Saturday, September 19, 2020

映画『メイキング・オブ・モータウン』

【9月19日 記】 映画『メイキング・オブ・モータウン』を観てきた。モータウン・レーベルのドキュメンタリである。監督はイギリスのテレビ界でプロデューサー、ドキュメンタリスト、編集者などとして活躍しているベンジャミンとゲイブのターナー兄弟。

僕がモータウン・サウンドの熱狂的なファンだったのかと言うとそれほどではない。ただ、好きは好きで、好きな割にはあまり知らなくて、知らないからもっと知りたくて観に行ったという感じかな。年寄りばかりかと思いきや、さすがに中高生はいなかったものの、老若男女幅広い客層だった。

で、これが面白いのなんの!

映画はモータウンの創設者であり去年まで社長だったベリー・ゴーディJr とスモーキー・ロビンソンへのインタビュー(と言うか、インタビュアーは口を挟まず、ベリーとスモーキーが勝手に話しているところでカメラを回したという感じ)を中心に構成されている。

モータウンの歴史は米国本土ではいろんなところで紹介されているらしいが、僕はこのベリー・ゴーディという人の存在を知らなかった。スモーキー・ロビンソンはもちろん知っていたが、彼がレーベル創設以来のベリーの親友であり、レーベル最初の大ヒットを出した歌手であり、一時は副社長も務めていたとは知らなかった。

そういう関係だから、まず、この2人のやりとりが楽しいのだ。本人たちも何度も笑い転げているし。

何を措いても、ベリー・ゴーディの経歴と発想と人となりに驚き、魅せられてしまう。冒頭の、兄と2人で白人街に黒人の新聞を売りに行ったエピソードが秀逸だし、レコード店を経営していたときブルースのレコードを置いていなかったため売上が上がらず倒産したという話も面白い。

黒人の彼が「ブルースなんてどれも12小節で同じだ」と語るところが傑作だ。なるほど、これがモータウンの源流なのか、と膝を打った。

» Continue reading

| | Comments (0)

Thursday, September 17, 2020

マニアの王道

【9月17日 記】 Pokémon GO をやっていると本当に人間の多様性に気づかされる──というような記事をちょうど2年前に書いた。

目からポケモンが剥がれた

このときは会社の同僚のことを念頭に置いて書いたのだが、その後ネット上に攻略法などを書いているセミプロみたいな人の文章を読んでなおも驚いた。世の中には本当にいろいろな指向性の人がいるものである。

だが、今日書こうとしているのは、そういう極端な人(ったって何も書いてないのでどこが極端なのか全く説得力がないだろうがw)の話ではなく、妻のことである。

妻は Pokémon GO をやらない。ゲームの類は全くやらないわけではないが、やるものはかなり限られているし、そもそもあまりいろんなものを自分の iPhone にインストールしたがらない。

しかし、彼女は時々気紛れに Pokémon GO をやる──僕の iPhone で。

» Continue reading

| | Comments (0)

Tuesday, September 15, 2020

Angelheaded Hipster

【9月15日 記】 最近は音楽CD をめったに買わなくなったし、買ってもここに記事を上げたりすることも少なくなったが、久しぶりに上げてみる。

今日届いたばかりの CD。今まさに聴きながら書いている。

Angelheaded Hipster: The Songs Of Marc Bolan & T. Rex (Various Artist)

所謂トリビュート・アルバムである。2枚組26曲入り。トリビュートの対象は、タイトルにあるように T.Rex、あるいはマーク・ボランである。

T.Rex は僕が人生で最初に熱狂したアーティストだった。グラム・ロックの旗手として彼らが華々しくデビューした時、僕は中学生だった。

僕が T.Rex が好きだと言うと、ロック好きのクラスメイトは「あんなギターは二流、三流どころか五流や」と馬鹿にした。

確かに、ハードロックのリード・ギタリストと比べると動きの少ないプレイだ(笑) でも、あの少ない音で豊かなサウンドを構成して行く能力はすごいと僕は思っていた。もちろんトニー・ヴィスコンティの技量に負うところも多かったのだけれど。

» Continue reading

| | Comments (0)

Sunday, September 13, 2020

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』補足

【9月13日 記】 昨日の『窮鼠はチーズの夢を見る』の記事で書き落としたこと:

今ヶ瀬(成田凌)は仕事が興信所の探偵だから、ときどき人探しなどで地方に3~4日行っていることがある。

地方出張から戻ってきた今ヶ瀬に恭一(大倉忠義)が訊くシーンがあった。

「それで? 探してた女は見つかったのか?」

今ヶ瀬は首を小さく横に振ってこう答える。

「死んでた」

» Continue reading

| | Comments (0)

Saturday, September 12, 2020

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』

【9月12日 記】 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』を観てきた。行定勲監督作品という以外にほとんど何の予備知識もなく見に行ったのだが、これがとんでもない映画だった。

今回はどこまで書こうか少し迷っている。設定やストーリーに、いつもよりは幾分踏み込んで触れないと、とても感想を書けそうな気がしないから。もしも、これから見るので何も知りたくないという方がおられたら、ここで読むのをやめてほしい(もちろんそんなにネタバレを書くつもりもないが)。

冒頭のシーンはカーラジオで J-WAVE が流れる車の中。運転している人間の顔は映らない。灰皿に吸い殻が山盛りになっている。その人物が運転する車の中から見ている先には、スーツ姿で自転車をこいでいる男の尻。

この、煙草とスーツの尻という組合せが、このストーリーの出だしとしてなんとも似つかわしいものになっていることに後から気づく。

自転車の男は恭一(大倉忠義)。広告代理店に勤めている。そのオフィスで待ち伏せしていたのが、先ほどの車の男(と後から判る)今ヶ瀬(成田凌)。

今ヶ瀬は興信所で探偵をしており、今回頼まれた浮気調査の対象が大学の先輩の恭一だった。しかし、浮気の決定的な証拠写真を携えて今ヶ瀬が恭一のところに現れたのは、単に先輩だったからではない。今ヶ瀬はゲイで、大学の時からずっと恭一が好きだったのだ。

今ヶ瀬はこれを盾に恭一に、最初はキスを、そして後にはもっと深い肉体の関係を迫る。相手の唇を舐め回すキス・シーンに始まって、この映画にはかなり激しい男同士のベッド・シーンが何度も出てくる。橋口亮輔監督の何本かの映画でも、これほど激しく粘着質の描写はなかったように思う。

漫画が原作だったはずだが、おいおい、これは BL ものだったのか?と少し慌てた。

で、僕としては、これが結構気色悪い。それは仕方がない。それが僕のセクシュアリティなのだ。しかし、それにしても不思議なのは映画の中の恭一で、彼は本来はヘテロセクシュアルなはずなのに、今ヶ瀬との関係にずるずるべったり溺れて行く。

» Continue reading

| | Comments (0)

Tuesday, September 08, 2020

映画『ソワレ』

【9月8日 記】 映画『ソワレ』を観てきた。外山文治という、僕の全く知らない監督だが、観に行ったのには訳がある。それはアソシエイト・プロデューサーとして小泉今日子の名前があったからだ。

僕は、決して熱狂的なファンであったことはないが、なんてったってアイドルだった頃から継続的に小泉今日子のファンであり、CD も結構持っているし、映画も結構観ている。

『なんてったってアイドル』は紛れもなく秋元康プロデュース作品だったが、僕は彼女のその後のキャリアにおけるセルフ・プロデュース力を高く評価している。

とは言え、この映画ではあくまでアソシエイト・プロデューサーであり、しかも、プロデューサーは彼女が不倫関係を告白した豊原功補である。この2人は今はどうなっているんだろう?

ま、それは措いといて、割合分かりにくい映画である。でも、パンフを読むと、プロデューサー陣も監督もかなり意識して、不用意に分かりやすい映画にならないように、つまり説明的な描写を極力排して撮った映画であるらしいので、それはそれで良いだろう。

冒頭は夜の海。画面が暗いので画だけでは海と分かりにくい。だが、大きな波の音が聞こえるので海だと分かる。その音を活かしたまま、映像だけ次のシーンに移る。木の葉の間から見える翔太(村上虹郎)の姿。彼は誰かと打合せて、これからオレオレ詐欺の“受け子”をする。

その次は劇団の稽古場で演技の練習をする翔太。台詞も頭に入っておらず、どやされる。でも、演劇には真剣に取り組んでいる感じはある。

ここまでは翔太の紹介。でも、冒頭の夜の海の意味が分からない。それが30分ほどして、この海のシーンに戻ってくる。そこまでは長い長いアバンタイトルだったのだ(まさに、このタイミングで「ソワレ」のタイトルが出る)。

そして、そこからは翔太と山下さん(芋生悠)の逃避行を描くロードムービーとなる。2人は恋人同士でも共犯者でもなく、和歌山県の老人施設で先日出会ったばっかりである。その2人がどういう経緯で警察に追われる身になったのかが、このアバンの部分で描かれているのだ。

» Continue reading

| | Comments (0)

Sunday, September 06, 2020

トイレの秘密兵器

【9月6日 記】 家のトイレが少し臭い。定期的に掃除はしているし、便器にスタンプも貼っているのになんでだろう?と思って、便器の取扱説明書を読んでみて驚いた。

このウォシュレット、脱臭フィルタやら給水フィルターやら掃除用リフトレバーやら、僕が気がついていなかったいろんなパーツが仕込んである。

便器の奥のところにマジックテープで留めた蓋がついているのは知っていたが、その蓋の裏側にナットを外すためのスパナがマジックテープで留めてあるとは知らなかった。それ以外にも、えっ、こんなところが引き出しになっていたのか、みたいな構造が2箇所。

まるでジェームズ・ボンドが使ってる道具みたいだ(喩えが古いかw)。

何よりも驚いたのは掃除用リフトレバーを引き出して 90度回すと、便座と蓋が一緒に上に 5cm くらいシフトして、便座の根元と便器の隙間に手を突っ込んで掃除できるということ。これは知らなかったし、開けてみると結構汚れている(と言うか、便器用の洗剤がこびりついていた)。

» Continue reading

| | Comments (0)

Thursday, September 03, 2020

『オンエアできない! Deep』真船佳奈(書評)

【9月3日 記】 『オンエアできない! 女ADまふねこ(23)、テレビ番組つくってます』の続編。まあ、一応読んだということで記事を上げておくが、あんまり書くことはない(笑) 前作の書評をお読みいただければそれで充分かと。

ところで勢いで2冊(と言っても電子書籍ですが)一緒に買ったのに、どうしてこんなに間が空いたのかと言うと、別に忙しかったとかいうことではなくて、Kindle の表示の問題である。今回初めて気づいたのだが、シリーズ物は1冊にまとめられたりするようだ。

Kindle の画面では購入した本の表紙のサムネイルが並ぶのだが、そのうち読了した本についてはチェックのマークが入っている。ところが、そこにチェックではなく「2」という数字が入っている本があって、それが他でもないこの本なのだが、それをタップすると2冊の本が現れるという仕組みだ。

おかげで続編の存在をすっかり忘れていた。

さて、2冊読み終えて感じるのは、この真船さんという人もやっぱり何かを作りたい人なのだなということと、放送局というのはやっぱり何かを作りたい人が集まってくるところなのだな、ということ。結局何も作らせてもらえなかったけれど、僕だってやっぱりそういう人なのである。

» Continue reading

| | Comments (0)

Tuesday, September 01, 2020

『一人称単数』村上春樹(書評)

【9月1日 記】 もはや村上春樹以外の何者でもない村上春樹である。しかし、僕がこれを買った Amazon のレビューを見ると結構ひどい評が並んでいる。──面白くない、と。

そうか、これが面白くないのか、と僕は思う。だって、もはや村上春樹以外の何者でもない村上春樹なのに。

僕が村上春樹の小説を読む時、僕の脳裏には音のない映像が浮かぶ。小説だから当然何人かの登場人物が何ごとかを喋っているはずで、しかも、村上春樹の小説には音楽がつきものなのに、それでも脳裏に浮かぶのは無音の映像である。

いや、静かな BGM が流れているかもしれない。しかし、人の声や物音は録音されていない(あるいは消去されている) 。そう、映画やドラマの回想シーンなどで時々使われる手法だ。

村上春樹の小説はそういう小説のような気がする。つまり、人が喋っている時のことを書くのではなく、喋り終わって、次に喋り始めるまでの間を描くような。喋っている今を記すのではなく、過ぎてからそれを回想するような。

ここには8編の短編小説が収められている。

“ガールフレンド”の話であったり、不思議な人物(たまに人物ではなく猿であったりもするが)との出会いの話であったり、村上春樹の小説で何度も読んできたような小説世界がある。

» Continue reading

| | Comments (0)

かつての新人女優たちから

【9月1日 記】 昨日、僕がまだ芽が出ていない女優を見出すのが得意だみたいなことを書いたので、その関連でと言うか、その証拠としてと言うか、かつて自分の facebook に2日にわたって書いた文章をここに再掲しておきます。

facebook に上げて放っておくと埋もれてしまいますから。いや、探し出すのはそれほど面倒でもないのですが、facebook に置いておくと、見出しも何もないままタイムラインの底に沈んで行って、そのうち存在を忘れてしまうので。

ま、実はこのブログにも同じテーマで書いたことが何度かあるのですが、この文章が一番最近までカバーしているので、しつこくここに転記しておきます(笑)

(以下、加筆修正済み転記)

» Continue reading

| | Comments (0)

Monday, August 31, 2020

最近の女優さんから

【8月31日 記】 最近、いいな、すごいな、と思っている女優さんについて。

一人目は江口のりこ。なんと言っても今は『半沢直樹』の白井国土交通大臣だが、日テレの今年1月クールのドラマ『知らなくていいコト』の中華料理屋も面白かった。

かたや元ニュースキャスターで、新進気鋭の国会議員であり、与党箕部幹事長(柄本明)に重用されて異例の若さで大臣となった、上昇志向丸出しの女性。こなたたどたどしい日本語を駆使して中華料理屋をひとりで切り盛りし、時には客に説教する中国人。

役者としてのこの変わり身がすごい。

去年の春に公開された映画『愛がなんだ』(今泉力哉監督)では、マモル(成田凌)がテルコ(岸井ゆきの)を捨てた後に交際するすみれの役。もちろんすみれのほうがずっと年上だろう。て言うか、あんなに体裁ばかり気にしているマモルが、岸井ゆきのを捨てて江口のりことつきあうか!?

でも、そういう意外性の中になんだか否定しきれないリアリティがあり、リアリティがあるがゆえにテルコに対するあてつけになっていて、テルコの悲しみを増幅するような不思議な効果(映画作りの上で)がある。

まさに変幻自在。

» Continue reading

| | Comments (0)

Saturday, August 29, 2020

映画『青くて痛くて脆い』

【8月29日 記】 映画『青くて痛くて脆い』を観てきた。狩山俊輔監督。

全く知らない監督だったけど、結構良かった。画が良い。

常に横断歩道の白い部分だけを踏んで渡る寿乃(杉咲花)を、最初は横から映し、そのあと真上からの画になるきれいな構図。

校舎の3階か4階の教室の窓から月に向かって叫ぶ寿乃と脇坂(柄本佑)を地上の暗がりから見上げる田端(吉沢亮)。

田端と寿乃の会話、そして、もみ合いになっている瑞希(森七菜)と大橋先生(光石研)──少し離れた場所で同時進行しているこの2つの場面を、交互に細かく繋いで行く手法(大橋先生が怖い!)。

誰もいない階段教室で言い合いになる田端と寿乃を、引き画の長回しと画面いっぱいのクロースアップの組合せで見せていくシーン。

ちゃんと頭の中に絵がある人だと思う。撮影監督は花村也寸志という、これまた僕は聞いたことない人──と思って調べてみたら、なんと、これまで4本も観ていた。

『ビリギャル』とか『チア☆ダン』とか、結構 TBS出資作品が多い。監督は今まで日テレの仕事が多かったみたいだし、却々面白い組合せだ(ちなみにこの映画は日テレ出資)。

» Continue reading

| | Comments (0)

«聴き分ける耳の機能