Wednesday, April 17, 2019

読めぬ皿、読めぬ箱

【4月17日 記】 一昨々日と昨日の記事の続きである。まあ、もう書かなくても良いのかもしれないが…。

ハードディスクからムーブした BD-R DL が読めないので、ネット上のマニュアルに従ってリセットをかけてみた。が、結果は同じ。あえなく「このディスクは使えません」との表示。

コンセントの抜き差しも効果なし。

そして、それよりもショックだったのは、2013年に買ったと思っていたこの機器だが、自分で買った製品を登録してある MY SONY のページを見ると、なんと 2008年に購入したものだった、ということだった。

» Continue reading

| | Comments (0)

Tuesday, April 16, 2019

読める箱、読めぬ箱

【4月16日 記】 一昨日の記事の続きである。

読めなくなった BD-R DL を何枚か会社に持って行って、同僚が使っているブルーレイのプレイヤにかけてみたらどれも問題なく読めた。

これで原因の第一次切り分けは終了である。つまり、悪いのはディスクのほうではなく、我が家のレコーダ/プレイヤということになる。

» Continue reading

| | Comments (0)

Sunday, April 14, 2019

読める皿、読めぬ皿

【4月14日 記】 録画しておいた『20世紀少年』を観ようとしたらディスクが読み込めない。僕らはどうしても物として所有したい世代だから、ハードディスクに録画したものでも大切なものはディスクにムーブする傾向が強いのだが、それが仇になった。

僕らが生まれて初めて手にした記録用のディスクである CD が世の中に登場してからすでに35年以上経つが、その間に音声記録用も映像記録用も次々と新しい規格のものが出てきて、特に映像関係は訳がわからなくなってきた気がする。

読めなくなったのは BD-R DL である。

我が家のレコーダは結構古いので BD-R DL が使えるかどうか自信がなかったのだが、もう何年前だろう、試しにハードディスクに録ったものを BD-R DL にダビングしてみたら難なくできたので、てっきり BD-R DL は読めるものだと思っていた。

ところが今回それが読めない。気になったのでレコーダのマニュアルを取り出してみて読んでみると、なんと BD-R DL が使えるとは書かれていない(使えないとも書かれていないが、それはこの機器が発売された時点ではまだ BD-R DL が出てなかったということなのだろう)。

» Continue reading

| | Comments (0)

Friday, April 12, 2019

yappli のお土産

【4月12日 記】 yappli が主催する Mobile Marketing Update に行ってきた(於:東京ミッドタウン)。久しぶりのさとなおさんの講演が目当てだったのだが、面白そうだったのでその後のハヤカワ五味さんと OWNDAYS の田中社長のセッションも聴いてきた。

ただし、今日はその内容について書きたいのではない。

 受付でビニール袋に入ったチラシとアンケート用紙とペット ボトルの水を受け取って会場入り。

Yappli1

 会社に戻ってからビニール袋をひっくり返すと、中からこんなもの ⇒ が出てきた。お土産が入っていたとは気づかなかった。

キーホルダーみたいなものにコードが4本。その先にコネクタが4つ。USB type-A、microUSB、USB type-C、Apple Lightening ──で、合ってるよね?

もちろんこれらがバラバラにぶら下がっているわけではなく、中で繋がっている。これは大変便利ではないか!

» Continue reading

| | Comments (0)

Tuesday, April 09, 2019

映画『岬の兄妹』

【4月9日 記】 映画『岬の兄妹』を観てきた。多くの著名人が激賞している。東京でさえ3館のみ、しかも、1日1回か2回の上映である。一応全国上映とはいえ、こういう映画は東京にいないと観る機会を逸してしまうことが多いだろう。

絶望的にひどい話である。岬の狭苦しい家に兄と妹が住んでいる。トタンと木のボロボロの家だが、中も散らかり放題。外からの光を遮断するためか、中の光を漏らさないためか、窓ガラスには全面ダンボールが貼ってある。

兄は足に障碍があって、引きずって歩く。妹は知的障碍者である(パンフレットには「自閉症」とあるが…)。妹は兄の留守にしょっちゅういなくなる。兄は毎回必死になって探す。いなくならないようにドアに南京錠を掛けたり足を鎖で繋いだりさえする。

兄は勤め先の造船所をクビになって、ポケット・ティッシュにチラシを入れる内職をしているが、1個作って1円では兄妹2人が食べて行けるわけがない。家賃も電気代も払えず、友だちから思ったほどのお金も借りられず、やがて電気も止められて、あまりのひもじさに妹はティッシュを食べる始末。

ついに兄は妹に売春させることを思いつく。いや、映画の冒頭で描かれていたように、妹は知らない男に体を自由にさせて、1万円をもらったことがある。兄はそのことを思い出して、妹を連れて夜の街に出る。妹は元々気持ち良くなることは好きで、抵抗感はない。

だが、そんなに簡単に客は捕まらない。気のありそうな男に必死でしがみつき、やけっぱちのディスカウントをする。ヤクザに捕まって殴られる。親友の警察官にもバレてしまう。しかし、次第に客はつくようになる。そのうちのひとりもまた身体障碍者である。

このどうしようもなく胸塞ぐ設定というかテーマに愕然として物も言えずに見入ってしまうわけだが、それは何よりも映画の完成度が圧倒的に高いからである。この完成度の高さには本当にびっくりしてしまった。

» Continue reading

| | Comments (0)

Sunday, April 07, 2019

映画『麻雀放浪記2020』

【4月7日 記】 映画『麻雀放浪記2020』を観てきた。コカイン使用で逮捕されたピエール瀧が出演していながら東映が公開を決めたことで有名になってしまった。

パンフレットは売り切れだった。まだ上映3日目だし、客の入りもそれほどでもないことを考えると、普段買わない人が買っただけとは思えない。映画を観ることなく転売目当てに買い占めた奴がいるんだろう。常にパンフレットを買う身からしたら甚だ迷惑な事態である。

しかし、これ、ピエール瀧騒動に関係なく、往年の阿佐田哲也の小説や1984年の和田誠監督・真田広之主演の映画のファンが見たら怒る人が出てくると思う。これ、阿佐田哲也に対する冒涜だと言われたら、却々反論できまい(笑)

僕もてっきり 1984年版のリメイクだと思って観に行った。いや、確かに坊や哲(斎藤工)もドサ健(的場浩司)も女衒の達(堀内正美)も出目徳(小松政夫)も出てくる。84年版ではそれぞれ真田広之、鹿賀丈史、加藤健一、高品格が演じた雀士だ。

だが、なんと、これがタイムスリップもので、坊や哲が九蓮宝燈を和がった瞬間に落雷に遭って2020年の浅草に飛ばされるという話。それだけではなくて、日本は東京オリンピックを直前に控えて戦争に突入しあっさり敗戦してオリンピックも中止が決まった直後という想定である。

それにしても、この時代には国民全員の額にマイナンバーのチップが埋め込まれているとか、みんながグーグル・グラスみたいなものを掛けていたり、セグウェイみたいなものに乗っていたりと、いくらなんでも飛びすぎの設定である。だって、来年でしょ?

» Continue reading

| | Comments (0)

Friday, April 05, 2019

令和レモンのレ

【4月4日 記】 新元号が発表されるとすぐに「令和の令は命令の令だから良くない。安倍の意図もそこに見え隠れしている」みたいなことを言い出す人が出てきましたが、それはあまりに一面的かな、と思います。

ちなみに僕は自民党支持者ではないし、ましてや安倍首相の信奉者でもないことを最初に断っておきますね。

一つひとつの漢字にはいろんな意味があります。それを「令は命令の令」みたいに限定してしまうのはどうかと思うのです。そんなことを言い始めると「平成の平は平凡の平だから良くない」などとも言えるわけで、そんなことで(固有)名詞が糾弾され始めると収拾がつかなくなります。

例えば「命令の令では感じが悪いから、今日から法令という用語は一切使わず、全部法律と呼びましょう」みたいなことになりませんか?

あるいは、例えば、新元号が令和じゃなくて命和だったらどうでしょう?

「命和の命は命令の命だから良くない」と同じように言う人ももちろんいるかもしれません。しかし、「命」という字からは「命令」よりも「いのち」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか? つまり、「命和の命は命令の命だから良くない」という人は令和の場合よりは減るのではないでしょうか?

ともに「命令」という熟語の一部であり、ともに同じような意味も持っている漢字でありながら、それくらいの差は出てくるものなのです。

» Continue reading

| | Comments (0)

Thursday, April 04, 2019

『ハロー・ワールド』藤井太洋(書評)

【4月4日 記】 僕にとっては全然知らない作家の全然知らない作品だったのだが、シミルボンの書評が目に入って、それがとても面白そうだったので読んでみることにしたら、これがまた期待以上に面白くてぶっ飛んでしまった。

ものすごく乱暴にカテゴライズしてしまうと、これは IT小説ということになるんだろうか? しかし、IT小説というネーミングから思い浮かべるのは、単に IT の専門知識を設定やストーリーに巧く組み込んだ小説である。

ところが、この小説の場合はそれだけではない。いや、むしろ面白いのはそこではないのだ。登場人物が誰も彼もとても魅力的なのだ。

主人公の文椎(ふづい)はバリバリのエンジニアではない。彼自身の表現を借りると、

そもそも僕に専門的な知識はない。ちょっとしたプログラミングとチームの管理、それにプロモーションや文書書きなどもやる何でも屋だ。

ということになる。ただし、彼は企業に属して(一応属してはいるのだが)与えられた仕事を淡々とやる人間ではない。会社の中では何でも屋として世界中を飛び回りながら、自身の人的ネットワークを通じていろんなことに手を出す。

そして、何よりも彼は正義感が強い。いや、反骨精神があると言ったほうが良いか。権力者が弱者の権利を奪って好き勝手するのを黙って見ていられない。そういうわけで彼は日本でも外国でも、意図せずにいろんな国の当局を敵に回してしまい、とんでもない厄介事に巻き込まれる。

それに対して彼は命がけで立ち向かう、わけではない。彼はそんなタフ・ガイ・タイプではないのである。自分の弱さは充分知っている。死ぬぐらいなら志は捨てる。しかし、彼の面白いところは、そこでただ黙ってすごすごと引き下がるのではなく、ほんのちょっとでも良いから“一泡吹かせてやろう”とするところである。

そこが読者にとって痛快なのである。

» Continue reading

| | Comments (0)

Wednesday, April 03, 2019

『ブロックチェーン』岡嶋裕史(書評)

【4月3日 記】 昨今注目度が高まっているネット上の新技術“ブロックチェーン”の解説書なのだが、あまりに解りやすくて驚いた。前に読んだブロックチェーンの本を棄てたくなったくらいだ。

いや、解りやすいと言っても、モノがモノだけに、幼児向けの絵本を読むように頭に入ってくるものではなく、少なくとも高校の教科書よりは難しいと考えておいたほうが良いだろう。でも、その難しい概念を極力分かりやすくとっつきやすい方法で解説してあるのは確かである。

僕なりにこの本の長所を並べると、

» Continue reading

| | Comments (0)

Tuesday, April 02, 2019

新カテゴリ

【4月1日 記】 ショーケンの記事を書いて、ふと気がつくとこのブログにも少なからぬ追悼記事を書いてきたなあと思った。ほとんどがミュージシャン、あるいは音楽関係者である。

調べてみたら、追悼という意味合いがそれほど強くないものも含めて、12人の訃報に接して書いた 14の文章があった。順を追って行くと、宮川泰、阿久悠、遠藤実、三木たかし、加藤和彦、藤圭子、岩谷時子、かしぶち哲郎、大瀧詠一、かまやつひろし、森田童子、そして一昨日アップした萩原健一だ。

人は死ぬ。そして、その死んだ人の中には一度も会ったことがない僕が何かを書きたくなるような人が時々混じっている。だから今後も、ポツポツとこんな記事を書き続けるのだろうなと思った。

» Continue reading

| | Comments (0)

Monday, April 01, 2019

はてしないトイレ談義の編集

【3月30日 記】 このブログには「はてしないトイレ談義」シリーズというウェブページを掲載している。これは2003年の1月以来、何回にもわたって僕のホームページとブログの両方に書き散らしてきたものをここにまとめたものだ。

前にも書いたように ALiS というところに記事を上げるようになって、そこでこのシリーズを復活してみることにした。

で、そう思って読み返すと何とも冗漫ではないか。結局、かなりの部分を削って7篇に再編集して ALiS に順次掲載して行った。

» Continue reading

| | Comments (0)

Sunday, March 31, 2019

故・萩原健一さんに

【3月31日 記】 3月26日に萩原健一が亡くなっていた。近親者で葬儀を執り行ったあと発表された。

世代によってザ・テンプターズだったり、『太陽にほえろ!』だったり、『傷だらけの天使』だったり、『前略おふくろさん』だったりするのだろうけれど、僕が一番語りたいのは PYG である。

隆盛を極めたグループサウンズ(GS)ブームが下火になり、その3大バンドから2人ずつ実力のあるメンバーが結集したのが PYG だった(実は他にもうひとりメンバーがいたようだが)。

音楽と流行の間でどことなくインチキ臭い位置づけだった GS から、漸く本物の音楽をやるグループが生まれた、と僕は熱狂した。

» Continue reading

| | Comments (0)

«映画『美人が婚活してみたら』