木村文乃)の講演イベントで、恋愛相談に応募してきた4人のダメ女がいる。これを仮にA, B, C, D と置いている。

A は都合の良い女、B は自己防衛女、C は愛されたい女、D はヘビー級処女で、それぞれ佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆が演じている(では、タイトルにある E は誰かと言えば、テレビドラマを観ていた人は知っているが、そうでない人は映画を観てのお楽しみである)。

莉桜がその彼女たちを題材にドラマの脚本を書き始めたところ、なんとその4人ともが伊藤(岡田将生)というとんでもない男と付き合っていることが分かる。

テレビのほうでは伊藤の正体を明かさないために、莉桜が自分の身の周りから「伊藤は多分こんな奴だろう」と想像する男を選んで(かつての恋人でテレビ局のディレクター田村=田中圭や、後輩で売れっ子の脚本家クズケン=中村倫也)、その役者が仮に伊藤くんを演ずるという手の込んだ演出になっていた。

そして、伊藤くんに女たちが翻弄される場面で、実際に莉桜が横に立っていて毒を吐く(つまり、これは脚本を書いている作家の心象風景なのだが)という構成になっていた。

Continue reading "『伊藤くん A to E』マスコミ試写会"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『鋼の錬金術師』マスコミ試写会

【某月某日特記】 映画『鋼の錬金術師』マスコミ試写会に行ってきた。『ピンポン』の曽利文彦監督による実写版だ。

見終わって一番強く感じたのは、原作の長く複雑な話をよくこれだけコンパクトにまとめたな、ということ。

長い原作を2時間の映画にするとなると、映画を作る側にとっては、何かを削って削ったところをうまく繋ぎ合わせる必要があるのは当然のことだ。だから、僕みたいに最初から「どこを切り取ってどう繋げてくるかな」と思いながら観る人もいるが、一方でそんなことを全く考えずに見に来る客もいる。

そういうタイプの原作ファンに対してちょっと削り方、繋ぎ方を間違うと、猛烈な幻滅感を与えてしまって、そうなるともう映画はヒットの見込みがない。

そういう意味ではこの脚本は非常に良かった。原作(と言っても僕が知っているのはテレビアニメのほうだが)のエピソードを忠実に拾いながら、無理に歪めることなく非常に巧く繋いでいる。

むしろアニメの時よりも整理されて分かりやすくなっている。実写版で初めて観る人もいることを考えるとこれは非常に大事なことだ。

Continue reading "『鋼の錬金術師』マスコミ試写会"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, November 11, 2017

映画『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』

【11月11日特記】 映画『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』を観てきた。

別に貶すわけでもないのだけれど、滝田洋二郎監督って『おくりびと』以来なーんか大御所になっちゃって、なーんかなあ、と思っている人は僕だけではあるまいと思う。

これもオーソドックスなドラマだ。ただ、あまりにできすぎた話なので少し引く面はある。できすぎているが故の「作り物」感である。

ストーリーは政府の命を受けて旧・満州国で世界に冠たる伝説のレシピ「大日本帝国食菜全席」を作った山形直太朗(西島秀俊)の話と、その失われたレシピを求めて中国と日本の各地を訪ね歩く「麒麟の舌を持つ(一度食べた味は決して忘れない)男」佐々木充(二宮和也)の話が、時代を切り替えながら並行して走る。

この構成の面白いところは、1930年台の話は全て充が誰かから話を聞いている場面に嵌め込まれていること。従って話を聞いている充の表情がしばしばインサートされる。役者としては却々難しいところを担わされたわけだが、二宮は悪くない芝居をしていた。

ただ、話の作り方として、軍部は別に山形に全ての真実を知らしめる必要はなかったと思うし、現代の充を巡る話の部分でもそんなに手の込んだことをする必要があるか?と思う以前に、だいいち不自然だと思う。

Continue reading "映画『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, October 29, 2017

映画『先生! …好きになってもいいですか?』(再)

【10月29日特記】 映画『先生! …好きになってもいいですか?』を観てきた。随分前にマスコミ試写会で観たのだが、いざ公開されるとどうしてももう一度観たくなった。

2度観るといろんなことが解る。

台詞の繋がりと画の繋がり。ああ、その台詞は後のこの場面に続くのか、ああ、そこにそんなカットが入っていたのか!

Continue reading "映画『先生! …好きになってもいいですか?』(再)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, October 28, 2017

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』

【10月28日特記】 映画『彼女がその名を知らない鳥たち』を観てきた。予告編にも魅かれたのだが、白石和彌監督だと知って観ようと決めた。

原作は先日見た『ユリゴコロ』と同じく沼田まほかる。この人は今流行りの“イヤミス”のジャンルに収まる作家のようだが、この映画の後口は悪くない。脚本は浅野妙子だ。

建築会社で働いている佐野陣治(阿部サダヲ)は北原十和子(蒼井優)にぞっこん惚れている。でも、まだ陣治は十和子の“同居人”でしかない。ともかく見た目が汚らしく甲斐性もなく、下品で落ち着きがなくガサツ極まりない陣治のことを十和子は毛嫌いしている。

なのに一緒に暮らしているのは陣治の稼いできた金で遊んで暮らすためだ。そして、夜は陣治にマッサージさせる。催してくるとそのまま陣治をベッドに誘うが、陣治はただ手で弄ばせてもらえるだけで、入れさせてもらえない。

それでも陣治はどこまでも献身的で、一途に十和子のことを愛している。パンフレットには陣治のことを「共感度0%、不快度100%の登場人物」と書いてあったが、原作ではそうだったのだろうか?

僕が観る限り決してそんなことはなかった。十和子を想う純粋な気持ちは痛いほど伝わってきた。ただ、この中年特有の薄汚さ、学のなさそうな感じ、落ち着きのない性格、まとわりつく鬱陶しさなどを見ていると、そりゃあ大抵の女性には嫌われるだろうと納得はしてしまう。

十和子は一方でそんな陣治を毛嫌いしながら、他方では陣治に甘え放題で、仕事もせず、時々モンスター・クレイマーまがいの行動を繰り返しながら空疎な毎日を暮らしている。

Continue reading "映画『彼女がその名を知らない鳥たち』"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, October 22, 2017

映画『斉木楠雄のΨ難』

【10月22日特記】 映画『斉木楠雄のΨ難』を観てきた。福田雄一監督。

例によって原作は読んだこともないのだが「週刊少年ジャンプ」連載の人気漫画らしい。道理で映画館は中高生、及び小学生+保護者でいっぱい。大人同士の観客はどうやら福田組のファンのようだ。

僕は迂闊にも、最初このタイトルを見た時に斉木楠雄が Psychics のもじりだと気がつかなかった。そう気がついて見てみると、照橋さんとか燃堂力とか蝶野雨緑とか、それっぽい名前の登場人物が続出する。

そんな名前よく考えついたな、と感心するようなネーミングだ。だいいち「災難」を「Ψ難」なんて書くセンスがすごい。

ほとんど全能とも言える超能力を持ったがために、逆にその特異性に悩み、なんとか平穏無事な高校生活を送りたいと悩む斉木楠雄(山﨑賢人)が意に反して巻き起こすトラブルを描いたコメディである。

ひとことで言ってばかばかしい。いや、一から十までばかばかしい限りで、そのひと言以外で言い表せない映画だ(笑)

Continue reading "映画『斉木楠雄のΨ難』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, October 21, 2017

映画『ミックス。』

【10月21日特記】 映画『ミックス。』を観てきた。僕は映画を観る時は7割方監督で決めているが、今回はそうではなく単純に予告編を見て面白そうだったから。ちなみに監督は石川淳一。

で、後から気づいたのだが、脚本を書いたのは、前にも書いた「僕と相性の悪いほうの古沢」である古沢良太だ。

でも、今回は何の屈託もなく、世の中に大ヒット原作もの/続編/リメイクばかりがはびこる中、本当に見事なオリジナル作品だったと言える。これを以てこの人の脚本に対する苦手意識が拭えそうな気がする。

弱小チームが一念発起して活躍するスポーツものには、いくつかキャラクター設定の型がある。

まずは、事情があって一度辞めてしまい今は忘れられている伝説的な名選手。そして、この競技では初心者だがスポーツ選手としては能力の高い他競技からの転向者。運動を理屈で捉え科学的に実践して行く理論家タイプ。そして、そういう設定が許されるのであれば外国人。そこに訳アリの名コーチ。

ざっとそんなところである。

今回もそのうちの幾つかの設定を使っている。まず、主人公の冨田多満子(新垣結衣)が元天才卓球少女。多満子とミックスを組む萩原(瑛太)は元全日本2位のプロボクサーである。

で、この映画のミソは単なるスポーツものではなく、パンフレットによると「ロマンティック・コメディ」であるところである。

Continue reading "映画『ミックス。』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, October 15, 2017

映画『恋と嘘』

【10月15日特記】 映画『恋と嘘』を観てきた。

『あゝ、荒野』とどっちにするか迷ったのだが、『あゝ、荒野』は如何にも長い。前後編に分かれていて、しかも前編だけで157分というのは、外した時のリスクが大きい。

もちろん過去には『旅芸人の記録』とか『愛のむきだし』みたいな4時間クラスの映画も観てきたが、それは相当の期待感があってのこと。その点、この『愛と嘘』107分というのは、たとえ外しても痛手が小さい(笑)

で、まあ、そこそこの映画だった。

僕はこの映画の監督の古澤健と脚本家の古沢良太(こっちはフルサワではなくコサワ)がごっちゃになる。後者は僕とは相性の悪い人なので避けている(その割には何本か観ているがw)ので、その巻き添えでごっちゃになった古澤健まで今まで観たことがなかった。

この映画には大きな架空の設定がある。──この時代の日本では、出生率の劇的な低下を食い止めるために、国が国民の結婚相手を決めるのである。政府は国民の遺伝子情報を分析して最適の結婚相手を選び、16歳の誕生日に「政府通知」を送って“パートナー”を知らせて来る。

このパートナーと結婚することは義務ではなく、自由恋愛で結婚しても罰則はないが、国民は意外に政府通知を信頼して、それに従うのが幸せになる道だと信じている。

やや無理がないでもない設定なので、映画のほうも多少非現実感が伴う部分もある。

漫画が原作でTVアニメにもなったらしいが、この映画は原作そのままではなく、原作の登場人物であった仁坂悠介(映画では四谷大輔という役名で、徳井義実が演じている)の姪を主人公とした16年後の物語にしている。そして、原作とは男女を入れ替えて、男2人・女1人の三角関係の物語にしているのだそうだ。

だから、これは脚本家・吉田恵里香のオリジナルに近い物語である。

Continue reading "映画『恋と嘘』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧