Friday, February 03, 2023

「キネマ旬報」2月下旬号(1)

【2月3日 追記】 今日発売の『キネマ旬報』2月下旬号を入手したので、今年も年末に書いた「『キネマ旬報』ベストテンの20位以内に入ってほしい邦画10本」とつきあわせてみる。

まず、2022年のキネ旬ベストテンの 1位から 20位は下記のとおりである:

  1. ケイコ 目を澄ませて
  2. ある男
  3. 夜明けまでバス停で
  4. こちらあみ子
  5. 冬薔薇
  6. 土を喰らう十二ヵ月
  7. ハケンアニメ!
  8. PLAN75
  9. さがす
  10. 千夜、一夜
  11. 犬王
  12. 夜を走る
  13. マイスモールランド
  14. やまぶき
  15. 流浪の月
  16. あちらにいる鬼
  17. 麻希のいる世界
  18. さかなのこ
  19. 夕方のおともだち
  20. 窓辺にて

今年は同点同順が多い。

僕が観ていないのは、4)、6)の『PLAN75』、12)、13)、14)の『やまぶき』、17)、19)。

そのうち 4)と 6)『PLAN75』、13) は良い評判も聞いていたのだけれど観ていない作品。17)は久しぶりの塩田明彦作品で観たかったのだが見逃した。それ以外は「何でしたっけ、それ?」という感じ。

いずれにしても他の映画賞ではカバーしきれないようなマイナーな作品がしっかりと評価されているのがキネ旬の特徴であり、素晴らしいところであると僕は思っている。

ちなみに 1位に選ばれた『ケイコ 目を澄ませて』は、僕は今年になってから観たので、去年選んだ「『キネマ旬報』ベストテンの20位以内に入ってほしい邦画10本」には当然含まれていない(もしも去年の内に観ていたらどうだったか?と言われても、それは分からないし、そんなことは考えない)。

» Continue reading

| | Comments (0)

Wednesday, February 01, 2023

キネマ旬報ベストテン発表&表彰式

【2月1日 記】 2022年公開映画に対する僕の「『キネマ旬報ベストテン』の20位以内に入ってほしい邦画10本」とキネマ旬報ベストテンの選考結果についての総括記事は、例年通り『キネマ旬報』2月下旬号を実際に手にして、全投票結果が載っている採点表をチェックしてからにするが、今日の「発表&表彰式」の無料配信を観てしまったので、先に少し書いておきたい。

まず、授賞式の模様がライブ配信され、それを自宅のテレビの大型画面で見られる時代が来たことを本当に嬉しいと思う。

で、選考結果であるが、これまた本当にキネマ旬報らしい選考結果で、なんだか嬉しくなってしまう。「らしさ」を維持していることも嬉しいし、その「らしさ」を作り上げているセンスの良さも、僕が他のどの賞よりもこの賞を信頼している所以である。

壇上の三浦友和も言っていたように、低予算映画や単館系映画にもちゃんと目を向けている姿勢をとても正しいと思う。

» Continue reading

| | Comments (0)

Tuesday, January 31, 2023

さん付け記事の定着

【1月31日 記】 雑誌やウェブサイトが映画や番組の紹介記事を書くときに出演者をさん付けにするのが一般的になって来ました。僕はこれが気持ち悪くて仕方がないのです。

あちこちに何度かそんなことを書いていたら、昨日 twitter にこんなリプをしてくれた人がいます:

昔呼び捨てが基本だったのは、出演者側が視聴者に対してへりくだるという意味合いがあってのことでした。

ゆえにこの現象、謙譲の意味がわからない(どの立ち位置であろうが敬称を付ける=立ち位置の関係性すらわからない)人が増えた、そういう世の中になってきているのかなと感じます。

まさにそういうことだと思います。

先日も note に「翻訳というものは時々間違っていることがある」と書いたら、「翻訳家が間違っていると非難するのではなく、相手の立場になって考えたほうがいい」というリプがつきました。これも根っこは同じような気がします。

» Continue reading

| | Comments (1)

Sunday, January 29, 2023

映画『ミスター・ムーンライト』

【1月29日 記】 映画『ミスター・ムーンライト』を観てきた。1966年のビートルズ来日公演をめぐるドキュメンタリ。当時の様々な関係者、及びファンへのインタビューを中心に構成してあり、ところどころフッテージも出てくるが、そっちよりも結構深いインタビューのほうがメインである。

僕はビートルズを、まずは社会現象として知り、彼らの解散後に遡って音楽を聴いて行った世代であり、もちろんビートルズの偉大さはよーく分かっているつもりだが、そんなに熱狂的なファンというわけではない。

今回見に行った一番大きな理由は「監督 東考育」という文字を目にしたからだ。この人はテレビマンユニオンに所属するディレクターで、僕が勤めていたテレビ局の海外体験番組でも海外取材Dとして何度も名前を連ねていた人だ。

「孝」という字はよく名前に使われるが「考」は珍しいのですぐに名前を憶えてしまった。名刺こそ交わしていない(と思う)が、スタジオやサブやスタッフルーム、あるいはテレビマンユニオン社内の廊下ですれ違っていても不思議はない。

で、これは見に行って良かった。とても面白かった。

この映画を観るまで知らなかったことがいくつかあって、ひとつは当初ビートルズは日本の音楽関係者にほとんど評価されておらず、東芝レコードの高嶋弘之という人が奔走して漸くレコードが発売され、人気が爆発し、大ヒット連発になったということ。

一般の大人たちが「うるさい」などと言って相手にしなかったのは解る(現に僕の父親もそうだった)が、音楽史的に見てもこれだけエポック・メイキングな曲作りとパフォーマンスを展開した彼らが業界人のおじさんたちにも当初は理解されなかったというのはとても意外な新事実だった。

それから、まあ、これは考えたら確かにそうだったのかもしれんと後から思ったが、日本武道館は言うまでもなく元々武道のために建てられた施設であり、そこでコンサートなんぞをやったのはビートルズが最初で、警備をはじめ前代未聞の対応だったということ。

そして、そのコンサートは、前座を除くとわずか 35分間で終わってしまったということ。今、僕らはスタジアムでのライブと言うと、大体2時間から2時間半ぐらいの長さを想定してしまうが、当時はそうじゃなかったのだ。そのわずか 35分に観客たちは大感激、大満足して帰って行ったということがにわかに信じがたいが、逆に言うとそれだけビートルズという存在がすごかったのかと驚いたりもした。

» Continue reading

| | Comments (0)

Thursday, January 26, 2023

標語に思う

【1月26日 追記】 JR秋葉原駅構内のエスカレータを降りていたら、壁に貼ってあるポスターに

目の前の人をよけるより、大事なことってなんですか?

と書いてあるのが目に留まりました。

これ、読んでにわかに意味が分からなかった人もいるのではないでしょうか? 僕がそうでした。実はこれ「歩きスマホはやめましょう」という主旨の標語だったんですね。隣にスマホのイラストが書いてあったのでかろうじて分かりました。

僕はそれが分かった瞬間に、「これはダメだな」と思いました。この表現は僕には全く響きません。

家に帰って調べてみたら、これは全国の鉄道事業者が 2018年からやっている啓蒙活動で、このコピーは昨年末に採用されたものらしいのです。

うーん、なんでこんなものが採用されたんだろう?と首を傾げました。他にもいろいろなコピーがあるようですが、他にはそれほどひどいものはなくて、

ぶつかった、とあなたは思う。
ぶつかってきた、と周りは思う。

なんてのは正直悪くないなあと思います。

それに比べて冒頭の標語について言うと、僕はこの「大事な」という表現が決定的にダメだと思うのです。

» Continue reading

| | Comments (0)

Wednesday, January 25, 2023

映画『そして僕は途方に暮れる』追記

【1月25日 追記】 最初に書いておくと、これはこの映画や出演者を貶したくて書いているわけではない。ただ「ここは分からない」という話:

僕は前の映画評に、主人公の裕一について「僕は彼に共感のカケラも感じない」と書いた。

観た人の中にはそれほどでもない人、つまり、「いやぁ、自分にも多少そういうところはあるし、解る気もしないでもない」みたいな人もそりゃあいるだろうとは思う。

しかし、驚いたのはパンフに載っていた藤ヶ谷太輔のインタビューである。彼は自分が演じたクズ男・裕一について、こんなことを言っているのである。

共感というよりは、かっこいいなと思いました。逃げ出したいなという欲は、人間誰しもが持っていると思うんですよね。でも、逃げたとしても、いずれは本来の生活に戻らなければいけない。それを想像すると、どういう顔で戻ってくればいいか、どう謝ればいいかわからないから、みんな仕方なく踏ん張っている。その逃げ出したい衝動に素直に従っている裕一って、逆にカッコいい人なんじゃないかなって思うんです。

» Continue reading

| | Comments (0)

Monday, January 23, 2023

Play Log File on my Walkman #150

【1月23日 記】 めちゃくちゃ久しぶりにプレイログを載せます。気がついたら記念すべき 150回目みたいですが、なんと今回は5か月以上間が空いてしまってたんですね。

最近は毎回5曲ずつでしたが、今回は1曲おまけしておきます。

  1. 竜飛崎(かまやつひろし&よしだたくろう)
  2. 土曜の夜は羽田に来るの(ハイ・ファイ・セット)
  3. デーゲーム(坂上二郎と UNICORN)
  4. 哀愁のページ(南沙織)
  5. 我想うゆえに我あり(FLYING KIDS)
  6. 地球はひとつ(フォーリーブス)

» Continue reading

| | Comments (0)

Sunday, January 22, 2023

映画『そして僕は途方に暮れる』

【1月22日 記】 映画『そして僕は途方に暮れる』を観てきた。

三浦大輔は僕とは非常に相性の悪い監督である。最初に観た『ボーイズ オン・ザ・ラン』だけはとても良かったので、その後も何本か我慢して観たのだが、いずれも印象が悪い。

特にセックスを描かせるとサイテーだ、と僕は思う。そのくせセックスを描こうとするから醜悪だ、と僕は思う。ひょっとして三浦監督のファンがこれを読んで怒り狂ったりされてもアレだから「と僕は思う」と添えておくが…。

それで今回はセックス・シーンがありませんように、と祈るような思いで見に行ったら、なかった! そして、映画も良かった!

ほとんど自分の都合しか考えていなくて、なにごとにもテキトーに対処してりゃ良いと高を括っており、都合が悪くなると一目散に逃げ出すクズ男・裕一(藤ヶ谷太輔)の話だ。僕は彼に共感のカケラも感じない。

しかし、僕はこういう男が主人公の映画は大好きだ。

彼の周りにもダメな奴がいっぱい出てくる。

浮気をした裕一に取り乱すが、そのくせ吹っ切れずにいつまでもうじうじしている同棲相手・里美(前田敦子)。

小学校時代からの親友だが、どんなに迷惑を被っても裕一に強く言うことができず、逆にへらへらと裕一を気遣うようなことを言ってしまう伸二(中尾明慶)。

裕一を甘やかし放題で、実の息子を君付けで呼び、「ありがとうございます」「すみません」などと丁寧語で喋ってしまう母・智子(原田美枝子)

そして、終盤から出てくる裕一の実父・浩二(豊川悦司)。この男がすごい。10年前に家族を捨てて逃げ、若い女と一緒になったが彼女とも離婚し、離婚のために友だちから借りた金を踏み倒し、社会との繋がりを断って毎日パチンコ三昧。

人生を「ぬるま湯だよ」と嘯き、裕一には「逃げて、逃げて、逃げ続けろ」とアドバイスする。タイプは違うが責任逃れの仕方が僕に自分の父親を思い出させて胸くそが悪くなった。

» Continue reading

| | Comments (0)

Thursday, January 19, 2023

『ナイン・ストーリーズ』J.D.サリンジャー(書評)

【1月18日 記】 そもそも僕は同じ本を何度も読んだり同じ映画を何度も観たりするほうではない。そんな時間があったら新しいものを読み、新しいものを観たいのである。

にもかかわらず、今回この短編集を手にとるのは何回目だろう? 僕が初めて読んだのは大学1年の教養過程で選択した英文学の授業だ。Contemporary American Jewish Writers という教科書で The Laughing Man を(当然原文で)読んだ。

僕はこの時までサリンジャーという作家を知らなかったのだが、最初に読んだのがこの作品であったがために、その後彼の小説を、作品によっては何度も何度も、そして、原文と何種類かの翻訳を合わせ読むことハメになったのだと思っている。

この授業に出ていたのは、恐らくほとんどは文学部の学生で、経済学部から毎回出席していたのは僕ひとりだったはずだ。教室内に知り合いはひとりもおらず、感想を語る相手もいなかったが、僕はそこからサリンジャーにのめり込んだ。

この短編集はライ麦畑とも一連のグラス・サーガとも随分違う。ホールデンもグラス家の子どもたちも出て来ない。9歳の「僕」と、彼が属していた「コマンチ・クラブ」(活動内容はカブスカウトみたいなものだと思えば良い)の「チーフ」との思い出である。

チーフが語る「笑い男」というヒーローのストーリーに夢中になりながら、その一方でチーフの失恋らしきもの、言わば大人の世界を垣間見る少年の繊細な心を描いている。

僕はこれを英語で読んだ後、野崎孝訳で『ナイン・ストーリーズ』9篇を読んだ。そして、長い長いインターバルを措いて、長らく買ったまま読まずにいた雑誌 monkey business (2008 Fall vol.3)の柴田元幸訳でまたこの9篇を読み返したのである。

» Continue reading

| | Comments (0)

Wednesday, January 18, 2023

シャワー・ヘッドを買い換えた

【1月18日 記】 お風呂のシャワー・ヘッドを買い換えた。シャワーヘッドには夫婦ともにわりとこだわりがあって、前の家でも買い換えているし、今の家では元から付いていたものから数えて3台目である。

強い水流のものがほしくてずっと探してきたのだが、昨今は肌にやさしい水流のシャワーが大流行で、水勢の強さをアピールするものがほとんどない。売り場で店員に訊いてみたこともあるが、「そうなんですよ。最近はやさしいものばかりで…」などと言われた。

しかし、それにしてもなんでみんなそんな弱い水流のものを好むのだろう。節水の効果は分かる。しかし、もっと肌にやさしいものを求める気持ちが分からない。今までシャワーを浴びる度に「いてっ! いててっ!」と飛び上がっていたわけでもあるまいに…。

まあ、他人の好みは置いといて、一番困るのは売り場で実体験できないところである。ハンズなどではたまにアクリル板の箱の中にシャワー・ヘッドを入れて水を出し、横の穴から手を突っ込んで確認できるようになっていたりすることもあるが、それもせいぜい1台か2台である。

できることなら、売り場の商品全部を試してみたいのに、それはできない。多少説明を聞いたり読んだりはできるものの、結局当てずっぽうで買うしかないのだ。

» Continue reading

| | Comments (0)

Monday, January 16, 2023

シェーバーを買い換えた

【1月16日 記】 シェーバーを買い換えた。今までずっと BRAUN を使ってきたので今回も BRAUN にしたのだが、今まで使ってきたやつよりも遥かに安いやつにした。性能的にはあまり変わらないのではないかという気がしたのである。

今まで使っていたやつは、動かなくなったわけではない。買い換えると高いから、一部塗装は剥がれてきていたが、このまま辛抱して使い続けようかと暫く躊躇していた。

ただ、充電池の持ちがとても悪くなったのと、切れ味が幾分悪くなっている気がしたのである。

同じ替刃を長く使っているので、多分刃を交換すれば切れ味は戻るのかもしれないが、替刃交換サインのランプが点かなくなっているので、交換時期が分からなくなっているということもある。

髭剃り自体の機能ではなく、むしろ充電とか交換ランプとか、そういうところの劣化や故障が買い換えの直接の動機になったわけだ。そして、髭剃りの機能自体はもうこれ以上あまり進化できないところまで来ているような気がしたことが、今回安いものに換えた理由である。

シェーバーの構造は単純だ。モーターを回してその動きを刃に伝える。そのまま回転運動にするのか、ギアを噛ませて往復運動にするのかは別として。

あとは網の構造だ。ヒゲを取り込みやすいように、これは長年かけて研究され、かなり改善されたのだろうと思うが、そろそろ限界じゃないかな、という気がした。

» Continue reading

| | Comments (0)

Saturday, January 14, 2023

映画『ケイコ 目を澄ませて』

【1月14日 記】 映画『ケイコ 目を澄ませて』を観てきた。三宅唱監督の前作『きみの鳥はうたえる』はとても良かったし、何よりも岸井ゆきのは 2015年のTV『るみちゃんの事象』や2016年のTV『ランドリー茅ヶ崎』と映画『ピンクとグレー』(『愛がなんだ』や『おじいちゃん死んじゃったって』より前だ)以来ずっと目をつけて応援してきた女優だから。

冒頭でケイコ(岸井ゆきの)は両耳とも難聴でほとんど聞こえないという説明がテロップで出たので驚いた。多くのドラマではそういうことをちょっとした出来事や誰かの台詞で観客に伝える。この映画ではそんなところに時間を割いている暇などないということか?

そのケイコが荒川区にあるボクシングジムに通い、プロのライセンスも取って、デビュー戦にも勝った。映画はその時点から始まる。

ケイコは東京で弟(佐藤緋美)と同居している。母親(中島ひろ子)は彼女の試合のときなどに上京してくるが、怖くてまともに試合を見られない。彼女がリングサイドで撮った写真が劇中で紹介されるが、手ブレなんてもんではなく、ほとんど識別できないぐらいにピントがずれ、画が流れている。

ジムには会長(三浦友和)の下に2人のトレーナー、林(三浦誠己)と松本(松浦慎一郎)がいて、ケイコは彼らの指導を受けている。

耳が聞こえないということは、ゴングもレフリーの指示もセコンドの声も聞こえないということで、これは相当なハンディキャップである。会長はインタビューに答えてそう言っている。そして、彼女には才能はないと言い切ったあとで、「でも、目がいいんだよね」と言い、人間性も褒めている。

» Continue reading

| | Comments (0)

«ジャニーズ事務所歴代アイドル・グループ・メンバー名ゲーム