Tuesday, August 23, 2016

荷造り、東京

【8月23日特記】 昨日までの4日間、関西に帰ってひたすら引越しの荷造りをしていた。漸く7~8割ぐらい終わったかという感じ。

7月に僕が先に東京に移り、その時に持ち出した荷物は全体の3~4割。その荷造りに要した日にちは、少しずつやり始めて1週間、集中して3日間ぐらい。

そして、僕がいなくなってから妻が残りの荷物を少しずつ片付け始めたが、自分が東京に向けて出発する9月頭までには到底終わりそうもない、と大層不安がった。

それで僕らは今回4日間の夏休みを全て荷造りに宛てた。ゴミも大量に捨て、長年使ってきたいろいろなものもその山に加えることにした。でも、確かにこの4日間では終わりまで行かなかった。

考えてみれば、家族揃って(と言ってもウチは2人きりだが)引越すのは22年前に東京から大阪に転勤した時、そしてその時入った賃貸マンションから一駅隣の分譲マンションに移った17年前の2回きりである。

その後僕は単身で東京に行き、単身で関西に帰ってまた2人に戻ったが、今思えばひとりの移動なんて屁みたいに楽なものである。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, August 20, 2016

8/20サイト更新情報

【8月20日特記】 月2回の恒例で、サイトの更新情報をお知らせします(このブログではなく、併設している私のHPの更新案内です)。

今回はレギュラー・コーナーの言葉のエッセイの更新と音楽エッセイへの加筆です。

言葉のエッセイは、新聞連載小説を読んでいてふと思った、文章を読んで人が意味を得るメカニズムみたいなことについて書きました。音楽エッセイのほうは、時々追加している転調名曲選の更新です。

ということで、今回の更新は下記の通り:

» Continue reading

| | TrackBack (0)

Thursday, August 18, 2016

コンピュータ・ウィルスと近隣

【8月18日特記】 パソコンのとあるフォルダに書いたまま放ってあったファイルを見つけた。開いてみるとブログの原稿である。いつごろ書いたのか定かでないが、最終の変更保存日は今年の 1/3 となっている。

さて、この原稿を書くだけ書いて何故最終的にアップしなかったのか、自分でもよく分からない。

どこかが気に入らなかったのだろう。書きなおそうとしていたのだろう。しかし、それがどこなのか分からない。そんなに良く書けた文章でもないし、(自分で言うのも何だが)結論も何が言いたいのか今イチ分からない(笑)

でも、自分で読んでみてそこそこ面白いのである。なんか微妙に、そこはかとなく、愛着の出てくる文章である(と自分では思う)。

なので、今回はこの文章をそのまま掲載することにする(タイトルは上にあるように「コンピュータ・ウィルスと近隣」)。

==================以下当該文章==================

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, August 16, 2016

『若者離れ』電通若者研究部・編(書評)

【8月16日特記】 軽くて読みやすい本である。とは言っても、誰かが若者を暫く観察して、思いついたことを脈略なく書き綴ったような本ではない。

電通という名前を聞いて、流行を追っかけたチャラチャラしたものを想像する人もいるかもしれないが、電通総研をはじめ、この会社の研究部門はかなり本格的な組織ばかりである。

この本もその例に漏れないもので、電通若者研究部(通称ワカモン)が実際に若者たちと対話をしながらデータを集積し、それを分析した上で、我々おじさん・おばさんが若者たちとちゃんとコミュニケーションを取って豊かな社会を築くための方向性を示してくれる本なのである。

ひとことで乱暴に言ってしまうと、本のタイトルになっているように、今世間ではしきりに「若者の○○離れ」が指摘されているが、それは非常に浅く一方的な物の見方なのであって、実は世の中のほうが「若者離れ」をしてしまっているのではないか、というのが主旨である。

この本は第1章の第1節を人口ピラミッドの形状変化から書き起こしており、こういう手法を見ても、若者を俯瞰的に見ているのがよく解る。そして、次の節は「だからこそ、まずは『対話』から」というタイトルになっており、ここまで読んだだけで、著者たちがどんな態度でこの問題に対応しているかが如実に見えてくる。

そして、図解をふんだんに入れ、各章の終わりには「まとめ」があって、非常に解りやすい。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 15, 2016

鑑賞映画データベース

【8月15日特記】 何でもかんでもというわけではないが、僕には記録マニアみたいなところがあって、自分にまつわるいくつかのことについて記録を付けている。

例えば映画鑑賞の記録である。ある時期に過去に遡及して完成したのだが、一応生涯観た映画を全部記録してある。

で、先月僕が東京に転居したことによって、データベースに並ぶ映画館名が2ヶ月前とはガラッと変わってきているのだ。

そして、これが僕にとって3度目の東京であり、14年目の東京であるために、それらは実は随分昔に行ったことのある映画館であったりするのだ。

例えば、8/11 に『トランボ』を観た日比谷の TOHOシネマズ シャンテは、僕にとっては、1993/6/20 に観たアルフォンソ・アラウ監督のメキシコ映画『赤い薔薇ソースの伝説』以来23年ぶりの訪問になった。

もっとも、23年前はシャンテ・シネという名前の映画館であったので、僕のデータベース上では別の映画館扱いになっている。

同じ館名であれば移転しても同一映画館とみなしているが、同じ場所・同じ施設であっても名前が変われば別の映画館という扱いをしているので、シャンテ・シネにはこれまで4回通い、TOHOシネマズ・シャンテには初めて行ったということになる。

で、先日行って一番驚いたのは、ネットで予約したチケットの発券機が1台しかなかったこと。

松竹系や日活系、テアトル系の映画館では発券機が1台か2台しかないことはあるが、東宝系で1台しかないというのは非常に珍しい(少なくても4~6台、大きなシネコンなら20台くらいある)。後追いで TOHOシネマズのグループに加盟したので、こんなことになっているのだろう。

もちろんその1台には長い行列ができているので、多分後から足したのだろう、売店にも1台機械を置いて、係員が「発券機で2番めにお待ちのお客様」と一人ずつ呼び寄せてはバラバラと処理をしている。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 14, 2016

映画『シン・ゴジラ』再鑑賞

【8月14日特記】 映画『シン・ゴジラ』をもう一度観てきた。

学生時代には時々やっていたが、近年では僕が同じ映画を映画館で複数回観るのは大変珍しい。常に新しい作品を漁っているので、映画館で観たものをテレビでもう一度観ることさえ稀だ。

今回は2006年1月28日の『エリ・エリ レマ サバクタニ』(青山真治監督、浅野忠信・宮﨑あおい主演)以来10年半ぶりの2回鑑賞ということになる。つまり、この映画にそれほど久しぶりに、それほど強い感銘を受けたということだ。

Godzilla_4

で、どうせ観るなら、そうだ、あそこで観ようと思った。そう、屋上にゴジラがいる TOHOシネマズ新宿である。新宿は東京では恐らく僕が一番たくさん映画を観ている、思い入れの強い街である。

このビルができた時には僕は大阪にいたが、こんな映画館ができたのならいつかここで観てやろう、と思っていた。

で、今回は2回めの記事なので、前回書き漏らしたことと、今回改めて気づいたことなどを順不同で書いておきたい。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, August 13, 2016

映画『FAKE』

【8月13日特記】 映画『FAKE』を観てきた。森達也監督のドキュメンタリ。

僕は若い頃から一貫してフィクション志向で、ドキュメンタリには特段の興味はなく、映画を観る暇があるならまずノンフィクションではなくフィクションを選ぶ。そういうこともあって、森達也の映像を観るのはこれが初めてである。

しかし、彼の著書は2冊読んでいるし、彼が登壇したパネルディスカッションも見たことがあり、いずれも考えさせられるところが多かった。だから、これはたまたま観たのではなく、はっきりと観たいという意志を持って観た映画である。

取材対象は佐村河内守。聴覚障害者でありながら名曲を何曲も書き、テレビで大きく取り上げられたクラシックの作曲家だったが、週刊文春誌上で音楽家の新垣隆が「18年間自分がゴーストライターだった」と暴露して大きな騒動になった。

しかし、この映画の冒頭ではそういう背景の説明は一切ない。森が佐村河内のマンションに上がり込んで、カメラを回した初日の光景からスタートする。

つい何年か前のことなので、皆まだ忘れてはいないだろう。でも、何十年か経った後でいきなりこれを観た人に解るだろうか?──最初に僕が思ったことはそれだった。

でも、森は過去に起きた事件を自分の主観でなぞってからインタビューを見せるようなことはしない。不親切ではあるが、自分の編集した映像は自分の主観でしかないことを痛いほど認識しているからなのだろう。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 11, 2016

映画『トランボ』

【8月11日特記】 映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』を観てきた。予告編や記事さえ見た記憶が全くないのだが、僕の周りに絶賛してる人が2人いたので。──なるほど良い映画だった。

僕は「事実に基づいた映画」という売り文句に反発することはあっても惹かれることは全くないのだが、さりとて事実に基づいた映画作りを否定しているわけではないし、そういう映画を見ることを自らに禁じているわけでもない。

ハリウッドでレッド・パージがあったことは知っているが、具体的には何も知らなかった。そういう意味でこの映画はまず新奇な情報であり、そして、レッテルを貼って激しく排斥するという風潮が今の日本とどこか似通ったところがあることもあり、いろいろとものを考えさせてくれる契機になった。

そういう風にものを考えさせる映画は良い映画である。

ダルトン・トランボ(ブライアン・クランストン)はハリウッドの売れっ子脚本家だったが、映画製作の下請け労働者の待遇改善のためなどの運動をしていたのが当局の目に留まり、下院非米活動委員会の赤狩りの餌食となった。

確かにトランボは元共産党員であるが、国家の転覆を企てたわけではない。なのに彼は議会に召喚され、そこで反抗的な態度を取ったために投獄され、のみならず刑期を終えてからもハリウッドでは村八分に遭って全く仕事が回って来なかった。

ここまで陰湿で狂信的な行動というのは、僕は日本人の専売特許だと思っていたのだが、自由主義を最も重んずるアメリカ人たちがこんな妄動にこぞって加担してたとは知らなかった。少なからずショックを受けた。

しかし、トランボは全く懲りない男で、偽名で安い脚本を書いて食いつなぎ、あまりに数が増えて手に負えなくなると、ハリウッド・テンと言われた同じ境遇の仲間たちにも仕事も回してやった。

そうこうするうちに、彼が親友のイアン・マクラレン・ハンター(アラン・テュディック)の名を借りて書いた『ローマの休日』がアカデミー賞を獲ってしまう。さらにその3年後には別名義で書いた『黒い牡牛』が再度アカデミー賞を受賞する。

そして、さらにその4年後、『栄光への脱出』と『スパルタカス』で漸く本人名義での復活を果たす。──そんな話だ。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, August 09, 2016

金メダルのニュースに思う

【8月9日特記】 僕は夜が強いほうではないこともあって、五輪であれワールドカップであれ、宵っ張りで必死でテレビを見るようなことはほとんどない。それでも、リオ五輪で男子体操が団体戦で金メダルを獲ったことは、朝起きてすぐに twitter で知った。登録してある新聞社から速報メールも来ていたし。

昔であればこうは行かなかった。

僕らの朝イチの情報は朝刊だった。新聞受けから引っ張り出しながら1面の見出しを読んだものだ。

ところが新聞には編集の締め切りがあり、深夜から未明にかけての出来事は朝刊に間に合わない。そういうニュースを知るのはテレビだった。

でも、テレビは自分がつけた時間、つけたチャンネルでニュースをやっているとは限らない。ワイドショーではそのニュースをたっぷりやった後、他のコーナーに入ったところかもしれない。

そういう場合は何も知らずに学校や職場に行って、同級生や同僚に「知らないのか」と言われて悔しい思いをしたものだ。

で、帰宅してからなんとか昨日の体操のシーンを見ようとするのだが、その時間にはテレビでは柔道やバレーボールの生中継やハイライトをやっていたりして、いらいらすることもあった。

そういう時代が懐かしい。僕らは今、朝起きた瞬間に大ニュースを知る。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 08, 2016

物騒な言説

【8月8日特記】 ポケモンGOがリリースされて随分と広がり盛り上がっているが、その一方で「あんなものやっている奴は殺してやりたい」というような物騒な言説を時々耳にするので驚いている。

僕がポケモンGOをやっているから言うのではない。

僕もまたこの歳になるまでポケモンとは全く縁もゆかりもなく暮らしてきた。ところがこのアプリがリリースされた時のあまりの評判に驚き、確かめるために自分でもやってみたところ、あまりのとっつきやすさと面白さに参ったのであった。

だから、あなたもやってみたら面白いかもしれませんよ、と言いたいのではない。あなたがやってみたら実際面白いことも何ともないかもしれないのだから。

ただ、僕が驚くのは彼らの嫌悪感の激しさである。やったこともないもの、ろくに知らないものに対して、どうしてそんなに激しい憎悪の炎を燃やせるのだろう? そこが僕にはうまく想像できないのである。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 07, 2016

映画『秘密 THE TOP SECRET』

【8月7日特記】 映画『秘密 THE TOP SECRET』を観てきた。正直よく解らなかった。

死んだ人の脳に科学的な処置を施して脳だけを生き返らせ、それをスキャンしてその人の記憶を映像に固定することによって真犯人を突き止める警察の組織「第九」の話。

原作があるらしい。少女漫画なのだそうだ。

SF と呼ぶにはあまりに実現性が低いと思う。だいいち死んだほうの脳には頭蓋骨を剥ぎ取って脳に直接多数の電極(か何か)を埋め込んで行くのに対して、それを読み取る担当者は線がいっぱい繋がったヘッドキャップを被るだけというのは如何にも無理がある。

いや、だけど、映画なんだからそんな風に「設定上のリアリズム」から逸脱していても構わない。だが、「進行上のリアリズム」からは外れてはいけない。僕はどうもこの話が進行上のリアリズムに乗り切れていない気がした。

そもそも2時間の映画にするには複雑すぎる話だったのだろうか?

映画を単調にしてしまったのは俳優たちへの演技指導だと思う。みんながみんな、大声でがなりたてるか、顔をしかめるか、泣くかの3つの演技しかしていないのである。

違うパタンで演じていたのは謎の精神科医を演じたリリー・フランキーだけである。あと、すでに死んでいる凶悪犯・貝沼を演じた吉川晃司も抑えた演技をしていた。

しかし、凶悪犯を捕まえる側の「第九」のメンバーたちは、生田斗真も岡田将生も松阪桃李も栗山千明も大倉孝二も平山祐介も、みんな一様に力が入り過ぎである。

映画のオリジナル・キャラであるがさつな所轄の刑事を演じた大森南朋が怒鳴り散らすのは良い。でも、それがアクセントにならなければならないのに、他のメンバーたちも同じようにがなりたてるので、全く意味がなくなってしまっている。

女性研究員の木南晴夏にまであんなしかめっ面をさせる意味が分からない。彼女の持ち味であるコメディ・リリーフ的な資質を活かすことは考えなかったのだろうか?

大友啓史が監督をして、高橋泉が彼と共同で脚本を書いているのに、なんでこんな映画になっちゃったんだろ? 不思議で仕方がない。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, August 06, 2016

映画『TOO YOUNG TO DIE!』

【8月6日特記】 映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』を観てきた。

僕は『池袋ウェストゲートパーク』も『木更津キャッツアイ』も『あまちゃん』も『ゆとりですがなにか』もほとんど観ていないので、宮藤官九郎のファンであるとは言いがたい。

でも、『タイガー&ドラゴン』『流星の絆』『うぬぼれ刑事』は毎回楽しみに観たし、彼が監督した映画もここのところ4本連続で観ている。

この映画を観て最初に思ったのは、コメディである前に音楽映画であるということ。音楽こそがこの映画の真骨頂だと思う。

最初のほうのシーンで「なるほど、地獄だから音楽もデスメタル系なのか」と思ったのだが、観ている途中で、そうではなくて、多分これはデスメタルという単語から地獄を連想して、そこから脚本を書き始めたのではないと思えてきた。

この想像は中らずと雖も遠からずで、パンフを読むとクドカンはロックの歌詞にはよく Kill! とか Hell など威勢の良い言葉が並んでいるところから発想したと言っている。

ともかく音楽が先にある感じがする映画だったし、その音楽が素晴らしかった。

地獄でいきなり Char と野村義男のギター・バトルが始まったり、おでこから角が生えた木村充揮が歌い出したり(と言うか、これは画が出る前に歌声で木村だと判る)、皆川猿時が分身の術でマーティ・フリードマンと ROLLY に分裂したり、ロック・ファンにはたまらないシーンが続出する。しかも、それがおかしい。

チョイ役でみうらじゅんが出ていることさえ(分かる人は分かると思うが)微妙にロックに繋がっている。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«8/5サイト更新情報