Monday, July 16, 2018

Play Log File on my Walkman #125

【7月16日 記】 気まぐれに公開している僕の Network Walkman のプレイログ。前回は半年ほど間が空いてしまったが、1ヶ月か2ヶ月に1回ぐらいは掲載したいと思う。今回も10曲

  1. 彼女(佐野元春)
  2. 声に出して歌いたい日本文学(桑田佳祐)
  3. 小樽のひとよ(鶴岡雅義と東京ロマンチカ)
  4. Lonely Hearts(加藤ミリヤ Feat. 仲宗根泉)
  5. さよならいとしの BABY BLUES(安藤秀樹)
  6. 嫁に来ないか(新沼謙治)
  7. 夜は静か 通り静か(はちみつぱい)
  8. ほんきかしら(島倉千代子)
  9. パパのベイビー(JiLL-Decoy association)
  10. NAMInoYUKUSAKI for SPEC[丙](THE RICECOOKERS)

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, July 15, 2018

映画『猫は抱くもの』

【7月15日 記】 映画『猫は抱くもの』を観てきた。犬童一心監督の単独演出作品を見るのはなんと2005年の『メゾン・ド・ヒミコ』以来13年ぶりである。

今回は犬童一心監督というだけで決めたので予備知識はほとんどないまま見に行ったのだが、始まったらなんとも奇妙な映画である。

人が猫の役をやっている。アニメでも着ぐるみでもない。人が人の服を着たまま人の言葉で猫を演じている。もちろん終始それでは観客に対して猫であることが分からないので、時々本物の猫になったりもするが、概ね人が猫である。

で、猫に扮した人が猫の世界を描く(例えばミュージカル『CATS』みたいに)のであれば珍しくないが、ここでは猫と人間の両方が登場して、両方の世界が描かれる。画面の中ではどちらも人間の格好をしているが、一方は猫である。

猫と人間が人間の言葉で会話をする。が、人の言葉は猫に通じるが、猫の言葉は人には通じない。しかし、飼い猫にありがちな傾向として、一部の猫は自分が人間だと信じており、言葉も通じていると思っている。猫と猫の間ではもちろん会話は成立する。

この不思議な構造をよく考えたなと思う。原作は不思議な猫小説の名作として評価が高いのだそうだが、人の格好をした人に猫を演じさせたことによって、この設定はなおさら不思議なものになった。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, July 14, 2018

映画『焼肉ドラゴン』

【7月14日 記】 映画『焼肉ドラゴン』を観てきた。そもそもは鄭義信が書いた舞台で、数々の賞を獲ったらしいのだが、僕は知らなかった。今回はそれを鄭義信自身が初監督で映画化した。

演劇として、映画として、なにか新しい仕掛けがあるわけではない。1970年の大阪万博前後の在日の一家を描いた作品で、もちろん在日的なテーマは山盛りに入っているのだが、もう、なんかそういう括りをしても仕方がないような気にさせるドラマだ。

「人間ドラマ」という表現を、昔から僕はどうも奇異に感じていて、「人間が出ないドラマなんてあるのか?」「人間ドラマでないドラマって一体何?」と思うのだが、今回の映画はその逆で、人間が単位であることは間違いないのだが、人間が最小不可分な単位なのであって、日本人とか韓国人とか在日とか言っても仕方がないという意味での「人間ドラマ」であるように感じた。

日本に徴用された戦争で片腕をなくし、故国へ帰るチャンスも失った龍吉(キム・サンホ)と韓国から難を逃れて日本にたどり着いた英順(イ・ジョンウン)。お互いに子連れで再婚した2人は、伊丹空港近くのバラックで焼肉屋をやりながら暮らしている。

夫婦には4人の子がいる。長女の静花(真木よう子)は美人でしっかり者だが、少女時代に負った怪我で片足が不自由で、そのことを負い目に感じている。静花の幼馴染でずっと静花に思いを寄せてきた哲男(大泉洋)からの求婚も袖にしてしまう。

哲男はその思いを断ち切れないまま、静花の妹で、直情的で奔放な梨花(井上真央)と結婚する。三女の美花(桜庭みなみ)はプロ歌手を目指しており、彼女が舞台に立っているキャバレーのボーイで、既婚者の長谷川(大谷亮平)とつきあっている。

そして、唯一龍吉と英順の間に生まれた時生(大江晋平)は、名門の私立中学に通っているが、朝鮮人であることから学校でいじめられ、半ば不登校になり、口もきけなくなってしまっていた。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, July 12, 2018

twitter の変成

【7月12日 記】 iPhone の日本発売からちょうど10年経った昨日、博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所の「メディア生活フォーラム2018」を聴講してきました。

今回のキーワードは「情報引き寄せ」で、情報が溢れてカオス状態になってしまった今、生活者はもはや“都度検索”などせずに、情報を“引き寄せる”ようになったと言うのです。

スマホ・ネイティブ世代の新しい情報行動は2つあって、ひとつは「とりあえず“ためる”」、もうひとつは「自然に“たまるようにする”」とのこと。

その中で一番驚いたのは、twitter で気になるつぶやきを見つけたら、保存のためにリツートをするという人がいることでした。

僕らが twitter を始めた2009年ごろのリツイートは「自分はこんなに共感した。これをみんなに伝えて共有しよう」というものでした。でも、今の若いユーザは単に自分のメモとして使っているのだそうです。

“他社への共感”から“自分の有益”に。──ソーシャル・メディアはもはや僕らオールド・ユーザが知っているようなコミュニケーションのツールではなく、個人のための便利ツールなっていたのです。

そして彼らは Netflix や Amazon の 「アルゴリズムに任せて」(と、インタビューを受けた若い男性は表現していた)レコメンドされたものを順番に観ているだけで「事足りている」と言いました。

別の若い女性は、「次に何を観るかいちいち探したくない。迷わず観たいから」「次に見るものがなくなるのはプレッシャー」と言っていました。

それも個人的にはよく解りません。僕は次にやるべきことが控えている状態が大嫌いで、「ああ、今日は何もすることがない。何をしようか」と思う幸せを得るために生きているようなものです。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, July 09, 2018

映画『ルームロンダリング』

【7月9日 記】 映画『ルームロンダリング』を観てきた。

そもそもは、崔洋一、廣木隆一、豊田利晃、中村義洋監督らの下で助監督を務めてきた片桐健滋が企画を考え、それを旧知の脚本家・梅本竜矢に相談したところ、梅本がそれを TSUTAYA CREATOR'S PROGRAM FILM 2015(TCP)に応募したのだそうだ。

その企画書が準グランプリに選ばれ、晴れて片桐自らの初演出、梅本との共同脚本で映画化したのがこの作品である。ちなみに、その時のグランプリが『嘘を愛する女』だ。

事故物件の不動産に住んでマネー・ロンダリングならぬルーム・ロンダリングをする若い女性がいたら──という、ほぼジャスト・ワン・アイデアから成立している企画である。

御子(池田エライザ)は“コミュ障”気味の霊感女子である。その御子を使ってルームロンダリングしている不動産屋が、どうやら御子の親戚らしい(終盤で正確な関係が明かされる)悟郎(オダギリジョー)である。

それぞれの事故物件に、自殺したパンクロッカー(渋川清彦)や殺されたコスプレOL(光宗薫)らが化けて出てくる。

一方で隣室には幽霊なんか全く見えないコンビニ勤務の亜樹人(健太郎、画面のクレジットは健太郎だったが、パンフでは伊藤健太郎だった)が住んでいたり、如何にも悪そうなブローカー(田口トモロヲ)がいて悟郎に何かと悪事を持ちかけるなど、それなりに面白い配置にしてある。

霊が見えるからこそ霊が怖くない、霊が見えるから霊がなついてくる、という、その辺りまでの設定は非常に巧いと言える。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, July 08, 2018

映画『虹色デイズ』

【7月8日 記】 映画『虹色デイズ』を観てきた。

ここ数年、ちょっと食傷気味の漫画原作による青春恋愛ドラマだが、敬愛して已まない飯塚健監督の作品である。観ないわけには行かない。そして、期待を裏切らず、これは良かった。

年寄りの映画評論家が何と言うかは知らないが、中高生・大学生に是非観てほしい。そして、他の青春ドラマとどこが違っていたか、見終わった後で思い出してほしい。

キュンと来た台詞は何か?だけではない。ストーリーの進行には全く関係がないのだけれど、如何にもリアリティのある台詞はどの台詞だったか?

飯塚健監督得意の長回しに気づいたか? 長く回せば良いというものではない。その時、役者は止まっていたのか、動いていたのか?(あるいは役者が入れ替わることもある) 逆にカメラは止まっていたのか動いていたのか?

いや、派手な長回しだけではない。走るところ、逃げるところ、遠くから見ているところ──それぞれのシーンでカメラがどんな撮り方をしているかを感じてほしい。

若い人たちに是非ともそういうところをじっくりと観てほしいのである。

脚本は飯塚監督と根津理香。この男女の組合せで脚本を作ったことが大成功だったと思う。男には却々書けないシーン(たとえばハンドクリーム)、女には想像のつきにくいシーン(逆にこっちはどれがそれか僕には分からない)がたくさんあったのではないだろうか。

原作は少女漫画であるにもかかわらず男子4人を主人公にしたことで大ヒットし、“男子の本音がわかっちゃう No.1青春コミック”と言われたらしい。

冒頭からとても印象的な画だ。学校の、他に誰もいないプールに、制服のまま入って浮かんでいる男子4人。これは何だろう?と興味を引くオープニングだ。最初は水面付近にいたカメラが上からの画に切り替わると、夏の強い日差しに照らされて、4人の影がプールの底に、ゆらゆらと揺れながら黒々と映っている。

それから、時間は少し戻って、順番にプールに飛び込む男子のスローモーション。あれ? でも、3人の画しかないのは何故だ? ──それはもう一度時系列の中でこのシーンが出てきた時に判る。

この辺の作りは巧い。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, July 07, 2018

『フェスティバル・エクスプレス』

【7月7日 記】 会社で隣の席に座っている同僚が貸してくれた Blu-ray Disc なのだが、僕はこんなコンサート・ツアー(と言うか、まさに“フェスティバル”なのだが)が開かれたという事実さえ知らなかったし、それがこんな記録映画になっていたことももちろん知らなかった。

時は 1970 年(ビートルズが解散した年だ)。

通常ロックのフェスティバルなどと言うと、例えばウッドストックみたいに、大きな野外の会場を借りて、そこに人気バンドが結集して、全国から何万人の観客を動員するというものだ。

ところが、これは逆で、ザ・バンドやジャニス・ジョプリンやグレイトフル・デッドや、あとは僕があまりよく知らない多くの人気バンドのメンバーが、チャーターした列車に乗り込んで何日もかけてカナダの東から西へと横断の旅をし、時々下車して演奏をするというものだ。

その模様が、コンサートの企画運営者と、出演したバンドのメンバーたちのインタビューを交えながら、描かれている。

ツアーのほうは、最初の街(トロントだったか)で、入場券を買っていない2000人の若者たちがただで入場させろと言って警官隊と衝突する騒ぎ(この時代特有の反体制・反権力的な、しかし、やみくもなムーブメントである)になり、打開策として本番とは別にフリー・コンサートを開催するなどしたので、いきなり赤字間違いなしみたいな感じで始まった。

でも、主催者はそれでも列車を止めなかった。そして、その列車の中で、北米を代表する一流ミュージシャンたちの交流が途切れることなく続いた。最後のコンサートの夜に、ジャニスがわざわざ主催運営の2人を壇上に呼んで感謝の意を伝えたところにも、彼らの高揚感が表れている。

改めてこの時代のロックを聴いて、ひとつひとつの曲が今のロックのイメージではなく、むしろ王道的なカントリーであったりブルーズであったりフォークであったりするところに驚く。12小節のブルース・コード進行に則った曲の多いこと!

ブルーズにリズムがくっついてリズム&ブルーズになり、そのリズムが揺れたり転がったりしてロックンロールになったというのが一般的な流れだと思うのだが、グレイトフル・デッドやバンドはやっぱりカントリーの流れをしっかり汲んでいる。

そして、ジャニス・ジョプリンは今聴くと完全にソウルである。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, July 06, 2018

『英会話 ウケる例文練習帳』デビッド・セイン、近藤 祐次(書評)

【7月6日 記】 デビッド・セインの本は何冊か読んでおり、この本も安心して手に取った(いや、正確に言うと、この電子書籍も安心してポチッとしたw)。

この本の良いところは、日本人なら誰もこれがイディオムだとは認識していない用例を集めたところである。

無論読めば凡その意味は解るのだけれど、ああ、なるほど、そういうニュアンスなのか、そういう時に使うのか、ひとまとまりの表現として憶えておけば便利なのか、という日常的な表現を集めてあるところである。

例えば、Don't ... me, I'll という表現。

Don't ask me, I'll just get answer wrong.

という英文を見て訳せと言われれば、大体のところは訳せる。しかし、逆に「私に訊かないで、きっと間違うから」という訳文を見せられて、これを英語にしろと言われると、並の日本人なら、

If you ask me, I think I will make a mistake. So don't ask me.

みたいなとても冗漫な表現になりかねない。しかし、「もしもあなたが私に訊いたら」をすっ飛ばすと、こんなにもスピード感のある英語になるのだ。

そういうことを僕らは憶えておきたい。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, July 05, 2018

時代

【7月5日 記】 義母が来た。妻と3人で家で夕食した。妻と2人で後片付けをしていると、義母はびっくり仰天、「あんたの旦那さんはいつもこうやってお勝手のお手伝いしてくれるの!? 良い旦那さんだわね」などと。

僕が「お義母さん、それは単に時代が違うんですよ」と言うと、義母はなるほどという感じで頷いていたが、僕としては深い考察もなく全てを時代のせいにしていまうという、自分としては普段は意識して避けている論理展開をしている。

ま、面倒くさいし、義母と議論をしようという気もないので、それで良いと割り切って言ったのではあるが。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, July 04, 2018

辞書を引く

【7月4日 記】 ことばの意味を間違って憶えて使っていた、というようなことは多かれ少なかれ誰でもあるだろう。

そして、正しい意味を知ったときに、「そうだったのか。じゃあ、これからは正しい意味で使おう」と素直に思えるものと、「えー、その言葉そんな意味で使うのか」と納得が行かないものがある。

例えば「あざとい」は辞書を引くと「あくどい」という意味が出てくる。でも、この言葉は「こざかしい」という意味で使う人のほうが多いのではないか? あるいは「わざとらしい」という意味で使っている人もいる。

でも、「あざとい」の意味として、「あくどい」は大抵の辞書が載せているが、「こざかしい」はまれに載せていない辞書がある。そして、「わざとらしい」と説明している辞書は、少なくとも僕は見たことがない。

僕は初めて辞書を引いたときに、「んー、『あくどい』はなんか違う」と釈然としない気持ちになった。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, July 02, 2018

映画『わたしに✕✕しなさい』

【7月2日 記】 映画『わたしに✕✕しなさい』を見てきた。TV版と同じく監督は山本透、脚本は北川亜矢子と山本透の共同。

僕は山本透監督の作品を見たことはなかったが、TV版の『✕しな』が始まったときに、その名前に記憶があった。それは僕が普段から自分の映画鑑賞記録に助監督の欄を設けているからだ。

自作のデータベースでクエリをかけてみると、平山秀幸、中村義洋、山崎貴、市井昌秀ら、僕が観た6人の監督の7作品で助監督としてクレジットされている。監督の並びを見ると、多分この人も僕好みの人ではないかなと思った。

そして、北川亜矢子も同じく深夜ドラマの『女くどき飯』で知っていた、と言うか、twitter で思わず「これからは悦吏子ではなく亜矢子の時代だ!」とつぶやいてしまうほど惚れ込んだ脚本家である。

だから、TV版は全部観た。他愛ない青春コメディという感じの作品で、そこそこ楽しんだ。

とは言え、ここからこの話をどう発展させて映画にするんだ?というのが、僕が最初に思ったことだった。

しかし、予想に反して、劇場に足を運んでみると映画版はTV版とは全然繋がらない作品だった。登場する人物は全く同じ、舞台や人物などの設定もほぼ同じ。でも、映画はTV版の前日譚でも後日譚でもなく、重ならない違う話なのだ。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, July 01, 2018

映画『パンク侍、斬られて候』

【7月1日 記】 映画『パンク侍、斬られて候』を見てきた。町田康の原作はとても有名な小説だが、残念ながら僕は読んでいない。でも、監督が石井岳龍、脚本が宮藤官九郎となると、もうそれだけで期待が膨らんでくる。

加えてこのキャストである。

主人公の浪人・掛十之進に綾野剛。十之進が抱えられる黒和藩の正論しか言わない藩主に東出昌大。黒和藩の超気弱な家臣に近藤公園。同じくゆとり世代みたいな家臣に染谷将太。十之進に差し向けられた刺客に村上淳。

黒和藩と一戦を交える新興宗教の教祖・茶山に浅野忠信。黒和藩に雇われた超能力者の馬方に若葉竜也。黒和藩の密偵に渋川清彦。

──ここまで見ただけでも、よくまあこんな曲者ばかり揃えたな、という布陣である。役柄が役柄だからそれで良いのであるが、壮観としか言いようがない。

彼らに加えて紅一点で北川景子が入り、これは茶山の身の回りの世話をしている女の役。さらに、黒和藩で対立する2大派閥を率いる筆頭家老に豊川悦司、次席家老に國村隼と実力のある役者で脇を固めて、これでもう万全である。

で、それで終わりかと思ったら猿が出てくる。この猿が出てきたときに、この喋り方は聞き覚えがあるし、この声はこの映画のナレーターでもあることはすぐに気がついたが、何しろ猿の特殊メイクをしているので誰だか分からない。

エンディングで名前を見て大喜びしたのは僕だけではないだろう。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«『ふたたびの微分・積分』永野裕之(書評)