Tuesday, May 04, 2021

映画『FUNNY BUNNY』

【5月4日 記】 映画『FUNNY BUNNY』を観てきた。大好きな飯塚健監督・脚本・編集。元が舞台だったと言うから当然なのだけれど、とても演劇的な映画。とりわけ台詞回しが演劇的。

最初のほうに「想像力があれば世界を変えられる」みたいな台詞があったが、まさに想像力が横溢した設定と展開である。

閉館間際の区立図書館をバニーの着ぐるみ頭部をかぶった 25歳の剣持聡(中川大志)と 24歳の漆原聡(岡山天音)が襲撃する。司書の服部(関めぐみ)と利用客の新見(レイニ)を結束テープで縛り上げて。

目的は“絶対に誰にも借りられない本”を探すこと。

ちなみに僕はこの「られる」を可能の意味に取っていたのだが、そうではなくて受け身の助動詞だった。つまり、「誰にも借りることができない本」ではなく「誰かに借りられたりすることがない本」だ。その裏には剣持の高校時代の同級生・田所(ゆうたろう)の死が絡んでいる。

しかし、図書館には遠藤(森田想)という利用客がもうひとりいたこともあって、剣持らの計画は頓挫。でも、彼らの話を聞いて他の3人も協力することになる。この辺りの展開は面白い。

冒頭の、剣持と漆原が図書館まで乗ったタクシーのくたびれた運転手(菅原大吉)とのやり取りから始まって、仄かにユーモラスな会話を折り込みながら人間の心の結構深いところまで触れてくる手法は『REPLAY & DESTROY』の線だなあと途中で気がついた。

ただ、こちらは人の生き死にが絡むだけに少しく重い。

» Continue reading

| | Comments (0)

Monday, May 03, 2021

旅行に行けない黄金週間

【5月3日 記】 2年続けて緊急事態宣言下のゴールデン・ウィークである。では、去年は一体どうやって過ごしていたのだろう?Gw

僕の場合は所謂「10年日記」(僕が実際使っているのは「100年日記」だが)を書いているので、昨年の今日、一昨年の今日に何をしていたかはたちどころに分かる。

それで改めて読んでみると、去年と今年でほとんど差がない。笑えてくるぐらいに差がない。

基本、家にいる。近所に買い物には行く。散歩に行く。ひとりでも行くしふたりでも行く。ふたりで行く場合はかなり長い距離を歩いたりもする。
あとは録画しておいたビデオを見たり、いろんなサイトに上げる原稿を書いたり、ウクレレを弾いたり、ヨガをやったり…。

それほど大きなストレスはない。

ただ、これが30年前だったら大きなストレスがあっただろうなと思う。それは、年末年始と GW が、長めの休みを取って旅行に行ける唯一のタイミングだったからだ。

» Continue reading

| | Comments (0)

Saturday, May 01, 2021

「さん」付けの怪

【5月1日 note から転載】

スピッツ呼び捨て事件

女優で歌手の上白石萌歌がテレビ出演したときに、スピッツを呼び捨てにしたことで物議を醸したと、後から知って驚いた。

僕が読んだのはこの記事である。

上白石萌歌の「スピッツ」呼び捨て発言が波紋…丁寧すぎる「さん付け」はむしろ失礼?

結局、そもそもスピッツのメンバーたち自身が「さん」付けで呼ばれることを快く思っていないということもあり、スピッツの大ファンである上白石萌歌はそのことも踏まえて「さん」を付けずに呼んだのだと擁護する人も出てきて、なんとなく終息したようだ。

しかし、なんであれ、グループ名に「さん」を付けないのは失礼であると思う人がいること自体に僕は驚いたし、しかも、「さん」を付けない人を悪し様に言ったりする人がいることにも仰天した。

この記事の著者・小泉カツミも書いているが、じゃあ、ビートルズさんとかローリングストーンズさんとか言うのか?と考えると、それはちょっと妙な感じがする。「俺の好きなバンドはキッスさんだ」とか言うのか(笑)

確かにそこにも書いてあるように、僕らも仕事中に「電通さんに」とか「日テレさんは」とか言うことはある。しかし、それは目の前に電通や日テレの人がいる場合であり、社内の打ち合わせでは当然「電通に」「日テレは」と呼び捨てである。

ただし、その考えで行くと、上白石萌歌のテレビ出演の際にはスピッツが目の前にいたらしいから、自分で言っておきながら辻褄が合わず、基準がよく分からなくなってしまう。

個人名への「さん」付けについては後述するが、例えば、僕が今書いているこの文章においては、表記のゆらぎを排除するために全て「さん」抜きで書いているが、上白石萌歌と小泉カツミは「さん」付けであっても違和感はない気がする。

また、小泉カツミの文章の表題には「さん付けはむしろ失礼?」という表現があるが、その考えにも今イチ同意できない。

付けないのが失礼であるということに賛同しないように、付けたら失礼であるという理屈もすんなりとは腑に落ちない。

スピッツのように嫌がる人がいる場合はやめたほうが良いというのが主旨であるとしたら、記事でいろいろなグループを取り上げるときには、いちいち彼らの所属事務所に「さん」をつけてほしいかほしくないかを打診して、それぞれに書き分けなければならなくなる。それはあり得ないだろう。

メール黎明期の敬称論争

グループに「さん」を付けるか付けないかという問題からは少し外れるが、このような敬称をめぐる論争は実は大昔にもあった。

若い人は知る由もないが、世の中に電子メールというもの(今でこそメールと言えば eメールのことだが、当時は単純にメールと言えば郵便物のことだった)が出てきたころの話だ。

ある人たちが、メールの宛先欄に書いた名前には必ず「様」を付けておかないと失礼だと言い出したのだ。僕はその考えには全く同意できなかった。

そもそもメールの宛先欄はメールを送った相手に対する情報ではなく、メールを届けるシステム上のサーバやルータに対する指示(及びメールを書いた本人の確認用)である。

そこに「様」をつける必要など全くないはずだ。「様」はメール本文の冒頭に「○○様」という形で付けておけばそれで良いのである。

だいいち、自分が最初の発信人である場合なら良いが、複数人宛のメールに対して「全員返信」や「転送」をする場合はどうするのか? 最初の発信人が宛先欄に「様」を付けていなければ、それはそのまま返信や転送のメールに引き継がれる。それをいちいち書き換えろと言うのか?

そのことからも分かるように、メールの宛先欄はメーラーがアドレス帳/連絡先や、あるいは送られてきたメールから自動的にコピペしてくるものなのである。もしもそこに自動的に「様」を付けたいのであれば、元のアドレス帳/連絡先に記入する時点から「様」を付けなければならない。

──自分の住所録にいちいち「様」付けで書いてる奴なんているか?

そういう考えから、僕は「様」を付けないのは失礼だとする考え方に激しく抵抗して、相手がどんなに偉い人であろうと、平身低頭するべきお詫びのメールであろうと、決して宛先欄に敬称は書かなかった(もちろん本文中には書いたが)。

幸いにして、最近ではそういう主張をする人はあまり見かけなくはなったが…。

» Continue reading

| | Comments (0)

Thursday, April 29, 2021

『転職2.0』村上臣(書評)

【4月29日 記】 転職を考えて読んだわけではない。僕はすでに終わった世代だし。

僕は村上さんと名刺交換をしている(向こうは憶えていないかもしれないけれど)。そういうこともあって、興味を持って読んでみた。

読むとなるほどと納得する。いちいち納得する。その一方で、僕らの世代にはとてもついて行けない感もある。

転職1.0 の時代には人生で1回きりの転職の成功を考えていれば良かった。つまり、転職=目的であったわけだが、転職2.0 の今は転職は単に手段となり、人生で何度かの転職を繰り返して自己の市場価値の最大化を目指すべきだ、と。

もう、本の最初のパートから唸ってしまった。僕らの時代は転職0.0 だったわけだ。

昭和の時代には、せっかく入った良い会社を辞めてしまうような奴は“何をやっても続かないダメな奴”であり、負け犬の烙印を押されてそれで終わりだった。

そんな中で生きてきた僕らからすれば、隔世の感がある。しかし、だからといってこの本に違和感を感じるかと言えばそうではない。本来そうあるべきだったのだ。

僕らの若い頃は意図的なパワハラを受け、それにどれだけこらえきれるかを試され、その試験に合格した者だけがようやく一人前として認めてもらえた。

パワハラに耐えるというのは、文字通り全てを我慢するということとは限らない。正面から(ただし、あまり嫌悪感を持たれずに)正論で論破するのもアリだし、上手にいなしたりかわしたりして行くというのもアリだ。

単に乗り越えられるか乗り越えられないかだけではなく、僕らはどんな風に対処するのかも見られていた。逆ギレするのが最低で、潰れてしまうのがその次にまずかった。

部下をいじめて楽しむという向きもあったのは確かだが、部下が自分で工夫してつまらない無理難題を弾き飛ばして行くための練習であったのも事実である。そういうことで鍛えられ、成長したのも間違いない。

でも、著者はもう我慢しながら働く時代は終わったと言う。その通りだ。昔のようなねじくれた面倒くさいやり方に従う必要なんかないのだ。

» Continue reading

| | Comments (0)

Wednesday, April 28, 2021

NHK BS 『わが心の大滝詠一』

【4月28日 記】 NHK BS から録画しておいた『わが心の大滝詠一』を観た。大瀧詠一ゆかりのミュージシャンをバックに、彼の作品を何人かの歌手が歌うのと短めのインタビューによる構成。ナレーターは爆笑問題の田中裕二。

インタビュー部分には松本隆や萩原健太による、やや長めの追憶や解説もある。

『さらばシベリア鉄道』の録音中に「この歌は女声のほうが向いている」ということになって太田裕美が起用されたとか、ロンバケの作詞を頼まれた松本隆が、実の妹が急死してとても歌詞が書ける状態ではなくなって、大瀧に断りを入れたら「書けるようになるまで待つよ」と言われたとか、すでに知っているエピソードもたくさんあった。

それにしても、鈴木茂も萩原健太もすっかりおじいさんになってしまったなあ、と少し驚いた。

トップとラストは大瀧詠一自身のボーカル・トラックに演奏をかぶせた。小泉今日子とは“デュエット”もやった。

同じように年をとっても、小泉今日子も薬師丸ひろ子も、僕は若い頃からのファンだし、今でも素敵だなと思う。

他に歌ったのは氷川きよし、BEGIN、小林旭、横山剣、TARAKO、鈴木雅之…、思い出した順番に書いているのだが、誰かを忘れているかもしれない。

» Continue reading

| | Comments (0)

Sunday, April 25, 2021

コード理論ふたたび

【4月25日 記】 先日、Play Log File on my Walkman #141 で尾崎亜美の『マイ・ピュア・レディ』について書いたときに、久しぶりにコード分析みたいなことをやったら、これが楽しくて楽しくて仕方がない。

きれいなコード進行だなと思って調べてみたら、G のキーに E♭が使ってある。記号で言うなら♭VI である。

ナニソレ、どういう発想で、どこからそんなコード持ってきたの?と思ったのだが、これは G の同主調、つまり、同じく G を主音とした短調のキー(Gm)からの借り物なのである。つまり、E♭は、キーG ではノンダイアトニックコードだが、キーGm ではダイアトニックコード(VI)なのである。

そういう関係で、このコードは借りて来られるのである。これは♭VI だけではない。♭III も ♭VII もまた同主調マイナーではダイアトニックコードであり、同様に使えるのである。

しかし、♭II7 が V7 の代用コードになるのははっきり憶えていたが、♭III、♭VI、♭VII が使えるなんてことは、多分何かで一度は読んでいるはずだがすっかり忘れていた。

さて、ここで使われている♭VI は半音下降して V7 に接続することが多く、『マイ・ピュア・レディ』でもその通りになっている(ただし、この曲では D7 ではなく Dsus4 になっている)わけだが、その前に F9 と Em を置いて4音の下降クリシェを作っているところが巧い。

キーG で F9 というのも、これまたどこから持ってきたの?というノンダイアトニックコードだ。

コード理論的には本来 Am7 ぐらいを充てておくのが無難で、それを変形した(第5音を半音下げた) Am7-5 もアリかな、という感じなのだが、その Am7-5 の下に F 音を加えると F9 になるという、これまた手品みたいな形だ。

そんなことを吟味すればするほど深い。

そして、そんなことを楽しむには良い時代になったのだ。

» Continue reading

| | Comments (0)

Saturday, April 24, 2021

映画『るろうに剣心 最終章 THE FINAL』

【4月24日 記】 映画『るろうに剣心 最終章 THE FINAL』を観てきた。

ここまで3作観てきたからには、最後の2作を見逃す手はない。と言うよりも、なんでここまで3作観てきたかと言えば、それは面白いからでござるよ。従って、今作も見る。

と言っても、僕のことだから、例によって過去3作のことはほとんど何も憶えていない。

でも、憶えていなくたってさしたる支障はない。今作も、今までの3作を全く観ていなくても大丈夫。今回は要は剣心(佐藤健)に家族や仲間を殺された刺客たちが復讐にやってくるというだけの話だ(その割にはやたらと人数が多いし、大仕掛けだがw)

事前に頭に叩き込んでおくべきことは2つだけ。

ひとつめは、劇中で剣心は3通りの呼び方をされるということ──緋村、剣心、抜刀斎。

それから、もう2度と人を殺さないと誓っている剣心の刀は「逆刃刀」と言われる代物で、峰と刃が逆になっていて、構えると自分のほうに刃があるということ。

そんなもんで戦うわけだから、いくら斬って斬って斬り倒しても、相手は打撲こそ受けても全く切れてはおらず、従って死なない。そんな刀で何百人と戦うわけだから、こりゃ正気の沙汰ではないということ。

で、このシリーズを通じて一番面白い、一番胸躍る、一番注目すべき点は何と言っても殺陣である。

殺陣ったって、単なるチャンバラではない。斬り合う合間に殴る、蹴る、押え込む、投げ飛ばすなどのカンフーみたいな攻撃が互いに挟まっていて、しかも、人の動きが他の映画ではありえないほど速くて広範囲に及ぶ。

全速力で走るかと思ったら急に止まって折り返したり、身を屈めて滑り込んだり、ジャンプしたり。壁を駆け上がる、屋根に飛び乗るなんてのは序の口で、これまたこの映画の売りなのだが、壁伝いに横に走る。

一箇所で互いに正眼の構えで静かに向き合うのではなく、猛スピードでトリッキーに動きまくる殺陣をカメラで追うのだから大変である。1カットに何動作入っているのか想像がつかない。横方向にはどこまでも続く感じがあるし、奥行きもめちゃくちゃ深い。

打撃を受けた人間が襖や障子を突き破って3つ隣の部屋までぶっ飛んで行ったり、四乃森蒼紫(伊勢谷友介)と敵が斬り合いをしている奥から巻町操(土屋太鳳)が刀の間をかいくぐって前に抜けてきて画面手前の敵を斬ったり、もう、ものすごいシーンてんこ盛り。

もちろん CG や VFX もあるだろうし、当然ワイヤーアクションも使っているだろうが、これ、演じるほうも撮るほうも並大抵ではない。

これだけ大規模なセットを建てて、それがまたボロボロに粉々に壊れる。大学の剣道部のエキストラだけでも一体何校に声をかけたのだろうか。

かくして平面のスクリーンは無限の空間となり、クラクラするような時間経過を加えて四次元になる。

» Continue reading

| | Comments (0)

Thursday, April 22, 2021

『賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』完成披露イベント(試写会)

【4月22日 記】 映画『賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』の完成披露イベントに行ってきた。舞台挨拶と試写会。

お客さんがほとんど若い女性なのに驚いた。取材陣と関係者を除いたら、観客席は95%ぐらいが女性。そうか、この作品は女性に支えられているのだということを目の当たりにした。

もちろん、それは出演者のひとりであり、今日も舞台に立ったジャニーズWESTの藤井流星の人気のせいなのかもしれないけれど。

さて、この作品も実写版としては TV版Season1, Season2、映画版に続いて4作目である。今回もまた思いっきり賭ケグルってくれていると言うか、遊びまくってくれていると言うか(笑)

浜辺美波も言っていた。Season2 を撮り始めるときには若干の不安もあったけれど、ここまで来るともう楽しくて楽しくて、と。

この現実離れしたケレン味と言うか、歌舞伎ぶりと言うか、そういうところがこの作品のミソだから、設定やスジ運びに白けたり、オーバーな演技に引いてしまったら負けである。

とは言え、今回はタイトルにもあるようにモノホンのリボルバーを使ったロシアンルーレットが出てくるわけで、高校で博打が横行しているだけでかなりぶっ飛んだ設定なのに、いくらなんでも賭けに負けたら銃弾に撃たれて死んでしまうというのは…とは思う。

しかし、ことこの作品についてはそういう考えは禁物なのである(笑) いかにエキセントリックにぶっ飛べるかを、演者もスタッフも観客も一緒になって楽しむ作品なのである。

» Continue reading

| | Comments (0)

Tuesday, April 20, 2021

Play Log File on my Walkman #141

【4月20日 記】 僕の SONY Walkman でランダム再生しているプレイログ。今年2回目の披露は今回も5曲:

  1. ビター・スウィート(ORIGINAL LOVE)
  2. 人魚(NOKKO)
  3. マイ・ピュア・レディ(尾崎亜美)
  4. Here Is Happiness(Sandii)
  5. 恋の元素記号(Grandfathers)

» Continue reading

| | Comments (0)

Monday, April 19, 2021

古川琴音、萩原みのり、中田青渚

【4月19日 追記】 NHK BSプレミアムの『流行感冒』で観た古川琴音がいいなと思っていたら、映画『街の上で』にも出ていて、これもとても良くて、調べてみたらなんと、僕は彼女の出演映画を観るのは『街の上で』が4本目で驚いた。

そのうち『チワワちゃん』は何となく思い出した。自分の書いたレビューでもちゃんと名前を挙げている。しかし、2年前に観た『十二人の死にたい子どもたち』と、今年になってから観た『花束みたいな恋をした』ははっきり思い出せない。

そもそも、映画を観ても小説を読んでも、ほとんどのことをきれいさっぱり忘れてしまう僕のことだから、脇役の女優の名前を憶えていなくても全然不思議ではない。

でも、その一方で、そんなに出ていたのか、そんなに観ていたのか、という驚きはある。名前は忘れていても顔は憶えているというようなことがあっても良さそうなものだが、それもないのである。

ちなみに同じく『街の上で』に出ていた萩原みのりは、名前を見て、あ、いま毎回観ている深夜ドラマ『RISKY』の主演の娘か、と気づいて、これも気になったので調べてみたら、なんと僕は『街の上で』を含めて6本も観ている。

彼女もまた『花束みたいな恋をした』に出ていたらしいのだが、全く記憶に留まっていない。小さな役だったのかもしれないが、それ以前に女性は髪型やメイクで随分印象が変わるということもあるにはあるだろう。

今回もショートの『街の上で』とロングヘアーの『RISKY』が同じ女優だとは、名前を見るまでは気づかなかったから。

» Continue reading

| | Comments (0)

Sunday, April 18, 2021

今泉力哉監督と twitter

【4月18日 追記】 今泉力哉は好きな映画監督のひとりである。他にも好きな映画監督はたくさんいるのだが、とりわけ今泉監督について言えるのは、僕が彼にずっと惹かれるのは彼がやっている twitter のせいだということだ。

いや、twitter をやっている映画監督は他にも大勢いるし、何人か(10人ではきかないと思う)の映画監督を僕はフォローしている。ただ、そんな中で今泉力哉は圧倒的につぶやき数が多いのである。そして、エゴサーチも神経質なくらいしていて、そのリツートも多い。

自分の映画が公開になって、観て感動した人がいろいろつぶやき始めると、今泉監督本人によるリツートで、僕のタイムラインのかなりの面積が埋まってしまったりもする。

一方で、自分に対する批判や攻撃にものすごく悩んでいる姿も見せる。単に責められて落ち込んでいるのではなく、そういう見方しかできず、そういう責め方をしてしまう人の存在を憂えて、嘆き、もがき苦しんでいる。

こいつは多分ものすごく面倒くさい奴だと思う(笑) なにしろ悩みが絶えないのである。それを全部 tweet に吐き出している。

» Continue reading

| | Comments (0)

Saturday, April 17, 2021

映画『街の上で』

【4月17日 記】 映画『街の上で』を観てきた。今泉力哉監督。今回は漫画家の大橋裕之が共同脚本に名を連ねたオリジナル作品である。本来は去年 5/7公開のはずがコロナで延びていた。

下北沢で古着屋を営む青(若葉竜也)、青の彼女で映画の冒頭で彼と別れることになる雪(穂志もえか)、近所の古本屋の店員・田辺さん(古川琴音)、大学で映画制作をしている町子(萩原みのり)、その映画のスタッフのイハ(中田青渚)、近所のスナックのマスター(小竹原晋)、近所のカフェのマスター(芹澤興人)、そしてすでに死んでしまっているので登場はしないが古本屋の店主カワナベさんらを描いた群像劇。

何がすごいって、途中までは全編エチュードではないかと思うくらいの、「なんじゃ、この映画は!」と叫びたくなるほどの、如何にもありそうな会話劇。カメラを固定して役者と役者のデスマッチみたいな長回し。

特に夜中にイハの部屋で青とイハが延々と語る超絶長回しシーンのなんとリアルなこと! ここで中田青渚が1箇所台詞を噛んで言い直したことによって、逆にこれらが全て書かれた台詞であったことが分かって驚いたぐらいだ。

同じ会話劇でも、(こんな大御所を引き合いに出して申し訳ないが)橋田壽賀子なんかの会話劇はひたすら筋を転がすための会話。今泉監督の会話はただリアルなだけ。おかげで筋が全然進まない(笑)

でも、僕らの会話って、実はこんな感じではないか。

負け惜しみの屁理屈だったり、単なる夢想だったり、売り言葉に買い言葉だったり、油断して口走ってしまう悪い冗談だったり…。何も進めたりはしないのだ。だが、そこにはその人の人間性が表れ、その人の置かれている環境が透けて見えたりもする。

まあ、言うならば橋田壽賀子の会話は説明のために横に押し出して行く会話。今泉監督の会話は深く穴を掘って行く会話。でも、穴を掘っていると湧水があったり、鉱脈にぶつかったりする。それで、自然と筋が転がって行く。

» Continue reading

| | Comments (2)

«『ザリガニの鳴くところ』ディーリア・オーエンズ(書評)