Monday, July 06, 2020

『南瓜とマヨネーズ』

【7月6日 記】 WOWOWから録画したままずっと放ってあった映画『南瓜とマヨネーズ』を観た。冨永昌敬監督。この監督は割合好きだ。2017年のキネ旬第25位。

ツチダ(臼田あさ美)はせいいち(太賀)と同棲している。せいいちはプロのミュージシャンを目指していて、日夜曲作りに励んでいるが全く仕事をしておらず、完全にヒモ状態。昔のバンド仲間(浅香航大、若葉竜也ら)とも意見が対立して抜けてしまった。

ツチダのほうは、しかし、せいいちに徹底的に自分の夢を追い求めてほしい。そのためなら何だってする。27歳にして生まれて初めて水商売のバイトもやり、そこの客の安原(光石研)に求められて怪しげな“愛人”にもなった。せいいちのためなら何だってできる。

そこまで尽くされると大抵の男は息苦しくなる。せいいちにもそんな瞬間が来る。そして、ある日ツチダのバイトがバレて、2人の仲は気まずくなってくる。でも、別れはしない。

ツチダはある日、バンドマンのハギオ(オダギリジョー)と再会する。昔ずっと好きだった男だ。そして、追っかけるようにしてよりを戻す。

オダギリジョーが相変わらずめちゃくちゃ自然で巧い。悪い奴じゃないけどちゃらんぽらん。昔と同じように好きで好きで追っかけてくるツチダに対して、「まあ、やらせてくれるんなら」みたいな感じがよく出ている。

一方で、誰かにべったりくっついていないと生きていけないツチダを、臼田あさ美が好演している。あっちへふらふら、こっちへふらふら。

» Continue reading

| | Comments (0)

Saturday, July 04, 2020

映画『MOTHER マザー』

【7月4日 記】 映画『MOTHER マザー』を観てきた。大森立嗣監督。邦画のフィクションを観るのは実に3ヶ月半ぶりである。舞台挨拶付きだと思ってチケットを取ったのだが、よく見たら「舞台挨拶中継付き」だった。Mother

秋子(長澤まさみ)はお金にも男にもだらしない女。初めはシングルマザーかと思ったのだが、後のシーンで元夫が出てきて、離婚して息子を引き取ったのだということが分かる。

息子の周平(幼少時は郡司翔)には彼女なりに愛情を傾けてはいるものの、小学校にも通わせず、親きょうだいから金をせしめるためのダシに使い、実家や妹の家にひとりで行かせて小芝居をさせ、それでもお金がもらえなかった周平を大声で罵倒する。

しかし、周平はまさに秋子の呪縛にかかったかのように、言われるままに動いてしまう。実際、当惑や嫌悪感もありながら、周平は周平で秋子のことが好きなのである(終盤の台詞に出てくる「共依存」と呼ぶべき関係なのだろう)。

しかし、秋子に働く気はほとんどなく、パチンコばかりしているので、いつも金がない。家のガスや電気もよく止められる悲惨な生活である。窮地に陥ると彼女は男に色目を使って金をせしめようとする。

そんな秋子がゲーセンでホストの遼(阿部サダヲ)と会って、ふたりはすぐに出来てしまう。ちょうど行く当てのなかった遼が家に転がり込んでくるが、これがまた絵に描いたようなゲス男。そんな男でも秋子は一旦男に嵌ってしまうと、子供を何日もひとりで置き去りにしたまま、男とどこかに消えてしまったりする。

しかし、秋子の妊娠を機にふたりは破綻。遼は出ていってしまう。後半はそれから5年後、周平(成長後は奥平大兼)は十代半ばに達しているが未だに学校には行かず、母と妹・冬華(浅田芭路)の3人で路上生活者となっている。

» Continue reading

| | Comments (0)

Tuesday, June 30, 2020

NTV『ダブルブッキング』

【6月30日 記】 NTVのドラマ『ダブルブッキング』を録画して観た(6/28放送)。「NTVのドラマ」と書いたが、NTV の放送直後から hulu で配信しており、そこには hulu オリジナル動画もあるらしい。

コロナでドラマの撮影が滞るようになって、各局/各社がそれを打破すべく、いろいろと意欲的な取り組みをしてきた。

僕が観たもので言えば、

などだが、それらを観て正直思ったのは、はっきり言ってこういう作りのドラマには限界があるな、ということだった。

複数の俳優が同じところで演じないで済むように、いろんな脚本家がいろんな設定を考えたのだが、やっぱり選択肢は非常に限られていて、総じて話があまり面白くないのである。

いや、森下佳子や伊藤ちひろが脚本を書いて、巧い役者が演じていると、確かに面白いのだが、でも、この路線で何本も撮れないぞという気がどうしてもしてくる。

ところが、これは面白かった。ものすごく面白かった。コロナ禍が発端になって無理やり考えた企画という感じが全くない。

やっぱりドラマを面白くするのは脚本だということを痛感した。脚本を書いたのは森ハヤシ。多彩な人だ。芸人であり、俳優であり、脚本も書く。僕もテレビや映画で何本かこの人の作品に触れているが、今作が多分最高峰だと思う。

» Continue reading

| | Comments (0)

Sunday, June 28, 2020

グループの名は。

日本語の句読点の使い方がおかしくなってきたのはいつからだろうかと考えた時にすぐに思い浮かぶのは1997年のモーニング娘。の結成です。

どうです? もう、おかしいでしょ? 文の途中で句点(。)が出てきてますから。これだと「モーニング娘」でこの文が終わってるものと思ってしまいます。

僕が一番好きなのはモーニング娘。

みたいにね。

こういうのを「体言止め」と言います。文は通常は用言(動詞や形容動詞、形容詞など)で終わるものですが、余韻を残すためなどの狙いで体言(名詞)で文を終わらせてマルを打つわけです。

ところが、冒頭の文における「モーニング娘。」はマルがあるところで文章が終わっていません。その後にある「の」を見て、「あ、この文はまだ終わってなかったんだ」と気づくわけです。

「モーニング娘。」の場合はまだ良いのですが、2014年以降のこのグループの名前、例えば「モーニング娘。'20」のような場合は、マルとアポストロフィが連続していて、一体どこが繋がってどこが切れているのか、区別するのがかなり難しくなっています。

モーニング娘。は '14年以降はグループ名の最後に当該年の西暦の下二桁を付して「モーニング娘。'xx」としており、例えば '20年の場合はモーニング娘。'20となる。

なんと分かりにくい!

私が今書いているこの文章では、読みやすくするために「モーニング娘。」と書いて、カギ括弧に挟まれた部分(マルまで)がグループ名であることを示しています。上記のような例文ではそうしないとめちゃくちゃ分かりづらいからです。

しかし、では、この書き方が日本語として正しいのかと言うと、規範性の高い表記方法としては正しいとは言い難いのです。なんとならば、「記号は重ねない」というのが従来の日本語表記のルールだったのです。つまり、

  1. 「それはおかしいよ。僕はそうは思わない。」と彼は言った。
  2. 「それはおかしいよ。僕はそうは思わない」と彼は言った。

のどちらが日本語の表記として正しいのかと言えば、2のほうなのです。近年かなり崩れて来ているとは言え、この原則を守って書こうとすると、もう書きようがありません。だから、

  • モーニング娘。が何度もメンバー・チェンジを繰り返すのは…
  • つんくがプロデュースしてきたモーニング娘。の場合は…

みたいな文章を読むたびにつっかえてしまうのです。句点があるのに終わらないって、反則じゃないですか!

なんでこんなことになったかと言うと、それまでの日本語の文章では、グループ名などの固有名詞やタイトルの場合、最後にマルを打つことはめったになかったのです。それを爆発的なヒットで覆してしまったのがつんくだったわけです。

この後、同じハロプロのユニット名として「カントリー娘。」や「ココナッツ娘。」などが続々登場します。そして、この書き方はやがてハロプロ以外にも広がって行き、例えば「ゲスの極み乙女。」(2012年結成)みたいなバンドも現れました。

» Continue reading

| | Comments (0)

Saturday, June 27, 2020

映画『もののけ姫』

【6月27日 記】 映画『もののけ姫』を観てきた──などと書くと、ああ、コロナの影響で延期になった映画の公開日は決まらないし、しびれを切らして、「もう何度も観た映画だけど、映画館でやるのであれば」と見に行った、と思われるかもしれないが、そうではない。

僕はスタジオジブリの映画はほとんど観ていないのである。映画館でもテレビでも。

『千と千尋の神隠し』は観た。だが、『ナウシカ』も『ラピュタ』も『トトロ』も『火垂るの墓』も『魔女の宅急便』も観ていない。『おもひでぽろぽろ』は観たが、『紅の豚』も『平成たぬき合戦』も『耳をすませば』も観ていない。

『もののけ姫』も『となりの山田くん』も『猫の恩返し』も『ハウル』も『ゲド』も『ポニョ』も『アリエッティ』もも観ていない。

『コクリコ坂から』と『風立ちぬ』は観たが『かぐや姫』は観ていない。『思い出のマーニー』は観たが『レッドタートル』は観ていない。それで全てだ。割と現実っぽい世界の設定の作品ばかりを観ている気がする。

で、なんとなく今さら乗りにくくて観ていなかった面もあったのだが、映画館でやるならと思って観に行ったのは確かだ。民放に勤めていてこんなことを書くのもアレだが、こと映画に関してはもう CM に何度も遮られながら観る気が起こらないから。

» Continue reading

| | Comments (0)

Wednesday, June 24, 2020

現金、カード、QRコード

【6月24日 記】 「カード払いにすると今月一体いくら使ったのか分からなくなる」と言って、頑固にクレジットカードを持たない人たちがいた──現金主義者。もう何十年も前の話だ。

僕もまだカードを持っていない学生時代(僕らの学生時代はカードなんか持っている奴はいなかった)にはそうなのかもしれないと思っていたが、実際使ってみるとそんなことはなかった。

だって、毎月精算の連絡が来るんだもの(それが昔みたいに郵送なのか、メールが来るのか、自分で Web でチェックするのかは別として)。

そういう意味で言うと、分からなくなるのは PayPay や LINE Pay などの QRコード払いである。

これは自分でいちいちチャージするにしても、オートチャージにするにしても、ほんとに今月一体何回いくらチャージしたのか分からなくなる。買い物して、「あれ? もう残高がない。一昨日チャージしたんじゃなかったっけ?」などと思うのだが、定かでない。

「だから QRコード払いはやらない」と言う現金&カード主義者というのはいるのだろうか?

» Continue reading

| | Comments (0)

Sunday, June 21, 2020

映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』

【6月20日 記】 映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』を観てきた。3/27以来の映画館だ。めちゃくちゃ面白かった。

大島新監督。僕はドキュメンタリに疎いので、CX時代は全く知らない。独立してネツゲンを設立してから、彼が担当した『情熱大陸』を何本か観た。誰の回だったかは憶えていないが、なんか印象に残った。厳しい人だろうなと思った。

その頃インターネットで彼の記事を読んで、大島渚の息子だと知った。本人にとって嬉しいことなのか嫌なことなのかは知らないが、僕はそれで一発で名前を憶えたわけで、そういう意味では得をしている。

これは香川県選出の衆議院議員・小川淳也を追ったドキュメンタリである。香川県の高校から東大を出て総務省に入り、2003年に32歳で民進党から立候補した(この時は落選)。その小川の妻が大島の妻の同級生で、話を聞いて興味を持った大島が香川県まで出向いて、当てもなくカメラを回したのが最初だという。

小川は政治家になることではなく国を変えて行くことを目指して、周囲の大反対を押し切って立候補した。熱い男である。民進党では前原誠司の側近として活躍しながら解党の憂目に遭い、一時は小池百合子の希望の党に身を寄せたが、今は無所属となり、立民党の会派に所属している。

最近では、経済統計不正について国会で代表質問に立ち、一躍名を馳せた。ネット上では「統計王子」なる愛称もついた。

ただ、政策に長け、溢れんばかりの情熱はあっても、政治家としての野心に欠け、党内の駆け引きにも興味がなく、また、選挙区で勝てず比例復活が多いため、党内での発言力も却々大きくはならない。

そのことを踏まえて、大島新は「なぜ君は総理大臣になれないのか」とタイトルを付けた企画書を書いて、それを小川にぶつけるところから映画は始まる。霞が関を歩く大島をカメラマンが右後ろから撮った画が最初の映像である。ナレーションは大島自身のようだ。

» Continue reading

| | Comments (0)

Saturday, June 20, 2020

Play Log File on my Walkman #136

【6月20日 記】 今年5回目のプレイログ披露。今回も5曲:

  1. だれかが風の中で(上條恒彦)
  2. うた(大塚まさじ)
  3. LEFT BANK(鈴木慶一)
  4. ワダツミの木(元ちとせ)
  5. 悲しみジョニー(UA)

いつもながら総じて古い(笑)

» Continue reading

| | Comments (0)

Wednesday, June 17, 2020

『ただいま、ジャクリーン』

【6月16日 記】 『ただいま、ジャクリーン』を観た。Thanks Theater の最後、4本目。大九明子監督、40分、2013年。

僕は大九明子監督の映画も結構見ている。

  • 『恋するマドリ』
  • 『モンスター』
  • 『でーれーガールズ』
  • 『勝手にふるえてろ』
  • 『美人が婚活してみたら』

と、熊澤尚人監督の7本よりは少ないが、こちらは全て劇場で見ている。

この映画は『モンスター』の直後に撮られたようだ。この映画も『火星の人』と同じく「製作 映画美学校」のクレジットがついている。

» Continue reading

| | Comments (0)

Tuesday, June 16, 2020

『忘れられる人』

【6月15日 記】 『忘れられる人』を観た。Thanks Theater の3本目。熊澤尚人監督、29分、2016年。

僕は熊澤尚人監督の映画を結構見ている。映画館で観たものもあれば、テレビなどで観たものもあるが、

  • 『虹の女神 Rainbow Song』
  • 『DIVE!!』
  • 『おと・な・り』
  • 『君に届け』
  • 『近キョリ恋愛』
  • 『心が叫びたがってるんだ。』
  • 『ユリゴコロ』

と、全部で7本も見ている。これは『近キョリ恋愛』と『心が叫びたがってるんだ。』の間で作られた短編だ。恋愛の映画が多い。「なんだ、あまっちょろい」などと言う男性諸氏も多いだろうが、僕は好きだ。

この作品もある意味恋愛モノだが、出だしはかなりミステリっぽい。

» Continue reading

| | Comments (0)

Monday, June 15, 2020

『最低』

【6月14日 記】 『最低』を観た。Thanks Theater の2本目。今泉力哉監督、34分、2009年。

いやあ、何と言うか、超カワイイ女優の奥さんを持つ芸人が六本木ヒルズの多目的トイレで待ち合わせして、みたいな話が世間を賑わせているときに、こういう映画を観るとはまさに絶妙のタイミングであった(笑)

タイトルの意味するところはそういう最低の男である。この男を演じているのが芹澤興人だ。名前に記憶がない人でも、顔を見たら知っているはず。名は「たてと」と読むらしい。今回検索してみて初めて知った。

冒頭、DVDをかけかえる女性のシーンから始まる。その後は2人の男と3人の女が出てくるのだが、繋がりがさっぱり分からない。それが中盤で一気に繋がる。上手い脚本だ。そして、よくもまあ、こういう複雑な設定を思いついたもんだ。

要するに芹澤興人の複数の女性相手の浮気がばれて修羅場になる話なのだが、修羅場に至るまでのバツの悪さがとても良く出ている。

しかし、それにしてもこんな芹澤興人みたいな男がこんなにいろんな女性と交際できるのはおかしいという気もするし、いや、意外にそんなものかもという気もしてくる。

» Continue reading

| | Comments (0)

Sunday, June 14, 2020

『火星の人』

【6月13日 記】 『火星の人』を観た。Thanks Theater の1本目。池田千尋監督、31分、2019年。

「製作 映画美学校」というクレジットが出る。調べてみると池田千尋はこの学校の卒業生だが、制作年度を見ると在学中の作品や卒業制作などではない。

この作品を観ようと決めたのは池田千尋という名前に記憶があったから。何で見たのかなと思ったら、2016年の映画『クリーピー 偽りの隣人』では監督の黒沢清と共同で、今年の『RED』では監督の三島有紀子と共同で脚本を書いていた。

池田千尋は東京藝術大学大学院映像研究科監督領域の一期生だから、多分その時に黒沢清の教えを受けたのではないかと思う。

で、映画学校時代の習作ではなく、監督デビューした後の、何と言っても去年の作品だから、さすがにしっかり作られている。特に構図が素晴らしいと思った。これはプロの画作りである。スクリーンをバックに映写機の光を浴びて、人物の背後に相似形の影を見せる画も面白かった。

ちなみに撮影は星野洋行という人で、何本かの映画を撮っている。この映画では照明も兼務している。彼の経歴で一番有名なのは、インディーズでちょっと話題になった『先生を流産させる会』(この映画では照明担当)かな。

» Continue reading

| | Comments (0)

«Thanks Theater